(企画)さだまさし曲の風景クイズ 64  管理人返信

こういちままさま

こんばんは。

こういうのは得意です(笑)。

これは等持院ですね。
以前、等持院の近くの独身寮に住んでいたことがあります。

ということで、答えは「春告鳥」でお願いします。
春告鳥が鶯の別名なんていうことは、さださんから教わりました。

ほかにもいろいろ教わっています。

また、京都を舞台にした曲を作ってほしいですね。

 よっさん
2016-03-0600:08 よっさん

よっさんさん  いらっしゃい
花の名前は疎いけどこういうのは得意なんですね(笑)
だって自分の庭みたいなものでしょうから。

さださんの和製ロック、神社仏閣ソング、 美しい日本語大好きなので、こういう曲好みです。
さださんの作品から学ぶことも沢山ありますからね。

宮崎先生からは「まほろば」ができた時誉められたけれど、「これ以上難しい曲は書くな!ファンが付いて来れん」と言われたそうですが、ファンも年を経たので、それなりについていけることもあるだろうし、好奇心旺盛なので、調べて学んで付いていきますよ。



こんばんは!

この写真見たことある!
そして今出さないと1年後…
足利尊氏…
検索しちゃいました。
「春告鳥」ですね。
こんな歌詞、さださんしか書けない。

もう春ですね。
2016-03-0600:51 はまちゃん

はまちゃんさん  いらっしゃい
庭が分からなければ、足利氏の菩提寺として分かるかな?と思ってヒントを付け加えました。
分かってよかったですね。


ままさんこんにちは

「春告鳥」ですね。

被災地に早く春が来るといいですね。
2016-03-0601:39 案山子

案山子さん  いらっしゃい
5年前の11日は寒い日でした。
色んな意味でまだ春は遠い人もいると思います。

忘れない、諦めないという気持ちでいたいと思います。

衣笠の古寺の侘助椿の♪
「春告鳥」でお願いします。
2016-03-0609:32 sunny

sunnyさん  いらっしゃい
♪衣笠の古寺の侘助椿の♪
印象的な歌い出しなので、このフレーズを解答に書いていらした方が沢山いました。
目に浮かぶようですね。


春告鳥
2016-03-0609:57 ちいさいおばあさん

ちいさいおばあさん  いらっしゃい
簡単すぎたでしょうか?


好きな風景

等持院の侘助椿に会いたくて、一人訪ねたのは、かなり前のこと。さださんの『春告鳥』の曲を知ってからでした。答えは、『春告鳥』で、お願いします。
2016-03-0612:13 まゆき

まゆきさん  いらっしゃい
その情景が浮かぶ歌詞の中でも秀逸だと思っています。
その場に行けばなおさらです。


京都の等持院ですね。
足利尊氏公之墓の写真でやっとわかりました。
ヒントありがとうございました。
答えは季節的に「春告鳥」でしょうか?
さださんならではの美しい歌詞とメロディーに心ひかれます。

2016-03-0612:22 本ちゃん

本ちゃんさん  いらっしゃい
足利尊氏がやはりヒントになりましたか・・・・・良かったです。
メロディーと歌詞がピッタリですよね!


春告鳥

ままさん等持院に行かれてましたね。
等持院は私が初めてさださん縁の地を訪ねた場所です。
遥か昔学生時代に、実家が奈良の友達を訪ね、京都に観光へ行く中でまず訪れました。友達はなぜ等持院?って感じでしたが。
あまりよく覚えてないのですが、静かでひっそりとしていた記憶があります。「侘助」の木の看板を見つけて、ここに間違いないと納得しました。
ままさんのブログをもう一度懐かしく拝見させて頂きました。ありがとうございます。
2016-03-0613:31 アン

アンさん  いらっしゃい
私はさださんや、曲の縁の場所に行くようになったのはここ数年ですが、このアルバムが出た頃には、随分賑わっていたと聴いた記憶があります。
嵯峨野、や東山方面なども曲に関する場所に若い女性が沢山訪れてたらしいですね。
何しろさださんアイドルでしたから。


ままさんを虜にした「等持院」のお庭でしょうか。 
その後、椿の花の時期にお出かけになったのでしょうか。
素敵なお庭を一度は訪れたいと思います。
「春告鳥」でお願いします。 

(三日程、頭の中がボーとしていて、この曲しか思いつきませんが、合っているのでしょうか?思い出に浸っております。)
2016-03-0613:59 アルプス乙女

アルプス乙女さん  いらっしゃい
機会があれば何度でも伺いたい場所です。
日帰りが出来るんじゃないと考えたりもしました。
それくらい素敵なお庭です。
これだけ美しいのに、人が少ないというのも好きになった理由かもしれません。

観光客の皆さんどんどん、清水寺、平安神宮、嵐山、祇園、 などなどに行って頂いてここは静かな場所として残って欲しいと勝手に思っています。


答え♪春告鳥
等持院ですね。
まだ行ったことがありません。
次に京都へ行く機会があれば訪ねようと思っています。
2016-03-0615:45 アカショウビン

アカショウビンさん  いらっしゃい
是非行ってください。
あちこち行かずここだけに2時間は座りたいですね。
そういう時間の過ごし方をしたいのですが・・・・・・


等持院

惜春 でお願いします。
ずいぶん昔、一度行きましたが、さださんの歌を味わうようなお庭の見方をしなかったので、また行ってちゃんと拝見したいものです。
2016-03-0620:02 ちかちか

ちかちかさん  いらっしゃい
残念!きっと歌詞も浮かんでいるのでしょうけれどタイトルが・・・・・・


こんばんは。
クイズ64問目の答えは「春告鳥」です。
日々の些末な事に追われていたら、いつの間にやら侘助椿の季節になっていたのですね。
6年前に訪れ、いい時間を過ごさせていただいたお庭の風景でした。
地元公演以外はしばらく行き難くなりそうで、「二人会」の記事を楽しく読ませていただけ、ありがとうございました。

2016-03-0620:30 神戸・夢のつづき

神戸・夢のつづきさん  いらっしゃい
2月に出題したかったのですが、遅れました。



季節にぴったりですね

ままさんのブログで拝見しました。

今の季節にぴったりですね。
さださんお歌詞の格調高いこと。目に浮かぶ景色と主人公の気持ちが重なり素敵な歌ですね。
大人の修学旅行で、ままさん一押しの場所でしたね。
私もぜひ訪れたいと思っています。

「春告鳥」でお願いします。
2016-03-0621:11 かみなりぼうや

かみなりぼうやさん  いらっしゃい
季節が遅れそうで慌てました。
我が家の庭では春告鳥はまだ聴こえません。
最初は下手なんですよね。
5月頃には上手に鳴いてる気がします。
鶯を春告鳥とは本当に良く言ったものです。


♪『春告鳥』♪

この風景は見覚えのある風景です。
♪『春告鳥』♪の舞台である等持院ですね。
1枚目は若葉の季節,錦鯉がきれいですね。
2枚目は晩秋の頃でしょうか?

ちなみにわたしは『春告鳥』の鳴き声は聴いたことはもちろんありますが,本物の姿は見たことがありません。
見つけない方がいいのかも(笑)
よく鶯色の鳥が写真に載っていますが,あれは「メジロ」ですね。
もちろん鶯餅は好きです。
2016-03-0621:50 岡山の寅さん

岡山の寅さんさん  いらっしゃい
私もウグイスに付いてちょっと検索してみたら面白かったです。
とても小さくて声だけは庭でしてるんですけれど中々見つけられないようです。

実際はウグイス色ではないようですね。
でもウグイス色であって欲しいですよね。
声からしても薄黄緑がイメージとして似合うようです。
桜餅、鶯餅の季節になりましたね。
http://www.sizenken.biodic.go.jp/pc/ikimono/thema/02/setsumei/uguisu.html




春告鳥♪

等持院ですね。嵐山は人が多くてにぎやかですが、通称、嵐電(らんでん)の小さな駅の周辺には、あまり人が足を運ばないお寺がいくつかあって…静かに過ごしたいときは嵐電おすすめです。
等持院も何度かお庭にお邪魔しましたが、散った侘助椿には出会いましたが、冬の雪の中で咲いてる侘助椿を見てみたいです。どの季節にお邪魔しても静かなところですね!
2016-03-0622:39 サクラサク

サクラサクさん  いらっしゃい
12月は嵐電で行きましたよ。
等持院の入り口に写真集の様なものが置いてあり、四季折々の庭の景色を観ることが出来ました。
それによると雪のお庭も素敵でしたよ。
是非いらっしゃってください。


春告鳥

で、お願いしま~す。

> ゆっくり過ぎて回答を忘れる…

危うくそうなるところでしたわ(汗;)
めちゃ活発で夜にPC開く時間がなかったりしていました。
で、この記事が新しい記事が出て沈んでしまうと
回答出来ないところでした(苦笑)

等持院さんですね。
去年行かせていただいたので2枚目の写真を見て分かりました。
サービス問題ありがとうございます。
2016-03-0712:16 デイジーの花言葉@職場

デイジーの花言葉@職場さん  いらっしゃい
期限が長すぎると、まだいいやと思っていて分かっているのに解答を忘れるということがあるんですよ。だから敢えて書きました。
仰るとおり、次の記事が出ると、前のクイズに気が付かないということもあります。
ですからできれば一日一回は覗いて下さると嬉しいです。

また違う季節にご一緒したいですね。


ゆっくり考えすぎると、大遅刻になるところなので、パソコンを開いたときに解答しなくては!!
♪春告鳥♪ ですね。

大好きな曲です。

侘助椿が咲く頃になると、師匠が床の花によく使われるのです。見るたびに心の中で歌いながら、お稽古してました。(今は、諸般の事情で休んでますが、そのうち再開せねば!)
2016-03-0716:22 まめはな

まめはなさん  いらっしゃい
後で・・・・・・と思っていたら忘れますからね(笑)
心のなかではさだ様が歌っていることでしょう。

でもしとやかにしとやかに・・・・・・



「春告鳥」でお願いします。
さださんの綺麗な日本語の世界、切ない音で思わずめを閉じてしっとりと聴いてしまいますね。
札幌は、春はまだまだかな?

2016-03-0717:29 うめまま

うめままさん  いらっしゃい
北海道の春はピンクや黄色ではなく土色だというトークがありますね。
他よりも少し遅れますが必ず春は来ます。

いったん暖かくなると一気に、春、初夏、 夏 と楽しめますね。


春告鳥

嵯峨野の春は朧気にですね。
佗助という椿があるのを学んだのも この曲です。

始まりの調べから曲調、歌詞も大好きで、さだワールドにどっぷり浸かった頃だったと思い出します♪
最近はあまり歌って下さらないので生歌聴きたいです。
2016-03-0720:10 ゆうめ

ゆうめさん  いらっしゃい
イントロからこの庭の景色ですよね。
生で聞いた記憶が少ないです。
20周年 の時と 2008.03.21 国際フォーラムで歌っているのは分かりました。
こういう資料ちゃんと取ってる人は教えて欲しいですが、発売されてるものであれば特に知りたいですね。


これです❗

♪衣笠の古寺の 侘助の♪

ズバリ「春告鳥」❗
2016-03-0721:46 大仏と鹿

大仏と鹿さん  いらっしゃい
ズバリ正解です!
奈良でなく京都です。



等持院
♪衣笠の古寺の佗助椿の~
『春告鳥』
大好きな曲です。
若い頃に行った事がありますが、佗助椿は・・・?
2016-03-0723:04 はぴもも

はぴももさん  いらっしゃい
実際にいらした人は案外多いのですね。
やはり発売の頃でしょうか?
行ってみるとこの曲の味わいも深くなりますね。


春告鳥
一気に春が来た感じです。
一気に花粉症もやって来た。
よーく聴いた、懐かしい、思い出の一曲です。
2016-03-0815:28 タカオスミレ

タカオスミレさん  いらっしゃい
春がくる前に 花粉症との戦いがありました。
これが厄介ですね。
情緒も何も無くするくしゃみ鼻水です(笑)


春ですね!!

 いつもありがとうございます。
 ♪春告鳥♪ でしょうか。

 近くなのに一度足を運んでみないといけませんね(^^♪
2016-03-0819:21 喜美子

喜美子さん  いらっしゃい
ハイ、是非いらっしゃってください。
時間をとって、暫くは等持院でと言うつもりのスケジュールが良いですよ。
慌てて眺めて次へというのはつまりません。


ままさん今晩は
この風景は見覚えあります。
京都の等持院ですね!
「春告鳥」と思います。

2016-03-0819:35 春風のロザリー

春風のロザリーさん  いらっしゃい
このお庭は龍安寺石庭で有名な 夢窓国師作です。
立命館のキャンパスが背景に邪魔をしているとの事ですが、こんな風な時代になるとは想像もしていなかったでしょうから、現代の我々が景観を守るようにしなくてはと思います。


 衣笠の古寺の侘助椿の
   たおやかに散りぬるも陽に映えて・・・

 『春告鳥』 でしょうか。
2016-03-0900:07 Mrs.ぱんぷきん

Mrs.ぱんぷきん さん  いらっしゃい
歌詞がスラスラ出てくる歌い出しですよね。
それだけ日本語の表現が印象深い曲です。



春告鳥でお願いします
等持院のお庭ですよね ままさんのブログでこのお庭を見た時素敵だなと思い訪れてみたい場所になってます ゆっくり行きたいですね
2016-03-0905:39 のんちゃん

のんちゃんさん  いらっしゃい
ブログの写真を思えていてくださって良かったです。
是非お出かけください。



龍がいてるの分かる?

♪衣笠の古寺の侘助椿の~♪

以前こちらで、もうひとつの国民投票をなさった時にこの曲を答えたような覚えがあります。
目の前に情景が浮かんでくる、この曲の世界観大好きです。

先日時間調整で入った本屋さんで、たまたま手に取った花の名所を紹介するムック本の一頁目が、侘助椿の写真で思わず購入してしまいました。

「春告鳥」でお願いします。

2016-03-0917:07 吾亦紅

吾亦紅さん  いらっしゃい
龍がいるのが分かるのは通です!!!
って二度ともご一緒しました。
「後数分で雨雲が移動してこの庭に下りられるから待ちましょう」  という細やかなガイドは貴女でないと出来ません!
私だったら傘さしてさっさと雨の中を行くでしょう(笑)(何しろ慌てものですから)

本当に侘助が散っていた時には、思わず声が出ましたね。
それを拾って池にわざと落とすというようなことはいくら私でもやりませんよ(笑)

あの一日は楽しかったなあ・・・・・・・


これは間違えられない!

「春告鳥」♫

私の数少ない自慢は、学生時代に「等持院」に住んでいたことなので(笑)これは、間違えてはいけません。

さて、私にも必ず春告鳥はやってくるはずだと信じたい今日この頃でありました。

皆様にとっても、素敵な春告鳥がやってきますように・・・。
2016-03-0921:39 しばっち

しばっちさん  いらっしゃい
久しぶりにベスト解答賞です。

何ですって!!
等持院に住んでいた!!!
錦の魚だったのですか?(笑)

寺の小僧と言うのは知っていますが、どんな縁で若き女性が住んでいたのか・・・・・・
今度ゆっくり聞かせてくださいね。

頑張っている人の所には春がやってきますよ。
もうすぐ、 
ほら 
そこの角を曲がった所にもう来ていますよ。





コメントの投稿

非公開コメント

訂正です、すみません。

おはようございます。
非常に誤解を招く書き方をしてしまいました、申し訳ありません。
「等持院」というのは「地名」です。
等持院あたりの界隈は、「等持院町」という地名です。

大学で紹介された下宿の中に地名が「等持院」というのがあり、
迷わず決めたのでした。そして、実際の『等持院』から徒歩数分のもっと小さなお寺に下宿生として暮らしたのですが、門限10時に耐えきれず、たった1年でお引っ越しすることとなりました(笑)

朝起きて、ブログを拝見、ベスト解答賞?こりゃ、いかんとコメントさせていただきました。
紛らわしい書き方(いややどう読んでも等持院に住んでると思いますよね)をしてしまったので、ベスト解答賞はご辞退させてくださいね。
慌てて書いていますので、失礼な文言がありましたら、お許しくださいませ。

↑しばっちさん、私もお寺に住んでいたのかしら?
何の修行? と思った一人です(笑)

でも、その界隈に住んでいたと云うのは、やはりうらやましい限りです。

奈良や京都に去年まで通わせていただいて、何もないしあわせを感じました。
何もないと云うのも語弊がありますね。
つまりは都会に染められたものがなく、自然の風の音を感じたり、時間の流れがとてもゆっくりなんですね。
喧騒の中にいるからこそ感じることなのかもしれませんが、もしかするとそれは最高級のしあわせなのではないだろうかと思うのです。

つい数日前、1回だけ、家の前の川沿いのところで、春告げ鳥の鳴き声を聞きました。
これからは、また水鳥が白鳥から別な鳥に変わるので、ちょっと楽しみです。

管理人返信

v-339しばっちさん  いらっしゃい
いやいやいや・・・・・・
早とちりでしたね。

コメントが入ってすぐに
「え~~!等持院に住んでたの~~!!」と叫びましたもの。
すっかりそのように読み取ってしまい、疑いもしませんでした(笑)
等持院の町に住んでいたのですね。

門限10時は娘達の女子大寮でもそうでしたよ。
バイト帰りに必死で走ったそうです。


v-339デイジーの花言葉さん いらっしゃい

同じように思った人がいて安心しました。
ドジは私だけで無かったのですね(笑)


こちらでも春告鳥の声聞きましたよ。でもまだ下手です。

プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード