遅ればせながら永さんを知る

昨年7月7日永六輔さんが旅立たれてから、改めて永さんの偉大さを再認識しています。

先日CDを買い聴いてみると、その魅力に益々引き込まれました。
さださんが自分の歌作りの原点だという永さんの作品の数々。
人が産まれて生きて、嫁いで嫁がせて、傷ついたり傷つけたりして生きてゆく事の全てが永さんと八大さんや、いずみたくさんの作品にはあります。

もっともっと永さんを知りたいと思って遅ればせながら、クリックしたものが届きました
DSC_6415.jpg


さださんがやろうとしていることを永さんは既にやっていたんですね。
特定非営利活動法人 ゆめ風基金を阪神淡路大震災のあと小室等さんなどと立ち上げ、自然災害の被災障害者を支援しているのです。
文庫本の印税も「ゆめ風基金」 へ寄付されます。

「ゆめ風基金」 HP
http://yumekaze.in.coocan.jp/

永さんがお亡くなりになった後出版された「永六輔の伝言」 は読み終えました。
永さんの語る言葉には帯にあるように 『昭和の気骨』  があります。 
また、書かれている永さんと交流のあった方々全てに、『気骨』 があります。
どの方の生き方も、平成生まれの若者に知ってもらいたい話ばかりでした。

戦前、戦中、戦後を生きてきた方々の生き様はこれぞ見習いたいと思うことばかりでした。
どのお話にも戦争の悲惨さ、無惨さ、二度と起こしてはいけないという強い想いと、そのための信念ある行動が語られています。
是非一読をお薦めします。


暫くはこの本で”笑って、泣いて、考えたい”  と思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード