美味しい、可愛い果物

たか君のお兄様のハウスの苺を採らせて貰いました。
出荷用のは終わりましたが、この株から伸びたランナーを次の苗にするのです。
残りのぶら下がっているものをジャム用にと頂きました。


孫も夢中で採りました。

0618いちご狩り (3)


うわぁ~~ジャムにするには勿体無い!!!

0618苺 (1)


お腹いっぱい食べた後お鍋の中になりました。

0619イチゴジャム (2) 0619イチゴジャム (1)


そしてもう一つ、苺と同じように可愛くて美味しい物が届きました。
自分では買えない高価なものです。

0619さくらんぼ (2)
0619さくらんぼ (1)

さくらんぼって「桜桃」と書くのですよね。
さだまさしファンなら「修二会」 や「献灯会」 の「会」を 「え」と読むと言うことと同じくらいに常識!
でも食べるときには 「さくらんぼ」 と書いたほうが可愛いですね。

ねえ~~
さくらんぼって果物はなんて可憐で可愛いのでしょう。
スイカ好きの私としては、あのどっしりと堂々とした、豪快に食べるスイカが似合ってる気がします。
可憐で、可愛くて真っ赤ではなくほんのりと赤く艶のあるさくらんぼは私のタイプではないですね。
送って下さった方はさくらんぼみたいな方ですよ。

0619さくらんぼ (3)

0619さくらんぼ (4)

届いた日は丁度”桜桃忌”の日でした。

とても優しく励ましてくれる曲 『桜桃』  のライナーノーツを皆さん読んでみてください。
これこそ さだイズム!
季節の移ろいと、人の心。
そしてそれらは冬ばかりではなく、必ず春がくるのです。
苦しみの後には喜びが、苦しみを越えたところには必ず良いことがある。
そう教えてくれる曲です。
(これでもうこの曲はクイズに出来ないかな?(笑)(笑)

~~桜桃の実の可憐な美しさはどうだ。
瑞々しい色と艶はあこがれの人の麗しい唇のようでもあり、或いはまた汚れを知らぬ少女の瞳の輝きのようでもある。・・・・・


必ず季節は巡る。
苦しいこともあるがいつか必ず良いことがある。
いつか春は巡る。
冬が厳しいほどに花は美しく、美しい花を咲かせてこそ後に美しい実が実るのだ。~~~~


                          (ライナーノーツより)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード