(企画) さだまさし曲の風景クイズ 86問 解答編

正解は 『いのちの理由』  でした。


写真は京都 知恩院 です。
私は知恩院へは行ったことがありません。
京都散策をしているブログ仲間の方が。「次は何処へ行こうかな?」 みたいな呟きをなさっていたので、
直ぐに「知恩院へ行って写真を撮ってきて頂きたい」とお願いしました。
主旨は言わずもがなで分かってくださるので、的確な写真を何枚か送って下さいました。
身勝手なお願いに応えてくださりありがとうございました。
知恩院5 - コピー


知恩院3
このご門は通常山門という所 「三門」と言うそうです。

「空門(くうもん)」「無相門(むそうもん)」「無願門(むがんもん)」という、悟りに通ずる三つの解脱の境地を表わす門(三解脱門:さんげだつもん)を意味しています
http://www.chion-in.or.jp/04_meiho/ken/san.html
から引用しました。)

知恩院6

知恩院2


寺社仏閣に関する曲がまだありましたね。
若しかしたらまだあるかも知れませんよ。


知恩院に関連する曲といえば、 浄土宗 宗祖法然上人800年大遠忌 記念曲~「法然共生」イメージソング~として作られた『いのちの理由』 ですね。
http://www.asahi.com/showbiz/music/OSK200905280109.html

岡山の寅さんが解答コメントに書かれているように、法然上人は岡山県の久米南町のお生まれだそうです。
生誕の地に建てられのがその名も 誕生寺
三門 ・御影堂ともに重要文化財となっています。
誕生寺01

誕生寺02

誕生寺03

自称岡山の観光大使だという方(誰だかすぐに分かりますね)から誕生寺の写真が届きました。
以心伝心、まるで86問の出題を予測できたかのように2月16日に誕生寺にいらっしゃったそうです。

誕生寺04

生命・時間・心・をテーマに歌い続けているさださんですが、正面から生命とは、生きる意味とはを歌うのはとても難しい事だと思います。
しかし、分かりやすい言葉で、伝わりやすい表現で見事な曲になりました。

この曲を聴いて涙した人は数限りないと思います。

震災後2番の歌詞に気を遣い「歌いづらい」と感じたこともあったそうですが、皆さんから是非歌ってほしいとの要望が多く、チャリティーコンサートでは欠かせない1曲となっています。

また、コロッケさん、岩崎宏美さん、クリス・ハートさん・などがカバーしたり、コンサートで寺岡呼人さんとミスチルの桜井さんが歌ったりしている事からもこの曲の万人に訴える生きる力の表現力の凄さを感じます。

岐阜新聞の記事にこの様なものがありました。
長良医療センター新生児科医長 ”寺澤大祐” さんへのインタビュー記事です。


岐阜新聞2017年1月8日より
~~~寺澤さんの講演会には「いのちの理由」という演題が付けられている。
「風に立つライオン」が縁で知り合った歌手で作家のさだまさしさんの歌のタイトルだ。
さださんは、自分が生まれてきたのは、両親、きょうだい、友達、そして、愛しいあなたに出会うため、時に人を傷つけたり、救われたりするが、しあわせになるためにだれもが生まれてきたんだよ、と紡いでいる。

この詩の世界は、懸命に小さな生と向き合う医師の姿と重なり合う。
生命の誕生を慈しみ、その子の未来を少しでも長く、と祈りながら治療に当たる寺澤さん。
生と死が絶えず明滅する厳しい医療現場に立つ姿からは想像できないほど、その物腰は柔らかだ。

人の誕生の尊さをあらためてかみしめる。
頭の中で、親、自分、子、未来の孫の誕生の光景が広がり、目頭が熱くなる。
命が繋がれていくことは、やはり奇跡なのだ。  

 by 岐阜新聞取締役編集局長 桐山圭司様

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード