松山城

旅先だとコメントに書いていたのは松山でした。
四国の隣県ですがあまり行かないところです。
同行者は息子!
用事を済ませて松山城へ行きました。

男の子を持ってる皆さん!
息子さんと二人だけで旅をしたことありますか??
どうでしたか?
訊ねてみたいです。

息子が大学時代に鹿児島へ愛しの君に逢いに行った時はもっと話をしてくれた記憶がありますが、何も喋りません・・・・トホホ
まあ、母親と息子だけで旅をしている人なんて見かけませんよね(笑)

そんなわけで、社会人になってるので支払いはしてくれるのでそこは良いのですが・・・・・
何とも珍道中です。


母はあれこれ写真を撮りたいのに先に先に歩いて行く。
付いていくのに必死!
この光景を想像して見て下さい、面白いですから(笑)

ホテルからの道路沿いには子規の俳句碑があります。
待っててくれないので沢山は撮れません。

DSC_5362.jpg DSC_5361.jpg  DSC_5360.jpg

初代城主 加藤嘉明公の騎乗像です。(横からも撮りたかったなあ・・・(笑)
DSC_5366.jpg

嘉明公は現在はこのように「よしあきくん」 になっています。

DSC_5415.jpg

勝手にお城の入場券を二枚買い、さっさと進んでいく。
登るにはロープウェイとリフトがあります。
「かあさんどっちでも好きな方に、俺はリフトで行く」
と言ってさっさとリフトの方へ。

今までの私なら そりゃあ一人になっても怖いのでロープウェイへ行くでしょう。
でも、霧ヶ峰で体験しましたから、初めてではありませんよ。(なんて自信たっぷりとは言えませんが)
それに車山よりは低いし。

「乗り降りに不安のある方は・・・・・・・・」という看板が見えます。
「乗り降りに不安な方はって書いてるよ  ・・・」と言っても他人のふりをしている息子は反応なし。
そんなことを言ってる私の言葉を聞いていた係の人は、
「不安ですか?」
「いえいえ、看板読んでただけで・・・・」と説明する間もなく、さっさと息子は乗り込む。

「あぁ・・まあ・・・」と言ってると、係の人は操作する人に合図!
そうすると、リフトの進行が今までよりもかなりゆっくりになりました。
乗り込みやすいのです。
そういう事か・・・と納得。

無事に乗り込みました(笑)

DSC_5373.jpg

ここは下に頑丈そうな金網が張ってありましたので、怖さは少しだけでした。
写真を撮る余裕もありましたからね(笑)

DSC_5379.jpg DSC_5378.jpg DSC_5377.jpg DSC_5376.jpg


「何でも写真撮るんやなあ」と面倒くさそうに言うし、 歩く速さも違い、さっさと先に行くし、母と一緒になんてイヤだろうと
「母さんはゆっくり写真撮りながら行くから先に行って良いよ」と言ったらさっさと先に行きました。
こっちはゆっくり自分のペースで歩けます。
急かされるよりその方が良いもんね。

城に入る坂道は急でした。

ここも丸亀城に負けす石垣は綺麗でした。そう言えば彦根城も、綺麗でした。
何処もお城の石垣って美しい角度で築かれていますね。
美しいだけでなく、敵から守る為にも色々考えられているのでしょうね。
城のシロートなので詳しくありません。(というダジャレも挟んで置きます。)

DSC_5383.jpg
DSC_5387.jpg DSC_5389.jpg DSC_5388.jpg

前もってかっとびさんに行くことを伝えておけばレクチャーもあったのでしょうが、何も知らずです。
あとで聞くとここは門が特徴があるとか・・・・
ここでしょうか?
DSC_5404.jpg

DSC_5405.jpg


帰って調べたらこんなに門がるんですね。
へぇ~~~~
写真はネットの方がとても良く分かります。
でも実際に行かないとね(笑)

松山城
http://tompei1.la.coocan.jp/Ph-Matsuyama.htm

http://castle.jpn.org/iyo/matsuyama/22.html



DSC_5394.jpg
DSC_5402.jpg

DSC_5403.jpg
DSC_5400.jpg
DSC_5401.jpg

ボチボチ登っていくと天守閣の一番上で待ってました(笑)

「いよかんソフト  っていうのがある。 食べよう」   と言っても
「いらん」

結局一人で買って一人で食べました(笑)
いよかんのママレードが付いていて美味しかったですが、マーマレードの分高かったです(笑)
DSC_5409.jpg

よしあきくん  との写真も一人で撮りました(笑)

DSC_5408.jpg

さだまさしファンの友人と旅をすると、いっぱい話すことがあって楽しいのになあ・・・・
風景や、町並み、名物、 特産品、 歴史、何でも話すことはありそうでしょ!
もしそういう話題が無くてもさださんの事を話せば限りなく会話は続きます。
でもこれじゃあねえ・・・・・

でも まあこんなもんか・・・・・

つまらんなあ・・・・・・

昼食は道後温泉近くのガラス美術館の隣のおしゃれなお店に連れてってくれましたが・・・・・・

DSC_5422.jpg


DSC_5424.jpg
DSC_5425.jpg


こういうお店はカップルか、女性のグループのみ。

男性のグループもいないし母と息子なんてのはいません。
スープ、サラダ、パスタ、パン、 珈琲、デザート どれも美味しいものですが、全く喋らずにランチを食べても美味しいわけないですよね。

DSC_5430.jpg

はいはい、そんな旅でした。
もう直ぐ27歳、 子供のいる同級生もいるくらいなんだから母と一緒になんてつまらんですよね。
ちょっと残念な子離れしない母でした。




コメントの投稿

非公開コメント

ままさんこんにちは

珍道中ですね!お二人で歩く姿を想像したら笑ってしまいました。
でも、ままさんが写真撮ったり、歩くのがゆっくりならば先の方でちゃんと黙って待ってるはずですよ!(笑)
息子ってそんな感じです。
ちなみに私が最初に母と一緒に出かけた時は、恥ずかしくてグリーン車乗せたり、夕飯いい物食べさせたり、親孝行アピールしました(笑)

No title

松山城を高松城と思い込み、旅先だと気がつかず失礼があったのでは…?
息子さんと二人旅とは、なんと親孝行な息子さん。
先に行っちゃうのは、照れ隠しなんですね。
微笑ましい旅のご様子お裾分けありがとうございました。

いやぁ、黙ってでも二人で旅ができるだけ幸せですよ!33にもなる我が息子はせっかく近くまで行ったからと立ち寄っても、車で走りながら、“あっち職場”“あっち家”で連れてってくれもせず、食事(ファミレスみたいなとこ)に連れてってくれただけで、泊まってるところまで送ってくれておしまい!まあ、親ばなれしない子よりマシかと開き直っている母!欲をいえば、いい加減に身を固めてほしいですが、当分無理かなぁ!金ほしいは言ってきたことないけど、たまには“元気でいる”は聞きたいですね。メールしても返事ないのが当たり前状態で↓関西に帰ってきても家に寄らず友達とこでUターンしていくやつです!!

管理人返信

v-339案山子さん  いらっしゃい
実は夕食は何にしようかという事になって、「こんな機会は無いだろうから、すっごく美味しいお肉を食べたい!」と言ったら。
めちゃ高いお肉を食べさせてくれました。

貧乏性の母にとっては驚きの価格でした。
流石に美味しくて口の中でとろけました(笑)

支払いは勿論息子!ちょっと大きな顔させました。



v-339季節はずれの薔薇さん  いらっしゃい

まあ他人のようにして歩くのは仕方ないですよね。
ベタベタしてる方が変ですものね(笑)
親離れは進んでいるようです。


v-339サクラサクさん   いらっしゃい

それは自立している証拠ですよ。
最近は親を当てにしている息子が結構いますからね。

「金欲しい」 がないのは上出来ですよ。
安心して下さい。
プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード