生さだ 100回放送

網走からの放送は100回目でした。
すっかり回数など忘れてしまっていました。

岡山の寅さんは100回放送を記念してくす玉まで作ったそうです。
その葉書は残念ながらボツでした。(きっときちんと供養してくださるでしょう)

そのくす玉作りや投稿葉書のことがブログに書かれています。是非御覧ください。

「寅さんの えっ!日記」
http://wakiyaku2010.blog71.fc2.com/blog-date-20170625.html

体調の回復はまだ8割だと言いながら、深夜の歌は自重されましたが、その分ずっと葉書を読んでいて、咳もされていたのでやはり心配です。
また網走は私の思う6月後半の気温の感じとはまったく違って冷え込んでいたようでした。
しかも場所が場所だけにエアコンとか無いのでしょうね(笑)
お大事になさって欲しいです。

こちらも年々生さだ視聴が辛くなる歳になっています。
仲間のみなさんも、リアルタイムでの視聴が少なくなり、録さだが増えたのではないかと思います。
私も25日には行事があり、生さだきついかもと思いつつ、11時過ぎてからウトウトしてしまいました。
録画予約はしていますが、病み上がりのさださんがこれほど遠くまで行き頑張っているのにと思うと、生でお元気な姿を拝見しなくてはなりません。
そう思う気持ちが強かったのか、ふと目が開いて、時計を見ると0時5分でした。
まるでさださんに呼び起こされたようで、この奇跡的な時間に驚きました。

北海道からの生さだはすべて家族で何処までも出かけ、オープニング参加をしていた、風見鶏君とご両親。
昨年10月念願叶って札幌での放送には観覧席で参加することが出来ました。
(さださんに声もかけて頂きました)

今回はどうかな、網走だから遠いし・・・・・・と思っていました。
残念ながら今回は参加できませんでした。きっと自宅で確りと見ていたと思います。

移動し、深夜の放送や身体にきつい事もあると思いますが、頑張っておられます。
葉書を読むラジオ放送をテレビに持ってくるという斬新な企画が100回も続き、今ではさだまさしファンだけでなく、多くの人にまた若者たちにも受け入れられているようで、こちらも嬉しいなあと思っています。

もし、隔月になってもいいですから無理のないように続けて頂けたら願っています。

そう言えば小説幻冬の連載も7月号はお休みでした。
原稿書くよりも休んで頂きたいので、いつまでも待っています。

7月はコンサートの数も多くなっています。
どうか、どうか、無理をなさらないで70歳のさださんの作品も、80歳の作品も、歌声も聴きたいので、長く続けて頂けることを祈ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード