(企画) さだまさし曲の風景クイズ 64 解答編

写真は等持院の庭でした。
ここを舞台に書かれた曲といえば  『春告鳥』  

2月に出題しようと思いつつ、記事が重なり遅くなりました。
うっかりすると出題が一年後になりそうでした(笑)
春を告げるというよりも、もう春はそこまで来ています。

等持院には昨年5月と12月と行きました。
お茶も季節によって違っていました。

228.jpg

等持院 (5)

じっと座って庭を眺めながら頂くお抹茶とお菓子(芙蓉の月)は格別ですよ。

182_20160305103047d8b.jpg

♪♪ 衣笠の古寺の侘助椿の
    たおやかに散りぬるも陽に映えて♪♪


5月には侘助椿は確認できましたが、咲いてもいなくて散って池にぽとりと落ちてもいませんでした。

193_20160304230047441.jpg
194_20160304230049011.jpg

12月には少しですが咲いていて、散っているものもありました
(想像していたのよりも薄いピンク色でした)
等持院 (22)
等持院 (21)


この庭に何時間でも座って居られたということですから、これが散り落ちて、コロコロと転がり真下にある心字池にぽとりと落ち他様子もご覧になっていたかも・・・・若しくはそういう場面を想像したのでしょう。
そういう場所に侘助椿は立っていました。

212_20160304231127404.jpg

♪♪ 同心円に拡がる紅のまわりで
     さんざめくわたしの心♪♪


紅色の鯉が動くと同心円に波紋が広がり、その様子に自分の心もざわめき揺れる。
180_201603042311275f0.jpg

♪♪ 鏡のまどろみのくだかれて
    錦の帯の魚のふためいて     ♪♪


錦鯉の事を 錦の帯の魚という表現も、穏やかに鏡の面の様に艶やかであった水面の表現も、只々描写が素晴らしい。

184_201603042311258c7.jpg

235_2016030423112905e.jpg

この庭で何時間も居ないと書けない詩ですよね。
細かい描写が全くその通りだったのに感激感激のさだファンでした。
(こういうのがいるから明治寺の奥様が立葵を植えられたのでしょね。)

♪♪ 化野の古宮の嵯峨竹の
ふりしきる葉洩れ陽にきらめいて  ♪♪


147_20160304232313c03.jpg
143_20160304232312cc8.jpg

メロディーも和風情緒たっぷりで、歌詞に確りと寄り添ってすっごく私好みの曲です。
この曲などはアルバム「夢供養」で聴くのが好きです。(意見には・・・・・)
その他の音源が「SADA MASASHI LIVE BEST 」(フェスティバルホール)だけしか持っていません。
こちらもアレンジその他「夢供養」に近くて良いですが、1979年当時の声が好きです。

そして何よりも美しい日本語の数々!
「たおやかに」  「さんざめく」 「ふためいて」 「たじろぐ」  「薄氷」 そして ウグイスの事を「春告鳥」
心象風景が浮かび、心理描写する言葉が美しいですね。
別れを描くのに情景を語るだけで十分二人の関係を伝えている。
古くからのさだファン好みの曲だと思うのです.

さださんの文章によると
~~こういう風に風景だけを歌っていき、風景の描写だけで別れの引金や未練を漂わせていく歌も悪く無い。
恋愛の終わりを象徴している絵は、いわば椿がぽとりと落ちてゆく姿だけなんだけど、こういう控えめな歌い方だけで伝わていた時代だったということだろう。・・・・・・~~



いつもおしゃるように美しい日本語を残して行きたいですね。
いつもさださんから教わることばかりです。
若いころ「浮浪雲桐一葉」という言葉を教わったのもさださんからでした。

昨年「ゆくりなく」  を覚えました。
「多羅葉」 という葉っぱのことも知りました。
今では何処へ行っても多羅葉の木がないかと探してしまいます。(笑)
多羅葉を見つけさせたら日本一、イヤ東洋一 イヤ世界一とも言われている吾亦紅さんがいるのでこころ強いです。

こうして40年以上、いくつになっても学ぶ事ばかりです。
書棚の本も一回読んで仕舞っているだけでなく読み返さなくては行けないと最近よく思います。
(老後の楽しみ って言ってももう老後だって(笑)

ふと手にとったこすぎじゅんいちさん、前田祥文さんの『われても末に~怪傑さだまさし序説~』  をめくっていたら、 「春告鳥」 に関する面白い記述を見つけました。
敢えてここでは書かないことにします。
興味ある方は78頁をご覧ください。

これからも美しい日本語を大切にした曲を聞かせていただきたいと願います。
(時には「問題作」 も良いですが・・・・)



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ショック!!!😰
シヨック!!!😨
大ショック!!!😱

ドジで間抜けは健在でした😅
10時頃と書いてあるのを、10日と勘違いしたままでした。

春を通り越して、初夏の日差しに惑わされたのでしょうか?
でも少し寒が戻ってクイズにふさわしい気候になりましたね。

全問正解は望めませんが、次からは早めにコメントするよう心がけます。
💫

このころの歌詞のことば

いいですよねー 歌詞が たまらなく!

わたしは中学時代を このような日本語の言葉の
繊細さに 囚われて そのまま国文科をめざしました

いま思えば 不思議なほど

恋い焦がれ 言の葉たち。
ひとつも色褪せず いまも煌めいています。

さださん すっごい人ですよね。やはり。
(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)

あぅぅ。サービス問題を間違えてしまった。ごめんなさい。
恥ずかし〜。。。
確かに私の頭の中には
衣笠の古寺の ♪ と
流れていたのに。。
歌の名前を間違えました。いつもは検索してから答えるのに、油断大敵。はぁぁ…
でもまぁ、これでのんびりこのあと答えられるかと。負け惜しみを言ってみます。

管理人返信

v-339季節はずれの薔薇 さん  いらっしゃい

「解答しますね」というメールを貰ったので、てっきり解答は済んでるものだと思っていました。
まだだったとは思わず、お知らせも勿論できず、残念でしたね。

クイズを見て解った場合は直ぐに解答を書くことをお薦めします。
そのうちと思っていると、期限を過ぎることがありますからね。

v-339みかんとあそぼ♪さん  いらっしゃい
「さださんは凄い人ですね」  
という言葉以外の言葉で表現できない自分が情けなくなります。

作品も、人も、行き方も、何もかも(勿論容姿も)素晴らしいとしか言いようがありません。

色あせない言葉と、ブレない人格に魅せられて共に歩んだ人生ですね。

v-339ちかちかさん   いらっしゃい
恐らく貴女は分かっていたのだと思いますが、曲名を取り違えたのですね。
本当に残念です。

プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード