(企画) さだまさし曲の風景クイズ  89問

クイズ89問です。


ちょっと日にちがないので焦っています。
100問に向かって、ネタは十分あるのですが、出題の順番をどうしようかと毎日悩んでします。
誰かに相談したいところですが、それは出来ません(笑)

この写真を撮るために、Amazonで仕入れました。
こういう私みたいなのがいるから、ヤマト運輸のドライバーさんが大変な労働を強いられるのです。
文庫本一つを届けてもらってるので、毎回本当に申し訳ない気分です。
時には缶コーヒーを差し上げたり、みかんを差し上げたり、と私なりにお接待の心を持って感謝を表しているのですが、それでも活発なことに変わりはなく、なるべく纏めて注文するようにしようと思います。


この寫眞から連想する曲は何でしょう?
この曲の寫眞は何が良いかと迷いました。
人物だと肖像権がありますから(たとえ孫でも(笑)

DSC_6843.jpg


はい、これでもうわかりましたよね。
全員正解で、90問を迎えたいと思います。

期限は 3月19日午後10時頃です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こういちままさま

こんばんは。

歌詞では聞いていましたが、
「エーテル仕掛けの水飲み鳥」、初めて見ました。
こんな風なんですね。
この写真のためにこれを買われるとは…。
頭が下がる思いです。

ということで、これが出てくる曲は「廣重寫眞館」しか
ありません。
だから、あえて「寫眞」という字を使われているあたりも
素敵です。

次回も楽しみにしております。

 よっさん

廣重寫眞館

水飲み鳥・・・
こんなのさださんの曲に出てきたっけ?
と思いつつ・・・
ありましたね、「エーテル仕掛けの水飲み鳥」

「廣重寫眞館」でお願いします。

正直言いますと、この曲の入ったアルバム「Sada City」、
あまり聴きこんでいないのです。
すみません。

それにしても懐かしいおもちゃですね。
子どもの頃に流行っていたような・・・

廣重寫眞館

ままさんこんにちは
「廣重寫眞館」でお願いします。
日本中、写真屋さん減りましたね。
記念日に緊張しながら写真館に行くことも、これからは無いのかも知れませんね。
記念日に立ち会える素敵な仕事なのに…。

廣重寫眞館ですね(写真館ではないところがいいなぁって思ってました)
これは例のエーテル仕掛けの水飲み鳥~わあ、懐かしい、あったんだぁ~ん?じゃなくて、わざわざ密林さん?で注文されたままさんの熱意に感服です。
写真館で写真って証明写真しかとったことなく、その写真が飾ってあったときの恥ずかしさは今でも覚えています。テレビドラマに出てくるような家族写真…撮ってみたかったなぁ…少しの後悔です…
先日写真館のおじさんが、そろそろ廃業かなぁ?とこぼされていました。スマホやパソコンの普及で利用が減ったそうです。写真館のベレー帽でもかぶっていそうなおじさんは笑顔だけてくその後ろに見える人生もとってくれそうな…気がするんだけど~時代の流れでしょうか?

廣重寫眞館

問題文の中にヒントが隠されていますね?
「寫眞」 エーテル仕掛けの水飲み鳥の隣 

この二つのヒントでピンときました!

「廣重寫眞館」 で お願いします。

No title

こんにちは、こういちままさま

廣重寫眞館でお願いします。
寫眞の文字を見て、なんとなくこの歌かなぁと思いました。
子どもの頃、我が家にも水飲み鳥がありました。

廣重寫眞館

で、お願いしま~す。

サービス問題ありがとうございます。
答え出てるし(笑)

私は密林でお買い物したことがないんですが、凄いですね~
私も検索してみましたが、こんな物まで売ってるんですね。

ネットショッピングは余りしませんが、今はスマホアプリで
こんなのありますよ↓
http://enjoypclife.net/2016/05/13/iphone-uketoru-amazon-rakuten-kami-app/
密林や楽天でお買い物のが多い方は、今現在荷物がどの辺に
来ているのか直ぐに分かるみたいです。
近くまで来ているとプッシュ通知されるみたいなので、その時間に
合わせて家にいれば再配達は減りますね。
この記事の中にも書かれていますが、受け取り時間を予め変更出来る
オプションがあったらいいですね。
私もこれ、ダウンロードしてみよう(笑)

『廣重寫眞館』

寫眞の漢字だけで『廣重寫眞館』を思いました。
そして、改めて歌詞を読み直して、エーテル仕掛けの水飲み鳥って
これなんだと知りました。
全然歌詞を読み込んでなくて、お恥ずかしい限りです。

水飲み鳥をわざわざ買ってのクイズ、当てなければなりませんね。
鳥だから、と、BYEBYE BLUE BIRDが久しぶりに頭の中を流れましたが、水を飲むのが主題のような気がして、えー?
水を飲むなんて歌詞があったかな〜〜?
聖野菜祭 ですね。思い出せてよかった、でも合ってるでしょうか。
この歌コミカルだけど、歌詞はこわいなぁと思って聞いてました。いつでも本物の水を飲めるのは幸せです。

No title

水飲み鳥ですね。 
子供の頃に見た記憶しかありません。

近くにあった写真館もずっと前になくなってしまいました。

「廣重写真館」でお願いします。

No title

ままさんこんばんは

エーテル人形 朝ドラにも登場してますね。
この人形が登場する曲なら
「廣重寫眞館」でしょうか?

♪廣重寫眞館♪

 えっもう89問!
 ちょっとネットができない場所にいましたので参加できなくて失礼しました。(海外ではなく、単にスマホを持っていないということです)
 「水飲み鳥」懐かしい 置物ですね。
 昔、我が家にもありました。今はどこかの池で泳いでいることと想像しています。理科の教材で使っていました。(今はエーテルは危険な薬品なので小・中では扱っていないと思います。)

今回は問題を読んで行くうちに閃きましたよ。そして、水飲み鳥の寫眞、間違いないと確信しました。
『廣重寫眞館』
字も間違えないようにしないとね。

No title

こんばんは。
今もヒントの写真のグッズはあるんですね。
でも、商品名は??、試しに水飲み鳥で検索したら、まさにこれが出てきました。
問題文をじっくりと読んだら、途中から、写真が寫眞と記されていました。
これもヒント?と連想につなげることができ、クイズ89問目は「廣重寫眞館」でしょうか...

皆さん、素早いですね

のんびり今朝になって拝見しました。皆さん、素早いですね。遅くなりました。『廣重寫眞館』で、お願いいたします。水飲み鳥、実際に見た記憶がありません。知ってる年齢なのに。

♪廣重寫眞館

”この寫眞から・・・?”も大きなヒントでしたね。
「エーテル仕掛けの水飲み鳥」は子供の頃、祖父母の家にありました。どうして動くのか不思議やなと思ったものです。
「Sada City」旅行案内書を読み返しています。
ありがとうございます。

寫眞ですね!

いつもありがとうございます。

「写真」でなく「寫眞」がボーナスヒントですね!(^^)!
♪廣重寫眞館  でしょうか(^^♪
♪みずのみどりの……♪ここのフレーズいいですね(^^♪

今日はヤマトさんのトラックの気配を感じて、ハンコ持って玄関に小走りしました。  大変なのに愛想よく届けてくださる、感謝ですね。

No title

廣重寫眞館

無事に変換できてホッとしました。

懐かしい昭和の香りが漂う曲ですよね。
何故か高校生の時通った街並みを思い出します。

廣重寫眞館

水飲み鳥かわいいです。

「寫眞」の漢字と水飲み鳥で分かりました。

「Sada City」のアルバムもいいですね。コンサートツアー」の舞台も印象に残っています。日本のどこかにありそうな懐かしい思いがします。

水飲み鳥

日にちがないのは何でかなぁ…と、気になるところでありますが(笑)
先日朝ドラを見ていたら「水飲み鳥」と「太陽の塔」が仲良く喫茶店のカウンターに並んでいる、というショットがありましたよ。
「ザ·昭和」って感じですね。

「廣重寫眞館」でお願いします。

廣重寫眞館

優しいヒントをありがとうございます♬

写真の水飲み鳥もけど漢字の寫眞が決めてです。

Sada Cityを聞き直しました。

廣重寫眞館♫

懐かしい風景を詠んだ歌詞ですよね。
昭和のころ、どこかしらのショーウィンドーにはこの水飲み鳥がいましたね。
「ホンコンフラワー」は知らなくて調べました。
これもよくありましたね。プラスチック製の造花♫
コロッケ屋さんにお風呂やの煙突。
全てが懐かしい風景です。

私達の未来はどこに向かっているんだろうかと不安になりますが、
ライナーノーツを読み返したら、さださんが力強く「やがて廣重寫眞館は再開するはずだ」っておっしゃってますね。
これからの若者にいい未来がきますように・・・。

はじめまして

初参加です。

廣重寫眞館   でしょうか?


まだまだ、題名と歌詞が結びつかなくて^^;
プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード