年末の彦根への旅

ご存知のようにたいそう活発な中、国宝彦根城を見に行きました。

違うでしょ!違うでしょ!
そうじゃないでしょ!

行ったのは愛しの君達・自由飛行人に逢うためですよ。
愛しの君は夜行バスですでに前日に出発!
当日新幹線で行く私を二人が京都駅で待っていてくれました。
乗り換え改札を抜けたら、目の前に二人が立っていました。
嬉しい再会です!

「朝 着いてから何してたの?」
「河原でちょっと歌っていました!」

そういう二人なんです。

三人で彦根に向かいました。
「彦根は同じ滋賀県でもグッと冷えますから、覚悟して来てください」という県内の方のアドバイスを受けて、米原の側だからそりゃあさぞかし寒かろうと、何枚も重ね着してコロコロになって行きました。
しかしこの日はスッゴイ青空で、12月とは思えないぽかぽかの晴天でした。

彦根では、吾亦紅さんご夫婦と海の月ファンのオバサンが興奮しながら待っていました。

稲山さんを待つ間に、彦根城周りを散策しました。
有名なバームクーヘンの「たねや」 へお上りさんですから立ち寄りました。
たねや (2)

昼食は稲山さんお薦めのカレーうどんが美味しいここ。


初対面で愛しの君に逢ったまめはなさんは緊張して何もしゃべれないのかと思いきや・・・・・・・・(笑)
カレーうどんなんて上品に食べられるかしらと心配していたくせに、誰よりも早く完食するし・・・・・・・(笑)

流石オバサン一瞬のうちに打ち解けて話しかけてました。

DSC_0484_20151224213738f18.jpg

もっとくっついて歩けば良いのに・・・・
(油断してるとこういう写真撮られますよ(笑)

稲山さんと自由飛行人は音合せリハーサルがあるので、私達だけで彦根城に行きました。

吾亦紅さんのご主人かっとびさんは、城マニア!
ガイドして頂きました。

オバサン二人は杖を付いて上がりました。
お堀 (2)
お堀 (3)
桜の季節に来たらさぞかし美しいでしょうね。



彦根城 (16)


《天秤櫓》
彦根城 (23)

彦根城 (26)
彦根城 (24)

《廊下橋》
彦根城 (18)
敵が攻めてきた時、この橋を落とし、侵入出来なくするのです。

天守閣へ向かうと、ちょうどひこにゃんが登場していました。
ひこにゃん (3)
ひこにゃん (1)  ひこにゃん (2)

ひこにゃん可愛かったですよ。写真撮に応えたり、色々人気者は大変そうでした。

彦根城 (1)

彦根城 (2)

青空に映える彦根城、美しいですね。
大きさは小さいけれど、非常に美しいお城でした。
彦根城 (29) - コピー

オバサン三人組もお城に負けない美しさでした(笑)
この二日間は、乙女になって楽しみましたよ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

世間では年末で大忙しだというのに、あの日から壊れています(笑)
思い切って出かけて本当によかったです!

海くんは、海くん でした!

それ以外何も言うことはありません。嬉しいとか、良かったとか、言葉に表せません。海くんは思ったとおりの海くんでした。 (この気持ち、分かる人には分かっていただけますよね、Pさん!)


カウントダウンが迫っているのに、聴いているのは、ずっと『海の月』
さださん、すみません。

案内をしてくださった、かっとびさん、吾亦紅さん。楽しいコンサートをしてくださった稲山さん、夢さん。そして、行くしかないと背中を押してくださったままさん。海くんと会わせてくださって、本当にありがとうございました。

海くん、生の声が聴けて幸せでした。これから、学業がさらに活発になると思います。体調を崩さないよう、頑張りすぎないでくださいね。

神出鬼没旅日記

年末のこの時期
「神出鬼没旅日記」楽しく拝見させて頂いています。
でもおよそ予告している旅ですね…(笑)
次回はどこに?

(追伸)妄想クイズ PART1 の答 昨日投函しました。
それも一番運がよいポストにです。

感謝


年末の多忙な時期にコンサートにお越しいただき、ありがとうございました。
クリスマスコンサートに、演奏する側として参加させていただきましたが、温かい雰囲気の中で、皆さんから幸せの種をたくさん頂いたような気がします。

初めての関西、京都・滋賀。直接お会いするのは初めての方々。とても楽しみに向かい、予想以上の思い出を作ることができました。吾亦紅さんの案内がなく、一人旅をしていたら、◯◯◯◯だけで満足していたかもしれません。

ファンのオバサンさん(とお呼びするのは恐縮ですが…)、生の演奏を聴いていただけて嬉しかったです。やっと!という感じでしたね。
これから卒業、就職と人生の節目となりますが、音楽は忘れずにいます。今度はもっと声の届く“伝わる”歌をお届けできれば…という目標を持って精進します!

本人の無粋なコメント、失礼しました。
それでは、良いお年をお迎えください。

No title

乙女のハート飛び交う「ファンのオバサン」のコメントを羨ましく読ませて頂いた「P」です(笑)
本当に本当にとっても行きたかったのです。
今、諸事情により遠出が難しい私ですが、最悪、日帰りで行こうかとも思ったのです。
でも、次の日、朝早くからの予定があり、泣く泣く諦めました。

吾亦紅さんのご厚意でその様子を見せて頂くことが出来て、何度も何度も、ディスクが擦り切れるんじゃないかと思うぐらいリピートしてます。

でもね、今年は夢さんのピアノを至近距離で聞けて(普段ない早さで席をゲットしました 笑)、乙女の笑顔でツーショットも撮って頂いたので幸せです♪♪


海の月さま
いつか、きっと、こういちままさんを押しのけても(笑)
すぐそばであなたの歌声を聞ける日が来ると信じています。
『声の届く、伝わる歌』を聞ける日を楽しみに、まだ先の見えない「諸事情」ですが、頑張ります♪
プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード