神出鬼没コンサートのルーツ

姫路まで行ったので、土曜日にはお願いして娘婿殿に丹波篠山まで連れて行ってもらいました。
思っていたより近くて一時間半くらいで行くことが出来ました。

さだまさしファンなら丹波篠山と聞いただけで何処へ行ったかは直ぐに分かりますよね。
メイン通りを通ると直ぐに見つけることが出来ました。

071_201602162318260a6.jpg
072_201602162318282d4.jpg

神出鬼没コンサートをやることになったきっかけがこのお店 『大手食堂』  です。

噺歌集第10巻 「篠山と中国で教えられた歌心」 をお聞き下さい。

写真では何度も見ていた大皿を見つけた時は 「これだ!」と思わず声が出ました。
もっともっと大きな大皿を想像していましたが、思っていたよりは小さかったです。

DSC_0383.jpg

中に入るとさださんのサインを見つけましたが、「どうぞ、どうぞ、二階へ」と勧められてそのまま二階へ。

11月~3月は猪鍋がお薦めでしょうが牛とろ丼を頂きました。(ちょっとイノシシは苦手)
DSC_0385_201602162344324c7.jpg
これがとてもとても美味しかったです。
少食の私が完食しました。娘達にも大好評でした。
写真を撮るのを忘れましたが、例のたくあん確かに出てきました。
結構塩辛いのですが、牛トロ丼のタレが甘めなので、意外と合いました。

DSC_0384_20160216234434cac.jpg

二階は座敷席があり私達は座敷の方に座りました。
きっとここで皆さんでしし鍋を戴いたのでしょうね。

トイレに入れば、さださんも使ったかもしれないなあ・・・・等と馬鹿なことを思うのがファンです(笑)

食事を終えて一階に降りてきて、さっさと支払いをして帰りました。

私がそんなわけ無いでしょ(笑)(笑)

先ずサインの写真を撮って良いですか?と伺いを立て確りと写させて頂きました。
DSC_0386_20160216235105034.jpg
するとそこに常連さんらしきおじ様!一人!
大変ノリの良い方らしく、ご主人と奥様を呼んで来るように従業員の方に指示し、「さださんのファンですか?さださんが来た時にはですね・・・・・・」と どんどん話が弾みます。
話はきらいじゃない方なので(人一倍喋るくせに(笑)
 「40年来のファンで、此処に来たくても中々来られず、やっと娘夫婦に連れて来てもらいました・・・・・・・・・」
どんどんしゃべりますよ(笑)

ご主人と奥様が厨房から出てきてくださいました。
最初にさださんがいらっしゃってから何年が経っているのでしょう、お元気そうでした。
お二人共控えめではありますがにこにことふくよかな顔で笑っておられて、気持よく歓迎してくださいました。
DSC_0392 - コピー
DSC_0390 - コピー

小豆島から来たとお話すると、同じ関西圏ですのでよくご存知で、オリーブはもちろん農村歌舞伎の話まで出ました。
常連のおじ様が大変よいノリで、飾っている年賀状が貴重なものだとお話したら、「ハイ、住所聞いてコピーして送ってあげなさい」等とノリノリでしたが流石にご遠慮致しました。
その代わり写真は写させて頂きました。
プライベートな年賀状なのでアップは控えさせて頂きます。

訪ねてくるファンも多いでしょうに、快く迎えてくださり本当にありがとうございました。
牛とろ丼はホントに大変美味しかったです。

もう一箇所行ったところを紹介します。
分かりますか?
門の造りが茅葺き屋根でした。
064_2016022123091155f.jpg
看板らしきものはこれだけです。
ちょっと詳しい方は分かりますね。
063_20160221230913922.jpg
姫路に本店があるおかきの有名店 『播磨屋』 さんです
入り込んだ住宅地にあるのにひっきりなしにお客様がいらっしゃっていました。

ご主人播磨屋助次郎さんはちょっと有名ですよね。(検索どうぞ)

どうであれ(笑)、ここの「おかき皇」というおかきが大好きなんです。
いつも通販で壊れおかき (時々割れたものやサイズが合わないものを、安価で販売しているのです。自家消費なのでそれで十分です)を買ってるので、一度本店で買ってみたかったのです。
娘は大好きなのを知ってるので連れて行ってくれました。

「おかき皇」はこの世の中で最も美味しいおかきだと思っています(笑)(大げさでなく)
好きすぎてついに記事に登場させてしまいました

065_2016022123091536b.jpg

落ち着いたお庭があり、珈琲などの飲み物のサービスもありました。
066_20160221230915394.jpg

https://www.harimayahonten.co.jp/harimaya2/ecsite/PG040MyPageEntry.act?pageNo=1009

コメントの投稿

非公開コメント

おもてなし旅時間

ままさんのお休み旅時間。優しい娘さんご一家と楽しまれ、良き時で何よりでした。丹波篠山のご夫妻、お客様との出会いも温かいおもてなし旅時間でしたね。私も猪他、苦手です。牛とろ丼も残念ですが。行かれないですね。

管理人返信

v-339まゆきさん  いらっしゃい
ご主人も奥様も笑顔で迎えてくださいました。
煩いファンに本当に優しくしてくださいました。

さださんのトークの通りに暖かい方でした。
プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード