そうだ!信州へ行こう! 三日目①  (安曇野)

毎日翌日にならないと寝ない私ですが、流石に昨日は早めに休みました。

朝起きると悲惨な事件が起きていて、近くに知り合いもいるので心配が募ります。

いよいよ最終日。
思い切り信州を楽しまないと。

行き先はぱんぷきんさんの好きな安曇野です。
松本駅から大糸線で向かいます。
車中こんな看板を見つけただけで、興奮しシャッターを素早く押します。
え~~~安曇野だ!!!



これより北安曇の

ここから彼は街へ出て行ったのね。ちぎれるほど手を振ってる彼女は何処に??
すっかり歌の世界に入ってます。
季節が全く違うことも気にならずワクワクです。

柏矢町




この駅でアルプス乙女さんが待っていてくれました。
安曇野住人なんて羨ましい限りです。

開園間近の 大王わさび農園へ。

119_20160728135440046.jpg

わさび田は夏なので日差しを避けるために寒冷遮がかかっています。
087_20160728135442a77.jpg
078_20160728135443b3a.jpg

この辺りから雨が強くなってきました。

雨に煙る山葵田も良いでしょ。
いつもにもまして情緒的な雰囲気を感じます。

093_20160728135444087.jpg
095_20160728135446c9f.jpg

山葵も透き通った川の流れも良いですが、目的は違います。
分かる人には分かる。

002_20160728140526512.jpg
 
どなたへの恋文でしょうか?
このジャケットの撮影場所だそうです。
大王わさび農園という名前を聞いても、山葵よりも「恋文」が浮かぶ人なので、ツアコンのロザリーさんが旅の計画中に「大王わさび農園へ行きます」と言っても、ああジャケットの場所に行くのね、当然!
という私でした(笑)
(どうもそうではなかったらしいですが・・・・)
001_201607281405251cb.jpg

この場所は何処か?分かりませんので、お訊ねしました所、一般には開放していない茶室らしいということで、ここかしら。

082_20160728140526080.jpg

雨は激しくなりますが、旅は楽しいです。
346.jpg


ここにはメラニン色素が 抜けて黄金色をしたニジマスの変種がいるそうです。
雨の中来てくれた私達を歓迎してくれて、直ぐに目の前に現れてくれました。

097_20160728141436041.jpg
101_201607281414378f7.jpg
107_201607281428483b1.jpg

山葵をすりおろしたものを試食しました。
それぞれどんな顔か想像して見てください。
思ったほど辛く無いですよ。

111_20160728142847eac.jpg

115 - コピー

定番のわさびソフトを半分づつ頂きました。
全く辛味がなく、ツンとする感じも無くて、面白いことを期待しているオバサンとしては(笑)物足りない感じでしたね。

110_20160728142845411.jpg

アルプス乙女さんは綺麗に晴れ渡った安曇野の風景を見て欲しかったと悔しがっていましたが、きっとてるてる坊主様もお帰りになったのでしょう。
雨の安曇野なんて今度見られるとは限らないのですから、それは、前向きに考えたいと思いました。

165_20160728143513997.jpg

いわさきちひろ美術館です。
ここは大人気!
128_20160728143828b21.jpg

134_20160728143802ac7.jpg
とても広い敷地に様々な建物があり、ゆっくりと楽しめる公園でした。
127_201607281437595ea.jpg
126_201607281438014ce.jpg
129_201607281438295fc.jpg

7月23日に 黒柳徹子さんもいらっしゃって、とっと広場がOPENされました。

トットちゃんが勉強した電車の教室が再現されていました。

132_20160728143803143.jpg
136_20160728143831c51.jpg
135_20160728143833376.jpg

137.jpg


これだけ広いと樹木やお花の管理も大変でしょう。

144_20160728144452e3e.jpg
145_2016072814445466a.jpg
146_201607281444553ac.jpg

『歳時記』  を聴いてた頃いわさきちひろさんが好きで、画集(¥12000)を清水の舞台から飛び降りて買ったことを思い出しました。
第5集くらいまであったけれど、1冊しか買えなかった私でした。
因みに ちひろという名前の彼女が書いた子供の絵ではなく、いわさきちひろの有名な子供を描いた絵の様に水色に笑ったのでした。


昼食は 安曇野の隠れた名店、アルプス乙女さんの行きつけのお店です。
とても良い雰囲気のお店でした。
161_20160728163226612.jpg
162.jpg
163_201607281456489ad.jpg
155_20160728163228e9e.jpg

お箸袋が絵手紙になっています。
148_2016072814565006b.jpg

私のには山葵の絵と共に”ツーンとしてないで笑ってごらん” と書かれていました。

151_2016072814565102e.jpg
ところが蕎麦の写真がありません。(涙)

昼食の後は私だけ2時間早く帰るので(訳は後ほど)、駅まで送って頂きました。

信濃松川
列車が入ってきて出発まで遅れてる列車待ちの為長く時間がありました。

あんなに見つめ合ったのは初めてでした

オバサン達何度も写真を撮って別れを惜しみました。
ここからは大糸線一人旅です。
松本で特急しなのに乗り換え、名古屋までです。
しなの2号

しなの2分遅れで入ってきました。

しなの入線
しなの

車窓の風景を見ながら信州とお別れです。
180_20160728170050cc4.jpg
179_20160728170049779.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「安曇野そば処 青崎」さんのお蕎麦美味しかったですね!
食べる方に夢中で映像なくてすみません。

お世話になりました皆さま、本当にありがとうございました。幸せな3日間でした。次回は是非八ヶ岳が見たいです。

管理人返信

v-339春風のロザリー さん  いらっしゃい
誰もが写真を撮ってないと言う事は、蕎麦が美味しかったからだと思います(笑)

v-339はぴももさん いらっしゃい
 こちらこそありがとうございました。

是非 八ヶ岳へ行きましょう。



プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード