熊本応援の旅  5

最後は熊本城です。

水前寺公園からガイドさんと一緒に市電で移動しました。

御存知の通り熊本城も震災の被害が甚大で、中には入れません。
外からぐるっと一周の見学です。
これは実は今こそ見られる貴重な風景なのです。
通常は中に入り、城の建物を本丸、天守閣と見学することがメインです。
所がこの震災で中に入っての見学はできませんが、逆に普段見過ごしている、外から見る景色や、石垣が壊れた事によって、その作りの内部を見ることが出来るという利点もあります。
そう思うと今こそ見ておくべきだとも言えます。

びくともしていない部分もあれば土台が崩れ落ちてしまっている部分もあります。
土台だけの被害でしたら、上部の建物は移動させておいて、土台を修復、再建してまた元に戻すこともできるそうです。

447.jpg

加藤清正の再建城で後に細川藩の城となります。
西南戦争直前に大きく消失し、現在のものは再建されたものだそうです。
443_201611222123396fa.jpg
444.jpg

細川氏は城の外に住み橋を通って通勤していたそうです。
448.jpg

今回は震災後の現状を少しでも伝えられたらと思います。
熊本城は銀杏城とも呼ばれ銀杏の木が沢山あります。
丁度見頃でした。
451.jpg


ガイドさんと薔薇さんは熊本の話に花が咲きます。
461.jpg


西南の櫓はなんとか無事でした。

西南の櫓

テレビでよく出ている飯田丸五階櫓はこの様になり、今補強の鉄骨が組まれています。

側で見られるのはこんな風でした。
454.jpg

457.jpg

よく見える場所にという事で近くの市役所の上に上がってみてみました。

543.jpg

546_20161122215740367.jpg
やっと支えられて建ってるという感じです。



471.jpg
近くまで行けないのでズームすると
472.jpg


474.jpg

崩れた石垣の石は全て小さいものお捨てずに
集められています。


473.jpg


大きな石にはガイドさん曰く 「何丁目何番地という住所」が書かれていて、修復の時にジグソーパズルの様に組み合わせて行くそうです。
その際に現代ですね、出っ張り具合、引っ込み具合大きさ等をコンピューターが判断してつなぎ合わせられるピースの石を見つけるのだそうです。
496.jpg

分かりにくいですが番号を書いています。

527.jpg

通行止めになってる所、
477.jpg
476.jpg

いたる所に崩れた石垣があります。

493.jpg
491.jpg

492.jpg
497.jpg


遠くから見ると何事もなく本丸も建っているように見えますが、
490.jpg

よく見ると鯱が落ちているし、屋根もメチャメチャに瓦が落ちています。
ズームするとぼやけていますが分かりますか?



513.jpg

516.jpg

加藤神社へ行く途中も崩れている所があります。
鳥居はコンクリートだそうで無事でした。
加藤神社 (5)

507.jpg


参拝客を受け入れたいとのことで、この様に補強しています。

525 - コピー
508.jpg
加藤神社 (3)

石工さんが彫ったと思われる観音像が本来なら裏側にあったものが震災で崩れたために出てきました。
521.jpg 522.jpg

この石垣をパズルを合わせるように修復するのは大変な作業だと思います。
526.jpg 530.jpg 532.jpg
533.jpg 679.jpg


市役所から見ると細かい部分が見えないので、とても美しい熊本城の姿のように見えました。

544.jpg

545.jpg


市役所では被害に合われた方々が、様々な手続きをされている様子でした。
そんな人達の横で見物客としている私達は何だか申し訳ない気分でした。
せめて、これには協力したいと思います。

523.jpg

市役所前でガイドさんとはお別れです。
最後に仰った言葉に辛い状況に何だか暗い気持ちだったのがフッと解けて行くようでした。
ガイドさんは
「言わずが花 という言葉があるでしょう! だからそうしましょう」

どういう意味か直ぐには分かりませんでしたが、少し考えて分かりました。
約3時間ご一緒して、色々私達の正体はバレてしまいました。
沢山さださんのコンサートに行ってること、年末にはカウントダウンにも行くこと、仲間が100人はいること、等話しましたから。
コアなさだまさしファンだと分かっているが、”言わぬが花”  なのです。
ガイドさんはガイド仲間の皆さんに今日案内した 『夜桜大学院学生会』の人は、「博多の中洲の妖艶な美人で色っぽいママだった」とお話しになると思います(笑) 
それが”言わぬが花”という意味でしょう。

やはりさだまさしファンのオバサンよりは中洲のママの方が嬉しいでしょうね(苦笑)

「100人もいるならどんどん夜桜大学院の学生を送り込んで下さい」とお願いされましたので、中洲のママになる自信のある方は(笑) くまもとよかとこ案内人会へ連絡してどうぞお出かけ下さい。


熊本駅まで薔薇さんに送って頂き、帰途に着きました。
556.jpg

くまもんさんの駅長室があり、駅長さんがいらっしゃいました。
562.jpg

560.jpg

558_201611232353291d0.jpg



追記
今回の旅では薔薇さんに大変お世話になりました。
独身時代に雑誌のペンフレンド募集コーナーで知り合ってから長期の空白がありながら、こうして仲良く出来るのは縁があった相手だったということでしょう。
車の運転他本当に有難うございました。
急に行けなくなったロザリーさんにはとても残念でしたがこれが最後ではなく応援は続きますので、次回はご一緒できる事を願っています。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ままさん、熊本被災地訪問お疲れ様でした。
私事で急にご一緒できなくなり、ご迷惑をおかけしました。
ままさんと薔薇さんとの道中をブログ記事で拝見して、ご一緒できなかったこととても残念に思います。
熊本もまだまだ、これからと思えますが、地元でさえほとんど報道はされません。足を運んで自分が出来る事をしていきたいと思います。

ボランティアガイドの熊本よかとこ案内人の会に私が行けなくなり、人数変更の連絡をした時の電話口の向こうの盛り上がりの謎がとけました。私がガイドをお願いする時は中洲のママにはなれないので、本名でお願いしたいと思います。

No title

ままさんの旅がやっと終わりましたね。
いつものことながら、そのバイタリティーには、
いつもいつも感服しています。
いつも思うのですが、写真の撮り方がお上手です。
きっと、ブログ記事を組み立てながら写真をとっていらっしゃるのでしょうね。
カウントダウン心置きなくご準備くださいね。


No title

この旅の日程が本当に2泊3日だったのかしらと思うほど、様々な出会いやエピソードあり(ネタもあり)、とても良い旅をされたことがよく分かりました。
災害の状況を実際に目の当たりにすると、何かできることはないかとまた強く思われたことでしょう。
熊本応援の旅のご様子教えて頂き有難うございました。
なかなか今すぐとはなりませんが、『夜桜大学院学生会』の一員として、
熊本を訪ねたいと思いました。

長い旅のブログありがとうございました!!今年は九州へ足を踏み入れられていない歯痒さを、自分が行ったような気分で読ませていただきました。熊本はわたしにとって、特別な町、熊本城はホントに感動して見たのが5年前、東日本震災のあとでした。ようやく今年、その東北の海岸沿いの被災地を自分の目で見ることができて、複雑な思いに胸が痛みました。ここ阪神でも、20年以上も近所の屋根にかかっていたブルーシートが、去年やっときれいになったばかりです。お松明を10年は届けるとおっしゃるさださん、なが~い支援、なが~い応援が、どの町にも必要だと…ままさんのように行動はなかなかできませんが、ちょっとした心遣い続けたいですね!こんなわたしでも夜桜大学院に入学できるかしら?

お疲れ様です

夜桜大学院学生会の皆様お疲れ様です。
熊本の「今」の報告を見させていただき,「熊本のこれから」を応援していきたいと改めて感じました。

管理人返信

v-339春風のロザリーさん  いらっしゃい

御一緒できなかったことはとても残念でしたが、十分理解しておりますので、次回は必ず必ず妖艶な中洲のママになって行きましょう(笑)

ドジな二人の道中はそれはそれでとても楽しかったのですが、あなたがいたらハラハラしていたと思います。

まだまだ復旧どころか片付けも出来ていないお宅もあり、応援は続けなければ行けないと実感しています。
薔薇さんから紹介していただいた方も「公費での解体の順番待ち」だそうです。もう1月なのにですよ・・・・・

今度こそはご一緒しましょう。

v-339季節はずれの薔薇 さん  いらっしゃい

そこまで考えているわけではありませんが、大体の筋道や、必要な写真は考えています。

でも失敗もよくあります。
あの写真を撮っておけばよかったと後悔すること多いです。
そんな時は同行者の方に頼ったりします。

良いカメラ持ってないし、本当に素人丸出しの写真です。


v-339アカショウビンさん  いらっしゃい

もっと的確にお知らせできれば良かったのですが・・・・下手ですみません。
使命感だけは持っているのですが・・・

是非是非中洲のママになって下さい。
ガイドさんたちも待っていると思います。


v-339サクラサク」さん  いらっしゃい

夜桜大学院に入って是非出かけて下さい。

私は皆さんの想いを代表しているだけで、大したことは出来ていないのが心苦しいのですが、ブログという手段でほんの少しでも現状を伝えられたらと思って出かけました。

しかし、何も出来ていないことに反省ばかりです。

もう一度行かなくてはと思っています。

v-339岡山の寅さん   いらっしゃい

拙い報告ですみません。

寅さんも是非お出かけ下さい。

一人では何も出来ませんが、皆さんのあと押しがあるので動けるのです。
これからも宜しくお願いします。

プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード