2016カウントダウンコンサートレポ 二部

♪♪ 遠くへ行きたい

さっきの桃太郎と同じ人ですよ(笑)
あれもさだまさしですよ。
テレビ入ったらもっと酷いことをやりますよ。
「 ピコ太郎に似てますね 」ってスタッフが言うんですけど似てるんんじゃなくて似せてるの!

倉田くんが第2楽章であれだけやったからギャップで良いんですよ。
この桃太郎も何処かで見てもらう方法を考えますよ。


Youtube」・・・・・
NHKでは何ていうんでしょう?
あなたの管?
(無理やり日本語にしなくてもあせる)
内視鏡検査みたいで嫌ですね。
内視鏡検査やった方がいいですよ。
いつも仲のいいお医者さんのところでやって貰ってるけれど、恥ずかしいね。
「 さださん、これ別のカメラですから 」って。
下から来たカメラ、上に行きたくないのよ(そりゃそうだ)
俺、反射キツイのよ。
暴れないようにマウスして、「 さださん、溜めて 」って勝手なこと言うよね。
白いう〇こ出るのやだよね。
バリウムは「 ゲップ止めて 」とか勝手なこと言うなよ。
四国に行ってうどんばかり食べてると、バリウムになると思うわ。

(「遠くへ行きたい」で永縁(えいえん)のアルバムジャケットをスクリーンで映していたので)
永縁をスクリーンで出しておくとPPAPが入っていると思って(途中で)止めたの。

山口でのコンサートで声が出なくなってキャンセルして、イベンターが心配して岡山大学病院へ連れてってくれて、検査したんです。
女医さんだったけど鼻から管を入れて、その時アイドルだったんだけど
(会場から「 え~~~ 」の声が)
アイドルだったの。今、え~って言った人はアイドル時代を知らないな。
その時はアイドルだったんだから。

オレ、反射キツイんですよ。直ぐにオエッとなる。
舌触られるとげぇ~~と。
いや、もっと上品な話ししましょう。
鼻から管入れて・・・
その頃アイドルだったから、見られたくないのに病院中の看護婦さんが集まって来て、「写真撮ってください」って。
そんな時嫌だよね。辛かったわ。



「遠くへ行きたい」を聴いて頂きました。
僕は町の歌が書けないんです。
旅の歌は「遠くへいきたい」に尽きるでしょ。
遠くへ行きたい時ってあるよね。
行って見つめ直すと、今追い詰められてる場所も違って見えるかも。
帰って来なければ知らない町で踏ん切りつけて何か始めるのもいいよ。
誰も自分を知らない場所で始めるのもいいじゃない。
逃げるのは嫌だけど恥じゃない からね

うろ覚えの人は歌詞出るからね。
みんなが知ってる歌を歌おう。
永さんもみんなで歌うと喜ぶと思うから。

♪♪ 上を向いて歩こう

永さんを失って、永縁で歌い直してみてさだがテーマにしてきたもの永さんは全部やってた。
生まれて   行きて   死ぬ
この生きる の中に喜びも悲しみもあるから両足で立っていられる。
喜びも何もないで何十年も生きてられないよ。

何かこうみんなで歌えるのっていいよね。
俺の歌ってないよね(みんなで歌える歌が)
ある? (あ~あ~、あああああ~ は歌えますね。笑)
会場でデカイ声で歌う迷惑なおばさんがいて、友だちに言われたの。
あんたの声聴きに来たんじゃないって。


泣いて、笑って、一番は人情落語を聞きに行く、でなければ さだまさしコンサートに行く
心が動いて笑って、いて、感動して、キュットする事が大切。
それには知らないことに出会うこと。
皆さん歌ってる時いい顔してたよ。
歌うって身体にいいよね。
案外役に立ってるよね。
さだまさし歌、上手いよね? 自慢?

僕はいつもだから分からないけれど、ゲストで来た人が 
「さださんのお客さんって歌上手いですね」って言うので、「君のお客さんそんなにダメなの?」って言うんですよ。
稲佐山で他のアーティストが言うので。

もう一曲歌いましょう

♪♪ 見上げてごらん夜の星を

人間の声っていいよね。
僕は叔父と暮らしてて色んなことを教わった。
寒い時、有馬記念で覚えておけと言われて、帰り何で歩いて帰るかな。
有馬記念で止めておけばいいんだよ。
(お金が)最後まで使うのは(その時)止めようと思ったんだよ。
それなのに、借金するんだよ。
叔父の所属してた合唱団のギター伴奏していた。
新宿に「ともしび」という歌声喫茶があって「トロイカ」とか歌っててそこの歌集があって、歌声喫茶をやれば良いなあと思ってるんです。



ディナーショーで、(みんながさださんに)話しかけて来るんだよ。
(ディナーショーは)高いんだよ。
ディナーショーは食事がメインで僕は添え物。
(いやあ、そりゃあ皆さんさださんがメインでしょう)ディナーショーなんだから、ディナーさえ出ればいいんだよ。

歌も真剣に聴いてるんだよ。泣きながら聞いてる人がいる。

みんな(さださんに)話しかけて来るんだよ。
「 この間、郡山で2列目だったんですけど、覚えてますか? 」って覚えてないよ。
写真持って来てくれる人もいる。
「昨年までずっと一緒に来ていたのですが、今年は一人です。写真を持ってきました」
ああそうか、去年までは一緒に来てくれていたんだな。
こうまでして来てくださるんだと思うと、もっと頑張らなくてはと思う。

私は歌詞を思い出すのに必死なの。

僕のお客さんは僕の話を聞くのがもう飽きてると思うことがあります。
さださんに自分のことを語りたいみたいで、
「さださん!あのね!」をやろう。
あなたの人生を聞こう。

高いお金取って、昼しかやらないの。
やる季節はお彼岸しかやらないの。
みんなの人生を聞く(笑)
どう?付き合ってくれる?倉田くん。


こうして歌える自分、歌わせてくれるお客さんに感謝。
こんな忙しい時にやって、家を捨てて来てくれる人に感謝。
そのためには元気でいないと行けない。
そのために来年は痩せます!

忙しい中ビデオ作って、あれだって一日掛かるんです。
大変なんです。

次の曲は知ってても歌わなくて良いです。
これはさださんの歌を聞いてほしいです。
人は生まれ生きて死ぬ
生きてを忘れがちな僕らに生きてを教えてくれた永さん、八大さん。
八大さんの美しいメロディー、そしてすごいのは曲が短い!(笑)


♪♪ 生きるものの歌


すごいでしょ!
永さんが歌ってる曲なので遠慮してたら、力丸さんが「絶対に歌って欲しい。これを歌わないと画竜点睛を欠く」と言うので歌いました。
力丸さんというのはこんにちは赤ちゃんの赤ちゃんですよ。
人生は二度死にます。
永さんが言うんですが、「人は二度死ぬ。一度は肉体が死んだ時、もう一度は忘れ去られた時」と
歌もそうです。
誰かが歌い続けていてくれる限り生きてる。
坂本九さんは生きてるんです。
バトンを繋げれば、次の世代に繋げば100年生きていたら表彰されます。
10年、20年の変動は変動と言わないの。
僕は 「こんな素敵な歌があるよ」  というバトンを作ったんです。
沢山の人に聞いて欲しい。

生命は一つしかない大切なものだと伝えてきた。

春日大社の番組観ましたか?
春日大社に呼ばれて、めちゃめちゃ時間がない中、行って来ました。
あなたは神(髪)が生えますか?(爆)
4殿の神様(武甕槌命 (たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬしのかみ)、
天児屋根命(あまねこやねのみこと)、比売神(ひめがみ)の
1殿が武甕槌命で、藤原の先祖。
2殿が経津主命で、刀が御神体と云うこともあって、見事な太刀ですね。
やたら国宝になった物は神様に返すことは出来ない。
今回造替に合わせて返還しました。
45分のドキュメントでは足りない。
もう神様の元に入ったのだから、もう見ることは出来ません。
1000年安全に護られるんだろうか。
螺鈿(らでん)に4コマ漫画のように猫ちゃんが描いてあって、息がかからないように
「 いい仕事してますね 」と口を押さえながら言ったら、NHKの人が
「 さださん、ふざけないで。それは生さだでやって! 」と言われました。
鞘は間に合わないから5年前から作るんだって。
合わなかったらどうするの? と言ったら、刀って、ああ見えてもどちらかに
反ってるんだって。
カッチっと入って合った時には震えるほど感動した。

再放送があると思うので見て下さい。

来年はお客さんに気を遣わないようにします。
小田和正さんを見てそう思います。


♪♪ おそらくあなたに聴こえない小夜曲

♪♪ 舞姫



よしっ!
まだまだ、夜はこれからですよ。
(会場から「 頑張れ~ 」の声が)
一所懸命、歌ってるんですけど。
僕のお客さんって、こうグー(拳を握るような感じ)で聴いてくれているんですよ。
フェスティバルホールは僕も好きなホールなんですけれどね、
フェスティバルホールである時、歌っていたらチクチクと痛むの。
ふっと気がついたらお客様全員が僕と一緒のところでブレスしてるわけ。
ふっと俺と一緒にふっと言っているのに気づいた時にはなんて恐ろしいことが
起こっているんだろうと思ってね。

その瞬間みんながオレを見てると分かったの。
そしたら痛みだしたの身体中が。指すような痛み、指すような視線って言うじゃない、そうなんだよね。
僕の歌をよく知ってる人は僕と同じ所でブレスするんだよなあ。
一緒に歌ってるんだよ。これって凄いことなんだよ。
凄いことだって分かる?



次の曲まであと5分!わかったよ。(そういう知らせが入ったみたいです)
そんなにあるの。
一年間歌わせて頂く中でこんなに沢山の方がコンサートに来て下さる。
本当に感激ですわ。

まぁ、ちょっとね最近インターネットで気に入らないことありますわ。
同じ値段じゃなく随分高く売ってね、これは明らかに転売目的ではないか? 
と云う物に関しては非常にガッカリしますね。

あのぉ~ようするに、僕らは金額上げたい訳じゃないんですよ。
段々に僕もそんなに昔みたいに何度も何度もコンサートが出来なくなる。
だけど、僕のような歌い手ってね、ドーム形じゃないのよ。
分かる?
ドームで歌っても似合わないんだよ。
やっぱり、こうね、手渡ししたいの。
これが限界ですわ。ありがとう、そこに座ってくれて。本当にどうもありがとう。
一番後ろの端っこ、ありがとう、本当にありがとう。
見えてるからね、ちゃんとこっちからは。
そっちからも見えてるだろうけれど(笑)
そっちから見えてないと困るな(笑) ありがとう、ありがとう。本当にありがとう。
こっちの端っこの方、生さだ始まったら僕のところ見えなくなると思うんで、
ごめんね。画面でちゃんと見てててね。
画面ではちゃんと見える。
こっちの端っこの方、すいません。
多分、明日首が痛いと思いますけど。

すみませんね。色々都合があるもんでね。
こうして沢山の方が足を運んで下さる、本当に回数もそんなに多く出来ない。
やっぱりそりゃ体力が必要だから、あの案外体力必要なんです。コンサートって。
で、段々歳を取って来るとね、昔みたいに3日やって1日休んで3日とか、
そう云うペースはとてもじゃないけど身体も持たないしね、声も持たないからね、
回数は少しずつ減っていく。
その分、ちょっとずつチケットも上がっていって、本当申し訳ないと思う。
もう限界かなと思うけど。

鶴瓶が「 15,000円までいける 」って言うんだけどね(笑)
あの、それはね。どう云う意味かと言うと、これにいくら払えるかと自分で計算したらしいの。
鶴瓶が。ね、僕のコンサート聴きに来て
「 まっさ~ん、15,000円までだったらいけるで 」って言ってましたから、
15,000円までだったらいけると思いますけどね。
まあ、そんなに高くするつもりありませんけど。
精一杯、精一杯やっております。

もう段々ね、これから移動するのも辛くなって来たら、もう、俺ここで歌っているから
聴きに来てって時代に入っていくんでしょうね。後5年ほどあったらね。
もう、東京はずっと何かず~っと1ヶ所で1ヶ月間やるとかさ。
あの、新橋演舞場なんかでさ(笑)1ヶ月間やるから聴きに来て、越路吹雪的な。
いいなぁ…そんなん出来たら。
それで、名古屋も年に1ヶ月間、御園座か何かでやってさ、いいなぁ。
大阪も新歌舞伎座?う~ん、うん。京都の南座もいいなぁ。
博多は博多座があるからね。そう云うところで1年、4ヶ月しか働かないと云うの
いいと思わない?
あと休んでるの。ぐた~っと。
もう最後はお医者さんと看護師さん連れて出て来るからね、俺。
俺、座りっぱなしでも歌うからね、こうして。
あの、点滴しながら。
1曲歌う度に看護師が出てきて血圧測ってね(笑)
「 130-75。はい、もう1曲大丈夫です。あ、上が135になりました。
もう1曲で止めて下さい。 」そんなこと言われながらね。
僕は血圧が低いんですけどね。
時々、血圧が低い人間でも緊張と疲労で以ってプっと急に血圧が上がることもあるのね。
それ何度か経験しています。
僕、ステージでも経験しています。
そう云う時には混乱しますよ。
あの、緊張している分混乱してね。
あの、夢を見ているような気持ちになってしまってね、本当に怖い思いするけれど、
そう云うことのない様に自分で身体をちゃんと鍛えながらね。
まあ、そう云う意味ですよ。さっき痩せるって言ったのは。
別に何か数値が悪くなって、さださん痩せないと成人病が…って言われた訳ではないですよ。
全然、そう云う心配ありませんからね。
ただ、一所懸命頑張って頑張ってやっている。


ここに自分のポケットにあるものを惜しまずに置いて、今日のコンサートを終える。
明日のこと考えないで今日が最後だと思って一所懸命ポケットにあるものをここに出すにはね、気力も体力も本当にいるんです。
それで、やっぱり笑えなければつまんないしね。
でも、笑うだけじゃつまらないしね。
そんな思いで『風に立つライオン』を歌おうと思います。


♪♪ 風に立つライオン

風に立つ素晴らしいね。
『風に立つライオン』と云う歌は色んな人たちに不思議な影響を与えて、
歌を作るまでにもアフリカに行って帰って来たお医者さんと出会って、15年かけて書いたんだけど、15年かけて僕の中にはアフリカを築き上げて行って、ようやく歌に出来て、さっきも申し上げたでしょう?
僕はそこを旅する歌って云うのを作るのが下手だ。
そこに住んでいるような歌を書きたくて、そして、こんな歌を書いた。
そしてアフリカに大沢たかおさんのお陰でね、連れてって貰って
あのサバンナに立った時に、自分の心の中で作ったアフリカと現実に見るアフリカに
寸分の違(たが)いがなかったことに驚きました。
嗚呼、全然違うね。
大き過ぎもしない、小さ過ぎもしない。
嗚呼、これがアフリカなんだ。
ただ一つ。
意外だと思ったことは、あのサバンナを吹く風のあの何とも言えない風。
地球の息吹のような風がザ~~~~っと吹いている。
強くもなく弱くもない風に吹かれた時に嗚呼、これが地球の息吹なんだ、と
本当に改めて思って。
僕は行ったこともないアフリカで、アフリカの歌を書くのにどうして
「 風に立つライオン 」と、この風のことをタイトルまでにイメージしたのかと思った時に、
この歌は自分で作った歌ではなくて、やはり神様から戴いた歌だと云う風に思いました。


なかなか神様から戴くと云うのはね、本当にこっちもちゃんと材料を用意して
そしてちゃんと作る作業場を用意して待っていないといけない。
だから、簡単に新しい歌でいい歌が作れるとは思わないけれど、
まだまだ、神様から何か戴く物があるとすれば、それは、自分を通じて
歌にしていきたいとこう云う風に思います。
まあ、同じことをブラームスも言ってるんですが、ブラームスと自分を比較しちゃいけません。
超、非常に素晴らしい音楽家ですから。
ただね、春日の神様は音楽の神様。
春日の神様はね、時々嫌になったら「 嗚呼、もう止めた」帰ろう 」って向こうに帰る支度を
始めるそうです。
山木枯槁(さんぼくここう)と言います。
これはね。一斉に三笠山の数万本の木が枯れ始めるんです。
数万本枯れるそうです。今までに12回あったそうです。
そして、困ったと思ったら陛下に奏上(そうじょう)するんですね。
そしたら、陛下の方から「 じゃあ、やりなさい 」ってご許可を頂いて、
そこで御神楽(みかぐら)をやるんです。
つまり、音楽と云うものは神の言語であると云う考え方なんですね。
なるほど、素晴らしいなぁとつくづく思います。
ですから、僕らは良い書記官でいなければいけないですね。
神様の良い書記官でいるには、自分も栄養をつけ、勉強をし蓄え、
材料いっぱい揃えて「 さぁ、いらっしゃい 」とこうね、いつでもこうね、迎えていないと
いけないんですね。
このところ歌と小説とフッと分けるようになってしまったんで、まあ、そこも考慮しながら
まあ頑張っていきたいと、こう云うことを考えています。
ありがとうございます。

今年は、もう繰り返し申し上げて来たとおり、別れの年でした。
沢山の人と別れて、僕の松原正樹を2月に失い、そして4月に母を亡くしました。
5月には恩師、安本衛を失いました。
7月には永六輔さんを失った。
まあ、だけど人は別れるけれど、僕が記憶する限り、この人たちは死なない。
永さんに教わったこと。
もう直ぐ年が明けます。
辛いことがいっぱいあっても、もう今年に置いていきましょう。
そして来年が素晴らしい年になるように、もし知っていたら一緒に歌って下さい。
『大晦日』


♪♪ 大晦日

5000人のペンライトの美しいこと!

さあ、あと15秒で新しい年が来ます。
みんなでカウントダウンで迎えましょう!!

1時59分50秒
9・8・7・6・5・4・3・2・1

おめでとう

♪♪  春爛漫

いいね。新しい年になりました。
頑張るぞ~~~!!


(後半1時間分は文化放送ラジオの文字起こししています)
-完-
NHK生さだで演奏した曲目は↓
・岩崎宏美 夢で会いましょう
・平原綾香 アリア-Air-
・若旦那   誰にも負けたくない
(敬称略)






コメントの投稿

非公開コメント

生さだのさださんの歌

NHK生さだで演奏した曲目

ですが、さださんは

シラミ騒動第三楽章
遥かなるクリスマス

の2曲を歌いました。
体力使う曲ばかりでしたね。

管理人返信

v-339かねごんさん  いらっしゃい

あの時間にあの声量での「遙かなるクリスマス」 は流石ですね。

あのお元気を見習わないと。
プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード