長崎から東北へ2015 in 武道館  チャリティーコンサートレポ

今回の武道館はアリーナの真ん中辺りに、特設ステージがあり、時々さださんはそこに立ち、ホストとしての司会進行を行います。
アリーナの後ろの方の席だと嘆いていた方にとっては、意外近くにさださんがいらっしゃって良かったです。

私達はBブロック5列目、結構前なんですが、右横過ぎてさださんは遠いです。
でも有難いことに目の前に巨大スクリーンがあったので、実物の何倍もあるさださんの顔を見つめていました。

しかも通路側、隣を気にせずよく見えます。
通路側だからといって飛び出したりはしませんよ(笑)
飛び出すのはキラキラテープを拾う時だけ(笑)

コンサートは午後9時までです。10日に発表された動画にありました。
9時過ぎると武道館に罰金を数十万円払わなくてはいけなくなる。
しかも今後武道館には出入り禁止!!
さださんいわく「数十万でいいの??」
これはどういうことかしら(笑)
出入り禁止は困りますね。

そんな訳で最初から9時に終わるよう、進行をきっちりとという感じが分かりました。

6時きっかりに始まりました。
先ず東京フィルハーモニー交響楽団の方々の入場。
オーボエの音からからチューニングが始まる。
渡辺俊幸さん登場。
さださん 特設ステージに右側から登場。
数人の警備の人が付いてる。(うむ・・・博多のディナーショーの時のように抱きつく人を警戒してのことだろうか?客席とステージはかなり広くスペースをとってあり、とても抱きついたり、手を出したり出来ないのに、厳重な警備です)

総合プロデューサーとしてご挨拶申し上げます。
そこに座ってくださっている方々が僕達を支えてくださっています。
3年前長崎で始めたこのコンサート、長崎から東北へ、皆さんに入場料を頂きさだは自分のところに入れず、全て背負投してきました。
長崎で行うと沢山の旅費、宿泊費等経費がかかります。
では東京で行ったら、より多く東北に持っていけるのではないかと東京で行うことにしました。
東京でやろうと行っても国立は壊しちゃったし(笑)
こうして武道館で長崎から東北へをやれるのもあなたのお陰です。

今日は長崎市長も来てくださっています。


スタンド席正面に田上市長がいらしゃっていました。

素晴らしい平和スピーチでした。
今回市長に選ばれた日にメールが来まして
「これで武道館に行く権利が出来ました」
無投票だったのですがね(笑)

月日は経って次第に薄れていくのは仕方ない事ですが、応援しているよという気持ちを送らなくてはいけません。
「もう僕たちはいいから、コンサートで稼ぎに来い」と言われるまでやりたいと思います。

今日は飛行機も宿泊費もいらない。
その分ステージにお金を掛けられる。
でも9時にはきっちり終わりますからね。

「え~~~!!」の声沢山

AとかBとか言っても無理です。きっぱり終わらすんです。
経費をかからなくするためにも9時で終わるんです。

では先ず最初は 
「俺を呼ばなくて誰を呼ぶんだ」と言った人から紹介します。

南こうせつ~~~~~


♪♪幼い日に

さださんステージに登場

おいちゃんありがとう。
名古屋でチャリティーコンサートをやってその収益金を持っておいちゃんと二人10ケ町村に届けに行ったね。
皆さん 「二人で直に持って来てくれたことが嬉しい」と言ってくれたね。
被災して役場も離れた場所に移っていた所に行ったんだ。
あの時おいちゃんが言った言葉 「僕たちはこういう時のために有名にしてもらったんだ」と言うこと、本当に思ったよ。


こうせつ「まさしはフットワークがいいよね。
若いわ、まさしは。」


昼夜2公演ジャニーズ並だったよね。
町長、村長が口をそろえて言うのは 「私達のことを忘れないでください」 
覚えてなくちゃダメですよ。
なんでも最近は忘れやすいので、時代劇見てても知ってる役者さんが出てきたら ”大友柳太郎”
 ”市川右太衛門”  と叫ぶんですよ、覚えるために。

今日は南こうせつさんに来て頂きました。

こうせつさん退場

7分で帰られました。
バースデーコンサートの時トップバッターのこうせつさん、谷村さん、森山さん親子で15分の予定が55分でした(笑)

ではせっかく渡辺さんが指揮してくださっているので 次は


♪利家とまつ

今年も福島の子供達を招待して五島で楽しんでもらったり長崎市内を見てもらいました。
長崎っていいなあと思わせて、「ちゃんぽん食べたかっ!」と思ってほしいね。


スタンド席の福島の子供達を紹介。
長崎を楽しんだ後武道館に来たらしいです。

震災の後泣きながら電話してきた人を紹介します。

震災後 「音楽家は無力です」と泣きながら電話してきました。
僕は 「そんなことないですよ、復興の槌音が響く頃には音楽家が必要とされる時が必ず来ますから、」と嘘をつきました。
その時は僕自身がうろたえていて、何も出来ないなあと思っていたのですが、先に泣かれると泣けませんからね。
それから兵庫県立芸術文化センターで二人でチャリティーコンサートを開き、東北の高校生に楽器を送ることが出来ました。
昨日のことの様に覚えています。
佐渡裕さんを紹介します。佐渡さん宜しく。


♪♪ ボレロ

あれから4年ですね。

佐渡「先に泣いてすみません。」

佐渡さんとは題名のない音楽会で知り合い親しくつきあわせていただいて、今日は何故ラヴェル を?

佐渡「小さい音からだんだん最大になっていく所が復興に近づいていくと言う感じなので。
2012年に海外でこれを演奏しました。
海外では「お前日本人なのか、頑張れ!」と言ってくださるんです。
フランス中の演奏家が集まりこれをやってくれたので、お礼にとキッズオーケストラも出かけて行って演奏しました。」



これからも佐渡さんどうか頑張って! 佐渡さん大きいから振っても見やすいですよね。
倉田くんも大きいし、185から2センチ縮んだって?
倉田信雄さんに拍手を。


続いていよいよゴスペラーズが 登場しましたよ。
一段と大きな拍手。

村上くんも応援してくれてるよね。
君たちいいよね、手ぶらでいけるから。電気いらないからね。


村上「僕達もアカペラを見なおしたというところがありますね。
南三陸に初めて行った時に、何もなくても喜んでいただけると」。


村上くん被災地でもサングラス?(笑)
まあグラサン無いと喜ばれないからね。
舘ひろしさんでも被災地では外すだろうね(笑)


村上「そうなんですよ、掛けてないと喜ばれないし」、

突然のように

北山くんおめでとうございます。 (え~~敬語??)

北山さん非常に恐縮する。何度も頭を下げる。

君たちグループの一員のこの不祥事をどうする?

村上「僕達に出来るのはあの歌の歌詞を読み直したことです。
一列に並んで頬を差し出します。」


まあ最近はパワハラとか言われますので、とりあえず君たちは歌ってくれてたらいいから・・・・

はい!お咎め無しでした(笑)


村上「「坂道の歌」というのを歌います。
サビの部分が大船渡の幼稚園の園歌になっています。
2012年に発表された曲なのですが、僕達もこういう機会に歌っています。
元気に明るく祈りを込めて歌っています。



♪♪ 坂道の歌 

村上「震災後人の声の大切さを感じました。
その声を掛け合うというと言う事も繋がりで大事なんだと、当たり前のことですが大事です。
「東京フィルがいるのにアカペラか!」思われるかもしれませんが、聴いてください」


♪♪  ひとり

ゴスペラーズ退場の時左端の方にいる私達は、最後に帰る北山さんに向かってこれを掲げました。
ちらっと見てくれてたような気もします。手を振りながら帰って行かれました。

11823117_1639438362963156_7915804439768054395_o.jpg

あいちゃんの作品可愛いでしょ!
前のように最前列ではなかったので、目立ちませんが気持ちはお届けしました。


さださん 特設ステージ上。

こんなところで喋るの珍しい。
周りすごく空いてるね。
ここも席にすれば100人は座れるよ。
でもこれくらい空けないと行けないと決まってるらしいです。
真ん中で歌うことなど無いので倉田くんに手伝ってもらって歌ってみたいと思います。
皆さんも一度席を立って体動かせて一緒に歌ってください。


席を立ち手を上げて、右左と動かせて少しの運動です。
会場全員で

♪♪  北の国から


今聴いててさださんのお客さん音程いいなあと思いました。
この曲も日本ハムファイターズのおかげで忘れ去られずに済んで良かったと思っています。


応援歌での「北の国から」しかしらなかった少年がカラオケで元歌を知って「遅いよ!」といったという話。

ステージは佐渡さんとキッズオーケストラ

佐渡「4日に長崎でNHKの番組でさださんと共演しました。
その時全員がさださんにちゃんぽんおごって頂いたのでお返しに演奏をします」。



NHK「いのちのうた」ではさださんのキッズオーケストラに 「ちゃんぽん食べて帰ってね」という発言がありましたが、あの後ちゃんぽんを皆さんにプレゼントしたのですね。

♪♪  メタルマスター

佐渡「神戸の震災から10年経って、復興宣言の時に出来たのが兵庫県立芸術文化センターでした。
僕達も東北に行って犠牲者に祈りを捧げ6ヶ所で演奏してきました。
お寺、駐車場などでも演奏しています」


♪♪ ショスタコーヴィッチ 室内交響曲第二楽章


♪♪  リバーダンス


わたしはあの頃にはもう少しましな道があったのかもしれないとか考えながらそこでスーパーキッズの演奏を聴いていました。

次はよく喋る奴です。
名古屋でのチャリティーコンサートにも無理やり駆けつけてくれて、「終わりにまとめに一言お願いします」と言ったら、
延々と話しだしたんです。
とある親子が買い物に行って、試着を重ね、あれがいいこれがいいと次々試着して、「あらこれがやっぱりいいわね、ピッタリだわ」といって買おうとしたのが、自分が履いてきたズボンだった  という話なんです。
感動的なコンサートのさあまとめというところでそういう話をする奴なんです。根本要というやつは!


根本「喋るなと言われているので今日は歌いますよ」

♪♪トワイライト アベニュー

私は同じアカペラグループとして根本さんの発言に期待していたのですが・・・・・(笑)
根本さんには 「僕達のメンバーも誰か さださんをお父さんと呼びたかったなあ」   くらいのことは言って欲しかったなあと(笑)(笑)(笑)
そんな発言もなく大人しく歌うだけかと思いきや、コネタを挟んできました(笑)

根本「今日は珍しく東京フィルとやらせていただくんです。
だいたい僕たちは行き当たりばったりでやるんですが、チューニングというものがあるそうなんです。
ではチューニングを心して聴いてください。滅多に聴けませんよ。
僕らも参加していいですか?(コンサートマスターに)
いらない!あっそうですか・・・」


直ぐにチューニングが終わりました。

根本「あっそれだけなんですか? 気持ちいいですね。
チューニングも終わったし、渡辺さん宜しくお願いします。
オーケストラとやるために渡辺さんに編曲して頂きました。
こういう風にやるのは初めてです」


渡辺俊幸 「入魂で編曲してきました。」


根本「入魂とか言われて大事な時には失敗する事が多いんですよ。
「それ違うぞ! 」って5人以上が手を上げたらやり直しますから
(笑)
全員で74名いますよね。60以上数えるの僕大変なんですから(笑)
ちょっと寂しい歌なんですが

♪♪  木蓮の涙

素晴らしい!

根本「詰め替える喉一番良いのを持って来たので」(笑)

僕も少年時代にバイオリン弾きに憧れてどんどん挫折していった。
NHKはドラマですからあんなに綺麗なもんじゃなくてもっと悲惨でした。
あんな挫折の後グレープに繋がって行ったのですから、諦めては行けません。

諦めないで頑張っていたら、稲佐山に加山さんが来てくれました。
あの時手を広げて加山さんが来てくれた時、天の岩戸が開いた気がしました。
加山さんも知らなければ、ギターも知らない僕が加山雄三を知って墜落の一歩です。
加山さんは僕のヒーローです。

東京厚生年金会館の端っこの席で親友ののりちゃんと小指の先加山さんを見たんです。
今日もねぇ・・・あんな上の端っこの僕だったら席がわかったら来ない様な席に座ってくださってる方がいます。


見上げると、本当に正面はともかく、左右の端っこはステージは見えないし、スクリーンも良くは見えないでしょうが、席は埋まっています。
私はいつもラッキーにもアリーナでしかも前のブロックで、楽しめていますが、もし私があの席だったらどうでしょう、喜んで東京まで来たかどうか・・・・・・
生意気ですが、最前列も何度も味わい、2階席など当たったことがないくらいの自分は少し驕り高ぶってると反省しました。
どんな会場でも一番端っこはあります。
そこにもチケットを買って座ってくださる方が必ずいるのです。
その事を常に考える必要がありますね。

そんな席に座ってくださる方がいるからコンサートができています。

加山さんに拍手を!


加山「さだくん丁寧語はやめてください。
今日は歌いたい曲があります。
息子が16歳でアメリカに旅だって車の中で夫婦で聴いて泣いた曲です。
名曲です」


♪♪  案山子  with さだまさし

作詞 さだまさし  作曲 弾厚作 という曲もあります。
嬉しいですね。


加山「いい曲をたくさん作って天才だと思います。
毎年夏になると彼に逢えて嬉しいです。
次は 明日に架ける橋を歌います。
君が泣いているときはその涙を拭いてあげようと言う歌です。」



♪♪ 明日に架ける橋

♪♪  君といつまでも

戸張捷さんをご紹介します。

戸張「僕は個人的にさだまさしファンなので 、加山さんも仰っていましたが天才だと思っています。
詩がそのまま小説になるというか・・・」


オーケストラとやるときは挫折を思い出しトラウマになるのですが、もっとトラウマな人をご紹介します。
前橋汀子さん


♪♪  チゴイネルワイゼン

僕は13歳の時に長崎から東京に出てきました。
この方は17歳でレニングラードに一人で行きました。
この規模の差が音楽の差になっています。
でも前橋さんに「挫折してよかったわね」  と言われた時に勇気づけられました。
世界の前橋と一緒に何かやりたいのです。
グレープの精霊流しを。
何で自分でハードル上げてるのか分からないです。
凄く嬉しい!
あの時のマー兄ちゃんに言ってやりたいです。
少々心の準備を・・・・・


♪♪  精霊流し with 前橋汀子

前橋さんメガネを掛けました。
小柄な方なのに、パワーが有り、美しく、演奏は迫力がありました。
こういう人の演奏も聴けるなんて本当に贅沢でした。しかも精霊流しをヴァイオリン共演して下さったのです。
さださんはいつもの旋律です。

世界の前橋を伴奏に使いました。  (さださん感無量な感じです)


今年は色々と与えられた年になりました。
「風に立つライオン」が映画になりました。
「天皇の料理番」では「夢見る人」を使って頂き、
「ちゃんぽん食べたか」も放送され、上半期は沢山ご褒美を頂いた気がしています。
「ちゃんぽん食べたか」は音楽渡辺さんです。
「夢見る人」も良いところで使ってくれて、ここで泣かないと人間じゃない!ってところで流れてくるんです。
黒木華さん良いですね。
「ジュテームってなんですか?」って。こういう女優さんが出てくるんですね。
持っているものをハッと落とすほどの美人ではないけれど良いですよねぇ。



♪♪  夢見る人

こんな喋ってる場合じゃないんです。ずっと1位の曲です。

♪♪  主人公

昔からずっと聴いてくださっている方には、緞帳が降りた感じでしょ。
この後はアンコールだと思って聴いてください。

ずっと僕を支えてくださっている加山さん、おまけに前橋さん、これも歌手になったからです。
席を温めてくださっているお客さんのおかげです。
今夜で4127回目のコンサートになります。
4127回って10年毎日歌っても3650回でしょ。

その間渡辺さんとはずっと一緒にやってきて、この歳まで一緒にやって来れたことは幸せです。

東北支援にもう疲れ始めている。
土地を嵩上げして移転しているけれど、現場の声が生きていない。

現地の人の思いと違うところで動いている。
そんなジレンマを感じながら歌い続けています。
8月6日に長崎で歌うことの意味を分かってる人はいい。
8月6日に歌いながら戦争反対と言わずにいて良いのか?と言われたりもしましたが。
20年間同じことを言い続けてきました。

「このコンサートの終わるまでに あなたの大切な人の笑顔を思い出してください。
その笑顔を守るために何が出来るかを考えてください。
そして考えたら動いてください。」
と言い続けました。
それが一番身近で手の届く平和だという考えは変わっていません。
歩き出すことをして欲しい。
座っているだけじゃ何も変わりません。


♪♪  天然色の化石


この曲は随分前に書いた曲です。
20年誰も話題にもしなかった曲が 突然話題になることもあるので、裁判官が言ったりして、だからCDは発売されたら買うように!(笑)
オーケストラでCD作ると赤字さ!(笑)
男女が向かい合ってる化石がイタリアで発見されて、発売当初は全く知られなかったのに、この曲が注目されたりして。

平和の概念というのは難しいです。
平和という棒があってそれを中心に輪投げの輪を投げ入れる。
集合の部分が輪が多くなればなるほど狭くなります。
右に出た部分と左に出た部分では随分変わります。
中心の平和の部分は同じなんです。
どういう風に中心の平和と向き合うかは人によって違います。

今凄く哲学的な話ししてますよ。
良いですか?

この国は農耕民族ですから戦争はやらない。
いまはエネルギー闘争が戦争の元なんです。
そのうちなくなると思うけれど。

血で血を洗う戦争をしていたヨーロッパがEUという纏まりになってるでしょ。

心が結ばれる日がいつか来ると、私達のツケを子孫に残す事は出来ない。

1200年前から東大寺では懺悔し、人々の平和を願う修二会と言う行事を行ってきました.

戦時中も一年も休まず行ってきました。
修二会という曲を最後にお送りします。


♪♪ 修二会


アンコール拍手、拍手

さださん登場、

私の方からお願いがあります。
今日の義援金を僕にください。
何のために使うかをお話します。
昨年11月にケニアに行きました。

行ってビックリしたことが沢山ありました。
吹く風が違う風でした。
この歌が沢山の人を動かしてきました。
河原さんはロシナンテスを鹿児島の堂園晴彦さんは NPO法人「風に立つライオン」を設立し、若い医者を募ってインドで活躍しています。


http://www5.synapse.ne.jp/lion/

この歌のお陰で沢山の医者の方と知り合い、そういう集まりにも呼ばれたりして沢山の医者に出会いました。
若い医者に会うと 「風に立つライオン」を聴いて医者になりたいと思いました」と言う人によく出会います。
「風に立つライオン」はいい曲だと言う人は良い医者です。
リトマス紙に使っています。

20歳の時に柴田先生と出会い、彼の語るアフリカを歌にしたいとと思い15年。
アフリカを歌うのに15年かかりました。
発表した頃はバブルに向かう真っ最中で 「この国は道を誤った」と言う歌詞がスルーされました。
28年経って大沢くんの熱意で映画になりました。
青年海外協力隊、ジャイカ、 外交官・・・・・・海外で頑張っている人に語りかけています。
行きもしなかったケニアなのに『風』 という言葉を使っています。
行ってみて『風』にあたってみて、良く分かりました。

スラム街に入っていき頑張って治療している 公文かずこ先生のような方もいます。
生さだを見てくださっている方はご存知でしょうが、ミンダナオ島でたった一人で孤児院を運営している烏山逸雄さんという方がいます。

ハウスオブジョイ
http://hoj.jp/about/

海外で頑張っている人をどう援助して良いのか迷っていました。
仲間たちと考えに考え抜いて 『風に立つライオン基金』  を立ち上げました。

収益金から頂いて海外で頑張っている人を支える基金、なんです。
日本の良心みたいな人に出来る事をします。

災害が起きる度に集めるのには限界があります。
基金があれば、突然のことにも対応できます。

ピーススフィア貝の火運動も20周年になりました。
長崎に生まれ育った人間として平和をアピールしていこうと考えました。
顔の見える平和、顔の見える援助、支援、身の丈に合ったやり方が良いと思うので立ち上げました。

集めたお金を詩島の修復に使ったりしないかちゃんと報告を出します。
その為に評議員を3名設けました。


古田敦也さん 
鎌田實さん 
 
そして
佐渡裕さん  です

佐渡「飛行機の中で 風に立つライオン 見たんです。 食事の前で又号泣ですよ! メインディシュが運ばれてこない前に泣いてしまいました。泣きながら「ビーフ!」ってCAさんに答えたりして。

さど・まさし 音楽会の時に「風に立つライオン」やりましたね。
あの時演奏した中の一人、ビオラの高校2年生の子が、この歌聴いて医者を志し京大医学部に入ったんです。
京大ですよ。


佐渡「優秀なビオラ奏者でした」

一刻も早く戦争のない日が来ることを祈りながら歌いたいと思います。

皆さんもそこの席でアメージング・グレースの所一緒に歌ってください。


ステージには出演者全員並ぶ。


♪♪  風に立つライオン


観客と出演者全員のアメージング・グレイスはそりゃあ迫力ありましたよ。
気持よく私達も歌えました。

本当に贅沢極まりないコンサートでした。
目の前のスクリーンでは実際の何倍もある大きさでさださんの顔が見られました(笑)

それで感じたのは、映しだされるキッズオーケストラの皆さんの真剣でそして楽しそうに演奏する顔、眼差し。
技術力は素人の私が言うのも失礼ですが、素晴らしかったですよ。
みんな音楽が大好きなんだなあと伝わってきました。



最後はいつもの様にキラキラテープが舞い降りて、拾いに走る。
拾いなさい とばかりに通路側の席、そして沢山舞い降りる場所でした。
あまりにも必死で拾うオバサンに、見知らぬ人まで拾ってくださいました。
見ず知らずの方、有難うございました。
お礼に団扇を差し上げました。

テープの片付けに追われて、いつもの様に早くお帰り下さいと言われる始末(笑)
でもまだまだ退場は中々出来ません。すごい数の人ですからね。

こちらにセットリストと写真が出ています。

http://www.musicvoice.jp/news/20150813030378/
オーケストラバージョンということで、あいちゃん力作の団扇は振る場面があまりありませんでした。
11807498_1639793882927604_4342957855604394410_o.jpg
11834715_1639806422926350_5752037701736213646_o.jpg

松崎しげる (2) 松崎しげる

題名のない音楽会

地球劇場 日本大学秦

MF_20150814013113c4f.jpg セイコー

ユーキャン 共同テレビジョン

セイコー (2)
児島食鳥


追記
武道館のコンサートの放送が12日に終わったので、記録として書いたレポを公開します。

メモを元に書いていますので、テレビで見ると違うよ!と言う部分があるかもしれませんが、大目に見てください。

コメントの投稿

非公開コメント

出先なもので携帯からです。初めてでドキドキです。
ままさん、詳しいレポをありがとうございます。今夜テレビで拝見しましたが、素敵なコンサートですね。生で見たかったな。テレビ的に時間的に難しいのかもしれませんが風に立つライオン基金の話は放送してほしかったなあ。

No title

放送が終わってすぐのレポ、ありがとうございます。
放送は大分カットされていましたが、ままさんのレポと共に
また感動を新たにしています。

贅沢なコンサートでしたね。

惜しみなく、こんな素敵な時間を私たちに届けてくださる・・・・

私に出来ることはほんの僅か、ほんの小さなものかも知れないけれど
少しでも、さださんの思いに添いたいと思いました。

レポ、ありがとうございました♪

No title

放映が終わってのレポありがとうございます。
武道館に行って自分も観たのに、細かいレポ書きが出来なかったので、あの日のことが細かに再現されていて、感動を再び味わっています。

あの日、参加してよかったと思っています。
今まで「長崎から東北へ」へは、現地で参加したいと願いながら、夏は仕事も繁忙なことが多いので、なかなか行くと云う自分の身体を持って行くことが出来ず、心もどこか第三者の目で見ている部分があったのです。
やはり、自分でその場で感じた臨場感、思いはメディアを通してのソレとは違う気がします。

つい最近、4年前の震災で使えなくなった公共建築物が解体されることが決まり、その仕事が私の事務所でやることが決まりました。
人々が暮らせるように、仮設住宅から復興公営住宅の建設は先に始まりましたが、
もう使わないから解体されるものについては、4年経った今でも手付かずのものがあり、改めてまだ終わっていないことを思い知らされました。
また、ままさんのレポにありましたように嵩上げして移転することがいいかと云うと決してそうではありません。
移転した場所が病院などの場所から離れて、通院がし難くなったとか人に寄り添うことではなく、役所の机上の仕事だからです。
仙台市内でも仮設住宅から復興公営住宅に移った人たちは、今まで仮設住宅で仲良くされていた方の元に遊びに行き難いとか、逆にまだ仮設住宅におられる方は公営住宅の方を羨む訳ではないけれど、行き来し難い現状があります。
仙台市内のとある場所は道路挟んで仮設住宅と復興公営住宅が向い合わせになっているのです。
そして、復興公営住宅に移ってしまった方が多くなったので、仮設住宅では新たな問題が出てきています。
今まで自治会を仮設住宅でも運営していたのですが、公営住宅に移ってしまわれた方が多いために、自治会が閉鎖してしまったのです。
これは、今まで周りを見回していた方がいらっしゃらなくなるので、下手をすると孤独死に繋がる、そう云う問題が出て来たのです。

これは、この間11日の日に地元の放送局でしかやっていなかったものです。
長々と書くのはどうかと思ったのですが、現状として少し知っていただきたいなと思ったので、敢えて書かせていただきました。
どうぞ、お許し下さいませ。
(ままさん、貴重な場にすいません)

自分たちで出来ることに限りはあります。
ですが、震災のみならず、この間の浸水被害など天災は必ずあります。
その時に少しでも寄り添える考え方、行動をしたいなと思いました。

No title

いつも、ありがとうございます。
いつものように、コンサートの雰囲気を味わっています。
私は 端っこの席が多いのですが、行けるだけ幸せと思っています。

自分周りの人の笑顔を守るために、自分ができること…
とりあえず、掃除、洗濯、家事全般かな?

すばらしい…

こんにちは!はじめまして
いつも拝見させて頂いております
武道館での余韻とレポが重なり、さださんの思いが伝わり涙が出ました。
理解しつつも、上手く表現出来ない自分への苛立ちも含めて…
これからも楽しみに拝見させて頂きますので宜しくお願いします。

ままさんこんにちは

コンサートに行ったら、やらなければいけない事が2つあるような気がします。
コンサートを楽しむ事と、風に立つライオン基金に募金する事。
毎日頑張ってる自分へのご褒美のコンサートですから楽しまないと。
それとコンサートに来たくてもそれどころでない人へのちょっとした思いと言うか気持ちと言うか…。
上手く表現できませんが「コンサートも楽しむぞ〜!応援もするぞ〜!」みたいな。
その方がコンサート終了後の帰宅時に心が温まり、胸を張って帰れるような気がします。
早速、次のフェスで試してみます。
もちろん他の人には強制できないけれど…。
(意見には個人差があるのは当たり前です。)

平和の概念とは難しいです。と言うお話

輪投げの輪っかの重なりが必ずピッタリ重なることはなくて、
その重ならなかった所で喧嘩してる。
平和、と言う同じ棒にみんな掴まってるのに、重ならない違う意見の所で
結局、戦争しようとしている。
そんな風に解釈しました。
重ならない部分を主張するのではなくて、重なった部分をもっと突き詰めて行けばいい、そういうお話だと思いました。
政治家の皆さん、さださんにこのお話聞きに行ってもらえませんか?

有難うございます。

行きたくても行けなかった人間にとって、
ままさんのレポは本当に有難いです。
コンサートは録画したものの、まだ全部観ることが出来ていません、が、
基金の話は放送されなかったのですね。
残念です。

デイジーさんのコメントを読んで、現状を少し知ることが出来ました。
有難うございます。

感じたことがいろいろあります。
自分のことで精一杯、から、もう一歩踏み出したいと思います。

管理人返信

v-339かみなりぼうやさん  いらっしゃい

すっかり管理人返信が遅れてしまいました。
真夏の出来事でしたね。

テレビは随分カットしていて残念でした。
時間の関係上仕方ないですね。
でもゲストの皆さん均等に立てて、トークも上手くカットしていて、編集作業としては完璧ではなかったかと思いました。

ライオン基金の話はNHKですから 無理かな?


v-339Mrs.ぱんぷきん さん いらっしゃい

テレビ放送の少しでも補足になれば幸いです。
みなさんにさださんの想いを拙いレポで伝えられたらと思っています。

大袈裟に言うと布教ですね。
皆さんがそれぞれの位置で動いてくださればいいのです。

v-339デイジーの花言葉さん  いらっしゃい
最近思うのは、ここまで全国津々浦々どんな田舎でもインターネットが普及してきている現代において好むと好まざると必要になってくるのは、発信力です。
受信力でもあります。

大切な情報を多くの人に届けることが必要とされてきています。
農業だって例外ではなくなっています。

前置きが長くなりましたが、デイジーさんのこの投稿もとても大事なことです。
私の仲間にも伝わることがあると思います。

どうぞ、デイジーさんのブログでも東北の現状を関わった範囲でもお伝え下さい。
意義があることだと思います。

私も細やかでも私の出来ることは手を抜かず頑張りたいと思います。


v-339タカオスミレさん  いらっしゃい
身近なことから意識を変えて動き出すことが大事です。
それが大切な人の笑顔を護る事に繋がるのでしょうね。


v-339長崎Breezeさん  いらっしゃい
はじめまして、コメントありがとうございます。
お返事が大変遅くなり申し訳ありません。

いつも見てくださっているとのこと、冷や汗たらりです。
他のブログなど見てると拙くて恥ずかしいのですが、これが精一杯です(笑)
私のやり方で、私らしくやっていくしか出来ないので今後共よろしくお願い致します。


v-339案山子さん いらっしゃい
そのとおりです。
勿論コンサートを楽しむことが心に優しい大切な行為ですから、それが一番!
そして、出来ることなら、募金箱!とかライオン基金振り込み!

これもそれぞれのやり方、考え方があるので、私は別の方法で支援するわ!というのもOKです。

意識を持って動くことが大事なんですよね。
何もしないでは何も変わりません。
そこには無理も必要ですよね。
無茶は行けませんが・・・・


v-339リリーさん  いらっしゃい
この話会場で聴き始めた時、何なんだろう??と初めは思ったんですよ。
でもよ~く聞くと、分かってきたんです。
さださんの例えの仕方で、ちょっと分かりやすくなってると思いません???

政治家さんは曲げて考える人が多くて、こういう風にすんなりと受け入れられないのかな?
わざと重なっていない部分を穿り出しているような・・・・


v-339145ssさん  いらっしゃい
基金の話は恐らくカットだろうと思いました(笑)

このレポと、9月のピースの報告会のレポでさださんの想いは少しでも伝われば良いと思います。


プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード