05/16のツイートまとめ

kouitimama

RT @yousakana: 小豆島にて醤油を仕込む木桶をも自分たちでつくりはじめた「ヤマロク醤油」さんの動画です!蔵に棲む菌と対話をしながら、美味しい醤油をつくられています。https://t.co/yNeHj4TyNa#小豆島 https://t.co/asLtjZ
05-16 22:40

コメントの投稿

非公開コメント

醤油桶

生まれたのは長崎市紺屋町 五歳のとき食いぶち減らすために伯母の家に養子に。
。いま紺屋町は隣町と合併して桶屋町という。 
小豆島のこの桶屋は壺井栄の生い立ちに出てきたような気がします。 
紺屋・桶屋町という町名には職人の気概が満ちて 匂いがしていました。貧しい幸せの匂いでもありました。
壺井栄を読み返えす反省を与えてくれた桶屋報道に感謝します。

管理人返信

v-339善知鳥吉左さま いらっしゃい

壺井栄は醤油桶作りの職人の家に生まれました。
しかし一度作れば100年は持つという桶はそのうち需要がなくなり破産します。
その後家計を支えるべく幼いころから働いたそうです。
そんな貧しい家庭でも、栄の母はお遍路さんの残した子どもなども育てたました。
そういう生い立ちが優しい母性あふれる作品になっているのでしょう。

それにしても先生がいつか八女夜話に書かれていましたが、繁治やその周りの人達に影響されずに栄の人間性、考え方、生き方は変わらなかったのが凄いことだと思います。

それが小豆島の風土が生んだものだと思ったりしますが、繁治も島の出身ですからね・・・・・・
プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード