石橋安見さん講演会 への旅  VOL1

これで八女に行くのは4回目になります。
行く度に新しい八女を発見できてとても有意義でした。

行く度に杉山先生がお元気に成られるようで、それも楽しみの一つです。
しかも今回は安見さんのお話が聞けるとあって、期待は膨らみます。

朝起きると村は靄っています。
またまた心配!
でも始発の高速艇は予定通り出港しました。
DSC_0377.jpg

今回は何と大奮発して(?)人生初のグリーン車です。
混み合ってる連休などに席が取れない時の選択支だと思っていたらなんと、空いているのにグリーン車ですよ!
DSC_0384.jpg

でもそんな意気込むほどのこともなく高いだけでそう極端には変わりはなかったです。
コンセントが各座席の肘掛けに付いているのと、シートが少し良いのとフットレスが付いています。
なんて解説しなくてもみなさん乗ったことあるのでしょうね。
田舎者のオバサンの初体験です。
001_20150927163421017.jpg
何故こういう贅沢ができたかというと、これです。
DSC_0379_20150927163535139.jpg
半額になるんだったら思い切って一度乗ってみようということでした。

DSC_0391_20150927162632856.jpg

わたしが JR西日本の株を大量に保有しているかどうかは、勝手に妄想して下さい(笑)

これはJR西日本管内だけですので、高松から岡山まで(JR四国)と 博多から久留米まで(JR九州)は別に買います。
そういうことなので、株主優待券と言うのは時によっては大して安くならない場合もありますから使用する場合はお気をつけて!

岡山から乗車した時は車両に5人でしたが、広島を出てからは、一車両貸し切りでした。
DSC_0392.jpg
めったに出来ない(もう無いかもしれない)体験でした(笑)

久留米駅にはすっかりお抱え運転手みたいになってるうさぎさん、亀さんご夫婦と、何と季節はずれの薔薇さんが 待っていてくださいました。
薔薇さんったら・・・・
電話で話した時、「栗を剥いて渋皮煮を作るわ!」なんて言っていたのに、騙されましたね。
サプライズ大好きです。
久留米駅の改札で、チラッと顔が見えたのに、うさぎさんの後ろにさっと隠れた薔薇さん・・・・・・・・・・・・・・とっても可愛かったよ!

途中で昼食をとったあと、安見さんと待ち合わせの黒木方面へ向かいました。

黒木には健吉先生のお父様である石橋忍月様の生家が移築されています。

006_2015092720231143c.jpg
010_20150927202309e5e.jpg

011_2015092720231289f.jpg


八女市HP
http://www.city.yame.fukuoka.jp/kankou/kurogi/smanabi.html

黒木町HP
http://www.sanson.or.jp/mura/mura99/frame1.html

隈本邸は有形文化財に指定されている大きな農家建築です。
隈本邸の敷地の中に忍月邸は移築されています。

013_20150927202314361.jpg
oncontextmenu="return false" oncontextmenu="私には覚えのあるような農家の住まいでした。
014_20150927202752b79.jpg
017_201509272027543e3.jpg
019_201509272027550b7.jpg
020_20150927202756ba4.jpg

電話もこうして進化してきたのですね。
016_2015092720275770e.jpg

安見さんにとってはお祖父様の生家です。
忍月様に関するものだけでなく、健吉先生のもの、安見さんの本まで展示されていました。

DSC_0402.jpg

024_201509272031191af.jpg
024_201509272031191af.jpg
 ”忍月の肌あたためし 石の風呂” 


私が驚いたのがこの石垣です。
007_20150927202313755.jpg


島ではこんなに揃った大きさのまあるい石を積上たりしないので、綺麗に並んだまあるい石に驚きました。
でもこの後、行くところ行くところにあるので、この地方では当たり前なのかな?
次は昨年もお邪魔した源太窯へ行きました。

041_20150927230111c94.jpg
源太さんも奥様もいらっしゃらなくて、メッセージだけ残して帰りました。

この後安見さん達と別れた後は、亀さんに取って置きの場所に連れて行って頂きました。

まずは八女といえばお茶!
美味しいお茶を頂きました。
DSC_0407.jpg

茶処から見える風景がまさに田舎の山里!
私にとってはほっとする景色です。
044_20150927204439d4f.jpg
043_201509272044425c3.jpg

紅葉の時期にはまた美しいでしょうね。お近くの方是非お薦めします。
しかもこんなに美味しいお茶を頂けますよ。
045_20150927204007594.jpg
047_201509272040119a0.jpg
046_201509272040095b2.jpg
DSC_0410.jpg

1回分のお茶っ葉で4煎頂きます。

DSC_0409.jpg
そして5回目はゆっくりと開ききった、柔らかいお茶に酢醤油を掛けて飲むのではなく食べます。

最上質のお茶っ葉はそろっていて、柔らかく、食べられるのですよ。
茶の葉を食べるのも初めてでした。
どんな葉っぱか写真を撮るのを忘れるほど美味しかったです。
DSC_0413.jpg

お茶の生産量だけを見るとやはりダントツで静岡ですね。
その次が鹿児島!知覧茶を思い出しました。

福岡県は生産量はベスト5に入っていないんですね。
でも、でも、
玉露の生産は全国の半分以上を八女で生産しているそうです。
良質のお茶が採れるのですね。
八女のお茶のファンとしては納得です。
八女深蒸し茶美味しいですよ。
栗の甘露煮、渋皮煮と共に頂くと最高です。

(お茶の文化館)

http://www.hoshinofurusato.com/information/tea/

だんだん八女の観光大使的になってきましたよ。
TBSで5月に放送されたナイナイのお見合い大作戦 のその後も気になる所です。
上手くカップルが出来て結婚まで行けばいいですね。

長くなってきましたので、VOL2へ

コメントの投稿

非公開コメント

ままさん旅日記楽しみです

こんばんは
活発に活動していますね。
「グリーン車」はやはり他の車両より早く博多に着きましたか?(笑)
かつては新幹線ホームのエスカレータはグリーン車の停車場所付近に作って,他の人より楽に改札口へ行けるようにしていました・・・。
私が40年前初めて「グリーン車」に乗ったときは近くに「大原麗子さん」が座っていました。もうどきどきでした。(それ以降乗っていません)

八女については昨年ままさんから多くの資料をいただき,八女茶以外にも,文化に富んだ町であると認識し直しましたが今回のレポートで更に新しい発見に驚かされそうです。楽しみにしています。

八女茶

朝、事務所に着いたらまず生協の青汁と(笑)緑茶を飲むことに決めています。
緑茶が大好きで、特にお茶の味が分かる訳ではないのですが、
八女茶、静岡のぐり茶、鹿児島の知覧茶に惹かれます。

5月に初めて八女を訪れたとき、広大な茶畑に感動しました。
ままさんも、美味しいお茶を飲まれたのでしょうね。

年末のカウントダウンのときに、初めて安見さんにお会いして、
とても気さくに話しかけてくださって感激しました。
このたびも、さぞ興味深いお話が聴けたのでしょうね。
旅日記の続きがとても楽しみです。

管理人返信

v-339岡山の寅さんさん  いらっしゃい

グリーン車でも到着時間は同じでした(笑)
飛行機などは搭乗の順序で優待者が先に搭乗するのを見たことがありますが、新幹線はそれもありませんでした。

かつては少しは優遇されていたのですね。
珈琲¥50引きの割引券を頂きましたが、それ以外特に何もありませんでした。
でも1車両独占と言うのは気分は良かったですよ!

私が「今日はグリーン車だ」と言ったら「若しかしたらその座席にさださんが座ったことがあるかもしれませんね」 等という友人がいましたが、そう思うとワクワクしますので、まあ気分は良好な旅ができました。

八女は知れば知るほど、魅力的な町です。
是非 お出かけくださいませ。
うさぎさんご夫婦はお抱え観光ガイドのようですから(笑) 「 いつでもご案内します」と仰ってくださっています。

v-339145ssさん いらっしゃい

あなたがいらっしゃったコースに行ったという感じですね。
ですから素晴らしさはお分かりだと思います。

すっかり八女茶のファンになっていますよ。
お茶だけでなく町並みも市と言っても、大きなビルなどあまりなく、落ち着きますよ。

安見さんにも大晦日にお会いになったので、お分かりのように、気さくに接してくださるので却って恐縮します。

流石の頭脳とセンスをお持ちで、その上に暖かくて面白いところもあって素敵な方で憧れます。
そして何よりもその美しさに魅せられますよね。
ブログには出せませんが、撮った写真を見ても健吉先生の愛をいっぱい受けて育っていらしたことが分かります。

プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード