(企画) さだまさし曲の風景クイズ 90問 解答編

90問正解は この時期にぴったりな 『僕にまかせてください』  でした。

数日遅れましたが、春のお彼岸ですね。

いつも以上に反応がよく多くの方が早めに回答して下さいました。
お手玉の威力ですね。

これくらい分かりやすいほうが良いのかなあ・・・・とちょっと考えました。
しかし、簡単すぎるのも想像の翼が広がらないし、思い出したり、聴き直したりが無くなるので、ある程度迷う事も大事かな?
何事も学びが大事です。

今回は藤色のお手玉で全てが理解できますね。

これを見て紫色なんて言う人はさだまさしファンでは無いと思います(意見には・・・・・)
実は出題にあたって、この藤色のお手玉をお願いして直ぐにデイジーの花言葉さんが作って下さいました。
ちょっと無茶ぶりでいきなり「藤色のお手玉が無いんだよなあ」 と言うと、直ぐに手芸店へ走りその夜のうちに作り上げて下さいました。
何よりびっくりしたのは、中に入れる小豆を常備していたこと。
数珠玉があるから送ろうとか思っていると、「家に小豆がありました」  と。
家でちゃんと小豆から炊く人も少なくなってると思うのに、デイジーさんはちゃんと置いてあったのです。
こんな風に皆さんの協力でクイズも成り立っています。

そして他にも協力してくれた人が二人いました・・・・・・
とっても素敵な男優と女優さんでした。


♪♪ 君はその手に花をかかえて 急な坂をのぼる     

1490187588496.jpg


♪♪  僕の手には小さな水おけ  君のあとにつづく

1490187598219.jpg

♪♪ 両手を合わせたかたわらで 揺れてるれんげ草
    あなたの大事な人を僕にまかせてください


1490187900168 - コピー (2)

1490187871902 - コピー

彼はちゃんと お母様に 「あなたの大事な人を僕にまかせてください」   と言えたのかなあ・・・・・・

天気が悪かったけれど、良いお彼岸のお墓参りになったようですね。
協力してくださった二人に感謝します。

この曲はクラフトに提供した曲ですが、さだまさしファンの大好きな曲ですよね。

元々この曲は 『彼岸過迄』 というタイトルだったことは有名です。
『彼岸』 という言葉が暗いと言われて 『僕にまかせてください』  に変わったそうです。

”れんげ草”も”彼岸花” だったそうです。これも暗いと・・・・・
”彼岸花”が”れんげ草”になったのだから、お彼岸も秋のお彼岸から春のものになったのです。

さださんとしては、これから秋、冬を迎えるのだけれど、”君”が来てくれて一緒に暮らすようになるならば

♪♪  僕の部屋もあたたかくなる  
という風に気候に対して人のあたたかさを比喩表現として使ったのに、春の彼岸では気候そのものが暖かくなるので、その表現の深さまで理解されないのでは残念ですね。


~~彼岸、此岸、と言った言葉は、仏教徒ならずとも、良くお解りだと思います。
此の世を此岸、あの世を彼岸。
最初この唄を作った時、題名を「彼岸過迄」 としたのですが、それはもちろん漱石の同題名小説のもじりのつもりでした。
だが、墓参り、というもののとらえ方、彼岸という言葉のとらえ方が、僕と一般的な人々との間に相当なずれがあったようで、
この題名は「暗いのでは」というクレームがつきました。
クレームが付いた理由は、この唄が最初からTVドラマの主題歌になる事が前提だったからです。

僕個人は、彼岸、という言葉を少しも暗いものだと受け取ることが出来ずに困ってしまいました。

この唄の主題は、歌詞の中にある「僕にまかせてください」という言葉が全てでしたから、代替のタイトルとして、ディレクターの川又氏が即座にこの言葉を挙げたというのは、さすが川又さんらしい、素晴らしい機転だと思います。

手桶を下げて「急な坂道」を登って墓参をする光景は、僕が長崎人である以上、仕方がありません。
長崎の墓は全部といって良い程、急な坂道の上にあるからです。

自分でも気に入ってるメロディーで詞は別として好きな曲の一つです。

詞の中で「彼岸過ぎたら僕の部屋もあたたかくなる」理由は暑さ寒さも彼岸迄というこの墓参が、春の彼岸であるからです。
尤も、単にそういう物理的なものごとだけでそう言っているのでないことは、理解していただけると思います。~~~~

     さだまさし 「時のほとりで」  より

という風にご本人が書かれています。
「春の彼岸なら、落ち葉は集めて火をつけるほどないだろう」とか、「れんげ草はまだ咲いてないんじゃないか」とか様々なツッコミもあるようですが、
コンサートトークで聞いたのは、「比喩表現として使ったのに・・・・」という風におっしゃっていました。
タイトルを変えたことで矛盾も出てきたのかな??

でも「れんげ草の咲く時期がちょっと違っても」、「落ち葉が少なくても」 、この曲は暗くもなく、むしろこの二人の墓参を遠くから見ていて心温まるストーリーを感じる曲ですよね。
是非この二人には小さな部屋でいいから、暖かい暮らしで幸せになってほしいなあと聴くたびに思うのです。

89問の二人も寫眞館で写真を撮って飾ってもらうことで、二人心合わせての人生のスタートが見えてきました。

彼女には幸せになって貰いたいので、
写真からは声は聞こえませんが、彼はちゃんと
 「あなたの大事な人を僕にまかせてください」 と 言ったと確信しています。



追記
やっと90問まで来ました。
よくここまで来たものだなあと思っています。
10問正解の12名の方には記念品を様々お送り致します。
春休みで孫達が来てるので、少し遅れて桜が満開になる頃には届くようにお送り致しますので、暫くお待ち下さい。

暫く休んでまたクイズは91問から100問へ向かって再開します。
ストックは10問以上あるのですが・・・・・・
出題の順番には頭を悩ませます。
簡単なものからと思うのですが、季節的なこともあるし・・・・・

この10問はなるべく多くの方に正解していただきたいので、ヒントを増やしましょう。
初参加大歓迎ですので、どうぞ多くの方に参加していただきたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

藤色のお手玉

デイジーさん作でしたか。
素晴らしいチームワークですね。

このクイズのおかげで改めて昔のアルバムを聴くことが増えてこんな曲もあったなあと思い出がよみがえり楽しませてもらっています。
何より勉強になっています。

春休みにぎやかでしょうね。
どうぞ楽しまれてください。

100問まであと10問どんな曲かワクワクしています。

No title

このお二人の写真を見て、もうねぇもうねぇ………泣きそうになっています。
男優さん!お顔は見えていないけど(笑)と~~っても素敵ですよ。
女優さんがこれからはいつも笑顔でいられるように、貴方なら出来ると思っています。
「母」やら「姉」やら私みたいに「関係ないけどおばさん」やら、周りに保護者がたくさん居て(笑)大変だろうけど、お二人の幸せを祈らせてくださいね。

ままさんこんにちは

回答編が映画のような、ミュージックビデオみたいですね!
とてもステキです。
次回の問題の回答編に、二枚目俳優が必要でしたら「僕にまかせないでください」(笑)

この曲の風景にあこがれていた私は、今子どもたちの様子と照らし合わせてしまいます。
年月を経ても、いろあせない名曲ですよね。
ありがとうございました。

そうですか。デイジィーさんの力作ですね!お手玉、懐かしいですね。私がまだ幼かった頃、姉達と車座になって亡き母が上手に扱って?たのを鮮明に覚えています!
時代ですね!
お彼岸は、お日様が出てたので、お参りに出かけました。スコップと長靴で、雪を掘り掘り、辿りつきました(笑)
北海道のお彼岸はこんな感じです!

ほんと、ままさん映画監督のようですね!
👏👏

No title

この曲を初めて聴いたのはアコースティックライブの時で、情景が浮かび印象深かったのを覚えています。
デイジーさん、素敵なお手玉作って下さり有難うございました。
解答編を拝読している間もずっとこの曲が脳内再生されていました。
改めてこの曲と向き合わせて戴き有難いと思っています。
寫眞のお二人もどうぞお幸せに!!

No title

歌詞に添った写真を見ながら、
解答よりも「えっ?えっ?」どういうこと?
フィクション?ノンフィクション?とハテナマークが飛び交いましたが。

素敵な「君」と「僕」ということなんですね。
これからの未来が、「あたたかい部屋」となりますように。

デイジーさんお手製の「藤色のお手玉」が幸せ色に見えてきましたよ。

さて、90問、出題・解答有り難うございます。
100問目まで参加するぞー!

デイジーさんにいつもながらひたすら感動!!
そして、すてきなお二人の俳優さんにまたまた感動!やはりママさんの周りにはすてきな人たちが集まるんですね~
歌を噛み砕かずに聞いてしまうわたしには、懐かしい歌…だけになってしまいますが、ほんと勉強になります。人生ひたすら勉強ですね~

人生ドラマ

デイジーの花言葉さんの手の技に感謝します。器用で心こもる作品を作り上げる名手さんと思います。そして、すてきな男優さんと女優さんのお二人。人生ドラマティックと思いました。きっと、このお二人は末長くお幸せになると、皆さんと応援します。ままさんの協力者の方々に感謝します。

No title

好きな曲の一つです。
確かに春なのか、秋なのかと思うところもありますが、どちらにしても、
お彼岸のお墓参りをきちんとする若いお二人の将来に、幸せが来るように、と祈らずにはいられません。

デイジーさん流石ですね。拍手を送ります。👏

お手玉はデージーさんだったのですね。お見事!
このタイミングでお墓まいりをされたお二人。
きっとさださんの大ファンのお二人ですよね!
お二人は私の希望です。
どうぞ末長くお幸せに。

藤色のお手玉はこの女性の元にいくのかな?

No title

ままさんこんばんは、素敵なドラマのような解答編ですね。
89問から90問がこのようにつながっているなんて、流石です。

藤色のお手玉をサクッと完成させるデイジーさんに座布団差し上げたいです。

デイジーさん、流石ですね。
お似合いの女優さん、男優さん、お二人の将来をそっと見守りたいと思います。
もうすぐ桜が咲きますね。
プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード