(企画)さだまさし曲の風景クイズ 76  解答編

7月7日7時7分7秒が大きなヒントになりましたね。
ちゃんと撮ってくださった方がいます。


正解はこれです。
7777.jpg




 『かささぎ』  です。
この曲も今出さないと、一年後になってしまいますから。

この橋は枚方市に架かる 「かささぎばし」  と言うそうです。

DSC_1431-1.jpg
DSC_1434-1.jpg


かささぎ (2)

この下を流れるのが 天野川なんですね。
かささぎ (1)


こういう橋があることもこんな名前の川があることも知りませんでした。
写真提供してくれる方がいるからこそです
吾亦紅さんありがとうございます、助かっています。

この曲は NHK ドラマ  『海峡』  の主題歌として書かれたものです。
http://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=kaikyou

(ストーリー)
http://person.sakura.ne.jp/drama/kaikyo.html

この曲もこのドラマを観て主題歌として流れるとより結ばれない二人の悲恋を思い沁みてくるのです。
ネットで観ることが出来たので、観ました。
時代と、国とに引き裂かれる若い二人の、恋に毎回涙です。(3回の放送でした)
「ぼくとママの黄色い自転車」を観ては泣き、「海峡」を観ては大泣きし、タイミングよく流れるさださんの声がより涙を誘います。


ご存じない方は是非この機会にご覧ください。

第一話
http://jp.channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=active60&prgid=33135585

第二話

http://jp.channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=active60&prgid=33135595

第三話

http://jp.channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=active60&prgid=33135604

ストーリーを読むだけでもと何故 結ばれなかったのか、かささぎのブローチに込めた思い、長い時の流れの後に逢った時の埋み火の気持ち などが分かります。

そしてやはり戦争と言うものの痛ましさです。二度と繰り返しては行けません。
木戸が不法入国の罪で逮捕された時に取調中に警官に向かって叫ぶ戦争に翻弄された怒りの言葉が胸を打ちました。

どちらの民族にも成れない辛さがより深い愛の絆となります。
しかし、時代と国にふたりの愛は引き裂かれます。


♪♪ 今は 思い出の抽き出しに  音もなく納めた愛しい埋み火      
    
    憧れて 憬れて 憬れた あなたを想いながら 
    
     諦めて 諦めた  あの  時の流れに      ♪♪



渡辺さんが番組の音楽担当で、渡辺さんらしい壮大で、胸にこみ上げる熱い想いを十分に感じるアレンジです。
あまりライブで聴きませんが是非歌って欲しいバラードですね。


木戸がまるで二人の未来を予言するように朋子に言います。

七夕の日、雨が降ったら天の川の水かさが増して織姫は川を渡れません。
一年で彦星に逢えるのはこの日だけなのに。
それで沢山のかささぎが集まってきて、皆で並んで橋を作るんです。
かささぎの橋をわたって二人は逢うことが出来るのです。
でもあまり長い間飛べない鳥ですから、海峡のような海を越える事は出来ません。


日本と韓国の海峡を二人は何度も渡り、でも結ばれず・・・・・・・

夢の中にずぶ濡れで現れる木戸は 「鵲に乗ってきた」と言います。
夢の中では海峡を渡ることが出来たのですが、現実には二人とも密航しようとして捕まります。
そう言うストーリーの切なさが全て歌詞に描かれていて、 今更ながらこれは素晴らしい曲だと、再感動です。

♪♪  あの日あの橋を渡れたなら   あなたの場所へ辿りつけただろうか


生きることは水のように流されてゆくことか

風のように 空に抗って吹き抜けることか

今は思い出の抽き出しに   音もなく納めた愛しい埋み火     ♪♪



二人とも優しい伴侶に恵まれ別々の人生を歩みます。
木戸さんが病に侵され余命幾ばくもなくなった時に再会します。

この海を
私達は何度渡ったのでしょう。
泣く泣く見送ったこともありました。

海の上にはなにもないのに、地図を見れば線が引いてある。
私達の半島もそうです。南北に分断され、無情にも離散を強いられ引き裂かれた家族は沢山います。

海の上に引かれたその見えない線のために私は何度犯罪者にされたか・・・・
思い出す度に心が乱れます。



今まで生きてこられたのはこの鵲のブローチのおかげだと思っています。
いつかきっと私達の間に橋をかけてくれると何度も何度もギュッと握りしめて生きてきました。
でも握りしめすぎました。もう開放してやらないと可哀想です。



今までいつもいつも夢の中に現れた愛しい人最後に笑顔でこう言います。

「もう私の夢には出てこないで」


”「かささぎ」は 切ない、永遠の恋の立会人なのだ”














追記
食い気でスミマセンがこういうお菓子を見つけました。
メチャメチャ惹かれました。欲しい~~~ですよね、皆さんも。

31532411.jpg
31532411_o2.jpg

七條甘春堂
http://7jyo-kansyundo.shop-pro.jp/?pid=31532411#amanogawa

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ままさん今晩は、ドラマ「海峡」を見せていただきました。本放送の時も見た記憶はありますが、月日を重ねてあらためて見ると、心が大きく揺す振られ、平和な時代に生きている幸せを改め感じる事ができます。「かささぎ」の歌がストリーに合わさって、なんとも切ないですね。

京都の和菓子は、幸せな気分にさせていただきました。
只今、ダイエット中ですので、見るだけで我慢します。

管理人返信

v-339春風のロザリーさん  いらっしゃい

見始めると途中で止められなくてついつい夜更かししてしまいました。
そして深夜にホロホロと泣くのでした。

時代をこうして生き抜いた人がいたのですね。
平和の尊さも分からない、現代人はもっと見るべきですよ。
再放送しないかな??


プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード