小豆島観光ツアー 一日目 VOL 3 (昼食前編)

真里での食事会の始まる前に、やらなければならないこと、伝達事項が沢山あります。

先ず、このツアーの事をご存知の読者の皆さんから「皆さんでどうぞ!」と様々な戴き物をしましたので、それをお伝えしてお配りしました。

先ず昨夜高松のコンサートホールでうどん県の安眠さんから頂きました。
DSC_1113_20150623011023bd5.jpg

安眠さんごめんなさい。写真を撮る前に、船の中で皆で『おいり』 は食べてしまいました。
『おいり』 というのは、主に西讃(さぬきの西部という意味)の名物嫁入りお菓子です。
結婚式の引出物に使われています。
詳しくはこちら

(おいり)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%84%E3%82%8A

http://youyou-tsubaki.com/oiri/
おいり

もう一つは かみなりぼうやさんから皆さんでと頂きました。
ありがとうございました。
DSC_1114_2015062301094256a.jpg

吾亦紅さんからは、皆さんにそれぞれ花咲かりんとうを頂きました。
うむ・・・・・・
うむ・・・・・・
これを買う為にわざわざ あちらにいらっしゃったのですね。
申し訳ありません。
その結果、多羅葉に出会ったということか・・・・・と一人納得しています。
DSC_1112_20150623011432cd0.jpg

ぴーちままさんからは皆さんに佃煮が配られました。
散財させまして申し訳ないですね。
佃煮も島の名産ですから喜んで頂けたと思います。
062_20150623010946c80.jpg

それから、それから

これですよ、これ!
知る人ぞ知る、知らない人はなんのこっちゃの”湯せんぺい”については色々あるので後ほど詳しくは私信で・・・・・・・・・・(笑)
これも一人に1個ずつお渡し出来ました。
DSC_1089.jpg


そして名古屋のまめはなさん からこんなものが届きました。
お心遣いに感謝しつつ、皆さんにお渡ししました。

001_20150623091728120.jpg

DSC_1085_20150623091730486.jpg
大人の修学旅行おやつ

まめはなさんへ
のど飴が必要なほどのトークショーを行う時間がなくて残念でしたが(笑)それなりにご案内は出来たと思います。
私の”お接待” にご協力くださり本当に有難うございました。

今度はまめはなさんを案内することを楽しみにしていますので、早く孫離れ、娘離れして 来てくださ~~~~い!
待ってるよ~~~


まだ、ありますよ。

お向かいの岡山の寅さん からはこれが届きました。
私だけでなく 「小豆島ツアー御一行様」となっています。
DSC_1091_20150623091731fc0.jpg

中身は
DSC_1092.jpg
(一部、案山子さん  から頂いたものも写真に入っています)


~~同封の「生さだ」 記念品は皆様の応援のもと葉書が連続採用された結果頂いたもので、「小豆島ツアー御一行様」にお裾分けしたいと思います。
10名程度と聞いていますので、少ないですがケンカの無いようお持ち帰り下さい。・・・・・・・・・
                                                                       (岡山の寅さんより)

流石ハガキ職人様いっぱい持っていらっしゃいます。
それをお裾分けしてくださると言うことでした。

岡山の寅さんへ
皆さんケンカすること無く受け取って頂き、大変喜ばれていましたよ。
貴重なものを提供してくださり有難うございました。
私の ”お・も・て・な・し” へのご協力に心より感謝致します。
皆で残石公園で、岡山側に向かって手を振ったのが見えましたか?(笑)

お近くですので、泳いででも、筏を組んででも是非遊びにいらっしゃって下さいませ。


『真里』さんからのパンフレットや
DSC_1212.jpg

私からの、ツアー工程表、地図、観光チラシ、・・・・etcも配られました。
ツアー準備


DSC_1211.jpg

これだけでも、かなりのサプライズで大満足だと思います。
これだけ皆さんから応援されたツアーだと思うと、参加された方々は本当に幸せものだと私は思っています。

てるてる坊主を送ってくださった、まゆきさん  から始まり、今回ツアーに
ご協力下さった皆様にここで改めて感謝致します。

さて~~~~
これだけでは終わりませんよね~~~~~
まだまだありますよ~~~~~
ビッグな サプライズ企画が~~~~

引っ張るなあ・・・・・・・・・

そういえばまだ食事をしていませんね。


長くなってきましたので VOL 5に続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

すっごい^^;

みなさまの ままさんを お仲間を さださんを
想う気持ちと この チームワーク ただただ

すっごい (^O^)/


読み物として楽しんでるなんていう状態ですが
これもありとさせてくださいませ。それにしても
すっごい ほんと すごいです~ m(__)m

有難うございました。

この小豆島ツアーは、
参加者のみならず、ブログ読者の皆様が大いに盛り上がっていらっしゃると聞き、
皆さん、どんなトラ「ブ」ルを期待されているんだろうと思ってました(笑)

「おいり」、口の中でスーッと溶けました。
とても淡いお菓子でした。ごちそうさまでした。
お土産もたくさん有難うございます。
1日めのお昼にして、
旅行カバンがいっぱいになってしまう程でした。
繊細な花咲かりんとう、食べるのが勿体ない程です。
ランチでお会いするだけなのに、お心遣いの佃煮、嬉しかったです。
知ってから包み紙をぜひ見てみたいと思っていた湯せんぺい、
まさかここで実物を見れるとは、と感動。
(あ、もちろん中身も美味しいです!)
いきなり、こんなにしていただいていいのかと、恐縮するばかりでした。
300円のおやつは、大ウケでした。
大人の遠足にふさわしい駄菓子の数々、もう懐かしくて懐かしくて。
そしてそして、絶対に手に入れられることのない、画伯の絵はがき!
皆様には、何と御礼を申しあげたら良いのやら。
有難うございました。

ままさんの「旅のしおり」も完璧でした。
ツアーの前の各地の下見、パンフレット集め、本当に頭が下がります。
1分の遅れも許されないため、
お土産は許可が出てから買うようにとのお達しが出ましたね(笑)
幸い、寒霞渓で少し時間に余裕があったため、20分ならOKの許可が(笑)
特に一泊組は焦って買いました(笑)

荷物を送られた方も多かったようですね〜。
無理矢理持って帰った私は、
バッグのストラップを掛けた肩が抜けるように痛かったです(笑)

岡山から愛をこめて

『生さだ』の記念品をケンカせず受け取っていただき,ありがとうございました。
幸い天気も味方にして,「ままっさんトラブル」主催の小豆島ツアー最高でしたね。 町長さんから観光大使を任命されてもおかしくはないと思います。

ところで「ジャカランダの花」はどうでしたか?昨年の「笛のおっちゃんのブログ」で熱海に咲いていたジャカランダが紹介されていましたが・・・。まさか「ジャカランダの丘」をBGMにして鑑賞したのではないでしょうね?
ツアー報告の続きを楽しみにしたいと思います。




皆様、ありがとうございました。

以前から、今度高松でコンサートが有る時は行って見たいな。と思っていましたが、総勢10名の贅沢な大人の修学旅行に参加することになるとは!一番の心配はやはりこの時期ですからお天気が…。でも、たとえ大雨でもなんとかなるだろうと決心して参加表明しました。参加されなくとも、沢山の方々が「お天気に恵まれますように」と祈って下さったお陰で、梅雨の最中なのに殆ど雨に降られること無くとても充実した時間が過ごせました。
そして、思いもよらないプレゼントの数々。ままさんの人徳のおかげで私たちにまで貴重な貴重な心のこもったものをたくさん頂きました。
本当にありがとうございました。お会いしたことのない方々との絆を感じ、不思議な気分です。お一人お一人にお礼を申し上げるべきですが、この場をお借りして御礼申し上げます。
お礼に何か楽しい旅日記のネタを提供したいと思いましたが、今回は地震が起こらなっかったので(笑)
でも、まだまだ旅日記は続くようですのでお楽しみに!
寒霞渓の崖っぷちから救われたリリーより(笑)

喜んでいただいてありがとうございます

小豆島ツアーの皆様、うけていただきありがとうございます。

私の実家は母と祖母が『よろずや』を営んでおり、お菓子をよその店で買うことはできませんでした。遠足のときだけは、少し遠くの大きなスーパーでお菓子を買うことを許され、意気揚々と買いに出かけたものです。

その体験がこの年になっても残っていて、遠足のお菓子を買うときは頭の中で花火が上がります(笑)

選んでいてとても楽しかったです。買い物に舞い上がってしまい、自分の好きなものばかり選んでしまいました。皆さんのお供をして、小豆島を旅した気分です。

ツアーはまだまだ続きますね。ままさん、休み休みでいいですからね。ゆっくり書いてください。

管理人返信

v-339みかんとあそぼ♪さん  いらっしゃい
すっごい!でしょ!
私が一番驚いています。

ツアーの前一週間は様々な物が届いたり、メールでは皆さん期待している様子だし・・・・驚くことばかりでしたよ。

こういう仲間がいて幸せだと心から思っています。


v-339145ssさん いらっしゃい

ひとつひとつ皆さんの心がこもっていて嬉しい悲鳴でしたね。
荷物はどんどん増えましたが、温かい心をこの旅の思い出にして頂けたと思います。

またこうしてひとりひとりの方へのお礼のコメントを書いてくださるあなたのような方がいるから、また皆さんのお気持ちが集まってくるのかもしれません。
ここに集う仲間は皆さん温かいと実感しています。

最も感謝しているのは私ですよ。

v-339岡山の寅さんさん  いらっしゃい

ツアー数日前、「小豆島ツアー御一行様」という宛名の封書が届いた時は本当に驚きました。
しかも封筒はNHKの生さだのものでした。

嬉しくて誰かに言いたいけれど、これはサプライズにして驚いてもらいたいと内緒でした。

そこへ「ワキワキ」するというコメントが入り、益々驚き、楽しくなってきましたよ。

皆さん簡単に手にできるものではない生さだハガキを頂き感激していました。
本当に有難うございました。

オリーブ公園のジャカランダは、わたしが今まで写真で見たものに比べて紫色に近い濃い色のものでした。
良い香りがするというさださんのお話ですが、そんなに強く匂いは感じませんでした。

オリーブ公園の方の話では、若木なのでまだあまり花が付かない木と、大きい木だがちょっと病気になってしまっているのがあるようです。

皆さんが見学したのは、一番良く花がついてるものです。


v-339リリーさん いらっしゃい

例え大雨でもなんとかなるだろうというのがリリーさんらしくて頼もしいです。

皆さんへのお礼の気持は伝わっていると思いますよ。
小豆島は地震は少ない方なのでテルマエ・ロマエ・リリーを拝見できなかったのは残念でしたが(笑)
楽しい旅の様子はお伝え出来たと思います。

四方指で今にも雲海に飛び込みそうなリリーさんを見て、あいちゃんがキキの真似をして飛ぼうとしたことを思い出しました。(ポーズだけね)

実は雲海の写真を身を乗り出して写していたのでしたね。
雲で見えませんが、下は断崖なのですよ。
一歩前に出てば・・・・・・
何とか救い出すことが出来ました(笑)


v-339まめはなさん  いらっしゃい
300円のお菓子ありがとうございます。
大人でも嬉しいものですよ。

お気持ち皆さん喜んで受け取っていらっしゃいました。

こういうお気持ちが嬉しいです。



プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード