そうだ! 信州へ行こう!  一日目

 酷暑の島を抜けだして、避暑に行ってきました。
今日は「ひかり」 ではなかったです。

旅1

高松駅で サンライズ瀬戸を見かけて、3776回富士山とンサートを思い出しました。
あの時は前日入りして、終わった後静岡から初めてサンライズ瀬戸に乗りました。
あれから6年寝台特急が少なくなりました。
新幹線が増えて、でも便利になったのかなあ?

旅2


251_20160729141746210.jpg


名古屋で乗り換え、松浦商店のとり御飯探しました。ウインドウに松浦商店のものがあったので、蓋を見せてもらったら、私の知ってるとり御飯と違ったので、そのまま「ワイドビューしなの」に乗車。
でも中身は確かにあれだったような気が・・・・・・

松本に着けば美味しいお蕎麦が待ってるから我慢。


243_20160727194048c33.jpg

しなの (4)




「しなの」の楽しみは、沿線の山の景色と寝覚の床!

”木曽路はすべて山の中である”  という「夜明け前」の冒頭の書き出しが浮かびます。
そう言えば「夜明け前」ってどんな話だったっけ?  とすっかり忘れているので、検索。
では「破戒」は?
そうだったのか、「夜明け前」と 「破戒」がごっちゃになってました。
藤村がこの辺りの出身だと思ったので、木曽を舞台にした2つがこんがらがってます。
藤村が出てきたところで、『若菜集』  の「初恋」 等も思春期にキュンとなったなあと思い出に浸る。
浸るだけならロマンチックなのに、時間があるし一人旅なので、検索に走る。
余計なものまで見つけて 藤村と「初恋」 が色あせてしまうという事態に・・・・・・
「初恋」ってそう言う詩だったのか・・・・・

芸術家の裏を知ると、案外破天荒であったり、変人であったり、今で言う浮気者のゲスな部分が見えてがっくりと言うことが往々にしてあります。
その点、さださんは裏表がなく、そのままなのがとても嬉しいなあと何でもさださんに変換して、もうすぐ逢えることにドキドキするのでした。
そんなわけで、一人旅でも時間を持て余すこともなく、藤村の世界を行ったり来たり。
ですから私の旅は充電器が必需品。

そんな事をしながらも、 ”寝覚の床”を探すことは忘れません。
さださん関連以外の目的の一つが寝覚の床。
高校の修学旅行の時以来です。
どの辺りかなあ・・・・木曽福島辺りだと思うのだなけれど。
調べると、上松町ということでした。
でも上松には止まらない。
そうこうしているうちに、アットいう間に通り過ぎました。
確かにあれだろうと思うものは見ましたが、写真がこんなのばかりしか撮れませんでした。

しなの (2)

しなの (6)

しなの (8)



帰りには絶対に撮るぞ~~!!!
(さて、帰りには撮れたでしょうか?)

『ニッコウキスゲ』 に出てくる松本駅です。

松本駅 (2)

クイズにした時はこの北野建設の看板がヒントとして分かりやすすぎるので、隠しました。

この看板良いでしょ!
こういうのは残して置いて欲しいですね。

松本駅 (1)


アルプス乙女さん、季節はずれの薔薇さん、 春風のロザリーさん、はぴももさん、上田のSさんが最後に到着の私を待っていてくれました。
皆様お待たせしました。

松本駅前ではなく少し離れてますが、松本城近くの蕎麦屋さんへ直行!

253_20160729142330282.jpg


人気店らしく、待ってる人がたくさんいましたので、名前を書いて待ちます。
勿論こうです。

252_20160729142352028.jpg


(笑)(笑)(笑)

10分ほど待つと
「さだ様~~」 
と呼ばれます。
 「は~~~い」と皆で手をあげるのです。

オバアチャン何やってるのでしょ!
でも楽しいのです。(あいちゃん!いつもやってるよね)

257_2016072914302127b.jpg


山葵はつゆに入れてはいけません。
スリおろしたら、お蕎麦に乗せてつゆにつけて食べます。
流石に美味しかったです。

徒歩で松本城へ。

012_2016072914270950f.jpg



時間がないのと、足腰が・・・・・で天守までは上りませんでした。

017_20160729142815403.jpg

261_2016072914281789e.jpg




ここの所お城に行くことが多くて、彦根城、姫路城と行きましたが、それぞれの特徴があり、どれも美しい!
日本の建築って素晴らしく美しいですね。
しかも戦に備えた防備も確りと考えられていて。
(彦根城)
彦根城 (1)



(姫路城)

姫路城 (7)


どれも美しいですね。 
こうして比べると、松本城は落ち着きがありますね。

コンサート会場に着きました。
回りも緑が一杯で落ち着いた場所でした。
お客様はマイカーが多いようでした。

キッセイホール (2)



ツアートラックはまだ『風の軌跡」でした。

ツアートラック・マイカー (3) - コピー


コンサートはいつもの様に泣いて、笑って、ドキドキして、団扇振って、「さださんありがとう」 と叫んで幸せな時間でした。


少し遅めの夕食はイタリアンのお店で、お話が弾みました。
と言っても約一名喋りすぎて、皆さんの食べるペースについて行けませんでした(笑)

032_20160729143418f67.jpg

035_20160727211140e0c.jpg

036_20160727211141d97.jpg

271_201607291435027f5.jpg





喋りに夢中で、料理の写真が確りと撮れていませんのでお許しを。
この後もこのパターンが続きます。
とっても美味しかったのにお見せできないのが残念です。ごめんなさい。

私にとっては料理よりも、さだ話が一番なんです。

翌日に続きます。
盛り沢山ですからお楽しみに。



追記
旅人の楽しそうな写真は、もう少し、ほんの少し若ければ出しても、苦情は来ないと思いますが、一人を除いて還暦過ぎてますので、掲載は出来ません。
まあ見たくもないでしょうけれど(笑)



コメントの投稿

非公開コメント

No title

まってました!

お食事処での お名前(≧∇≦)
お名前を呼ばれたとき これは
みなさん 素晴らしい笑顔でしょうねえ。
ふふふふ 

ままさんの旅行記?旅日記ファンです。
ゆっくりと旅の思い出を綴ってくださいね。

日参?のわりにコメントしてなくてごめんなさい。

No title

おはようございます。高松(小豆島)から松本までひとり旅お疲れさまでした。愛しの君が待っていて下さるからかしら、皆さまテンション高めで松本の街を西に東に旅はつづきます~

そうでしたか。松本までコンサートにお出かけでしたか。さすがですね😊大人の修学旅行、いつも羨ましい限りです!
主人が善光寺好きで?それにくっ付いて信州、松本と何度が行きました。あちらこちらに、コッソリとさださんを感じながら😍
旅日記、楽しみに待ってまーす!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そうなんですね

蕎麦の食べ方、山葵をそのようにすること初めて知りました。地元の方は詳しいですね
時間が足りなくて良かったですね(笑)松本城を登ったために、疲れてよい曲で眠たくなるわ、いまだに足に身が入って痛いわ(年のせいで徐々に出てくる)、旅の疲れがとれるどころか…大丈夫かわたし!!
続き楽しみにしてます。

神出鬼没旅日記~信州編~

こんなに早く「神出鬼没旅日記~信州編~」がアップされているとは・・・。
信州の涼しい風が伝わって来ます。
コンサートの観客ははあつかったでしょうね。
また,いつものように唾液の分泌を促進するような写真 ごちそうさんです。(笑)

※写真と言えば,他のPCでここのブログをみるためにヤフー検索をしてみたら「さだお」で「さだおばさん日記」があらわれ,その検索結果に「さだおばさん日記の画像74100件」という項目がありました。すごいです。(もちろん食べ物の画像も多くありました・・・。)

VOL 2 また楽しみにしています。

「さだ様~」にびっくりぽん!の私でした。生わさびで食べるお蕎麦は美味しかったですね。

管理人返信

v-339みかんとあそぼ♪さん  いらっしゃい

「旅日記ファン」 ってそんなのありですか?(笑)

そんなにあちこち行けませんから期待に答えられませんけど、好奇心は人一倍あり、楽しいことは大好きなので(特にさださん関連の)人の倍は楽しむ自信があります(笑)

ドジも多くて笑えるでしょ!一緒に楽しんで下さいませ。


v-339春風のロザリーさん  いらっしゃい
ひとりの部分も十分楽しみました。
大変お世話になりました。


v-339うめままさん  いらっしゃい
善光寺までは松本からまだ遠いので行けませんでした。

松本、諏訪、安曇野、以外でもまだまだ行きたい所がいっぱいある信州でした。

v-339サクラサクさん  いらっしゃい

山葵そのものも美味しいので蕎麦に乗せたらとても美味しかったですよ。

私の足では松本城へは登れなかったと思います。
毎朝私達が寝ている間に1時間ウォーキングされていた方が一名います。
それくらいでないと旅は楽しめないのかなあと、体力も大事だと痛感しました。


v-339岡山の寅さんさん  いらっしゃい

74100件ですって!!!
写真だけを観ることが出来るのですか?
それはマズイです。
早く消さないと・・・・・
でも中々作業ができません。

v-339はぴももさん  いらっしゃい

待ってる時に名前を「さだ」と書くのは、ファンとして当然の行為ですよ(笑)
「さだ様」と呼ばれる楽しさくらいは許して頂きましょう。




プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード