太宰府天満宮式年造替~御神忌1125年大祭 平成39年斎行~さだまさしコンサート レポ

DSC_8581.jpg


16:55  太宰府天満宮 宮司 西高辻 信良 様からのご挨拶

本日は皆様ご来場ありがとうございます。
天気を心配していましたが、良すぎました。
(式年造替についての説明)

平成39年に完成の本殿大修理は60年ぶりの大造替です。
今回はそのスタートです。
私とさだまさしさんとは私が大学生の頃から40年来の友人として仲間として同じ時代を同じ時間を過ごして参りました。
我ら世代の代表としてさだまさしさんに日本文化の美しさについて語って頂きたいと思います。
私の役目はお参りいただいた方々を元気でお返しすることだと思います。
千年の樟に守られながら楽しんで頂きたいと思います。


001_20170904191814ee6.jpg


メンバー入場
倉田さん、田代さん、キムチさん

さださん登場 真っ白な上下。

★  案山子

皆さんこんにちは、さだまさしです。
ようこそいらっしゃいました。
御遠忌は1125年ですよ。完成は10年後です。
お互い元気でここに帰ってこれる様にしたいですね。

私がこんなになったんだからあなた方がそんなになるのも仕方ないですね。
お互いいい年になりましたねぇ。
以前は前には若い娘しかいなかったんだけれど、

(この後のトークを知ってるのでさきまわりして 「キャー!」と無理やり出した声が幾つかかかります。)

なにそれ、踏んづけられた猫みたいな声。
最近は写真を撮る時にも気をつけてちゃんと撮ってよ。
何時それが使われるかわからないんだから、気合い入れて撮って下さい。
イエ~~イ!

(観客もイエ~~イ!)

イエ~~イ!が違うなあ。

(観客イエ~~イ!)

今の分かった??
「遺影!」だよ

今案山子で手拍子があったね。
案山子で手拍子は田舎だよ。
都会では案山子で手拍子出ないもの。

ここの樟の木千年ですよ。千年。
大事にしてきたのね。
ここで唄うの三度目です。
今回、式年造替のスタートにまさし歌ってよって言われて、そう言って頂けることは嬉しいです。
10年後完成したらまた来てって言われるようになりたいですね。

この時間(まだまだ明るい)にスポットライトいるのか?

(照明さんに言ってるのでしょう)
(スポットライトを付けるのと、付けないのをやってみると、付けたほうが良いという反応。)

斎藤、ごめん!
(明るいので差はないと思ったら、やはり付けてる方が良いことがわかりましたので、照明担当の斎藤さんへ)


★  Birthday

盛り上がってるかい?

(観客 イエ~~イ!)

そんなわけ無いだろこの2曲で。

今日は、三笠宮彬子様ご臨席を賜っているので、いつも通り(笑)上品なコンサートをお届けします。
品を良くと白ずくめで来ましたが、こうみえても暑いんですよ。

客席の雰囲気変わりましたね。
若い娘しかいなかったのに。
野外だと特に良くわかります。
(よく見えてるんだ)

44年やってきましたからね。
来年で45年ですよ。完成する時は54年か・・・・
加山雄三さんのことを思うと、頑張れるんじゃないかと。
お前も頑張れよ!
俺が頑張っても、お客さんが居なかったら困るよ。

ほら見上げるともう秋の雲ですよ。
こちらは暑かったでしょうが、東京は雨ばかりですよ。

7月に暑い日が続いたかと思えば8月は雨ばかり。
世の中が苛ついているのか?地球が苛ついているのか?

19日に朝倉、東峰村、日田市小野地区へお見舞いに行ってきました。
不思議な気持ちでした。
僕は不遠慮に誰でも「お父さん、お母さん」という風に呼びかけないようにしているんです。
さださんのお父さんじゃありません。と言う事になるでしょ。
声をかけられずにいたら、でもどう見てもお母さんらしき女の人が「高校からファンクラブに入ってるんです。まさかさださんが来てくださるなんて、雨降って良かった~~」って。

そうじゃないだろう!!

最近はSNSが発達しているから、何でも直ぐに広まる。
東峰村からメールが来て、行ったら歓迎してくれて、喜んでくれてたんです。
東峰村で歌ってるのを誰かがSNSに上げたらしくて、それを見た日田小野地区では、こっちも東峰村に負けるな~!って感じで凄く盛り上がってた。


身体が動くと働ける、働けるとくたびれる、くたびれると眠くなる、眠れるとまた動けるようになる。
音楽は無力だと思っていたけれど、東北でも、熊本でも、北海道でも、音楽は無力ではないと分かった。
微かでも0ではない。
こうしてあちこち歌いに行って、最近ではこれは自分の責務だと感じるようになりました。

ではイエ~~イ!
(イエ~~イ!)

もっとだろイエ~~イ!

(イエ~~!)
じゃあ精霊流し(笑)

★ 精霊流し

★ 無縁坂


グレープの解散を早めたのはこの2曲でした。
精霊流しがヒットして、無縁坂がヒットして、同じ色の曲でしょ。
求められているものはこれなのかと。
僕たちは他のものもやりたかったのに。

今日も皆さん電話もしないのによく集まって下さいました。
僕が、「コンサートやるから来てよ」と電話したわけでもないのに、こうして来てくださる。
有難いことです。
でも僕のお客さんって自由ですよ。
この前2列目、ハイ前橋でした。
その辺り、2列目、あなたのあたり・・・・
(このトークであいちゃん2列目だったから声かけられたんだ)

凄いですよ。バラード歌ったんですよ。
耐えてる人っているんですよ。分かるんですよ。
でも2列目のその人口開けて寝てた!
すっと寝てるんです。それがアンコールになったら立ち上がって「アンコール!」ってしてるんです。
寝るってことはどれだけ気持ち良いかって事よ。

またその隣の人はハンカチ出して泣いてるんですよ。
横の人は、1曲ずつ泣いてるの。
何か曲に思い出があるんだろうなあ。

歌い出すとトイレ行く人がいた。
前橋って自由ですね。
前橋の人って皆自由なの?

昔、歌い出すとトイレに行く人がいて、呼び止めて訊きましたよ。
どうして人が歌いだしてるのに席を立つのか?」
そしたら「歌はCDで聞きます」 と堂々と言うんです。

今年は喉を痛めて4公演を延期しました。
今までも声が出なくて延期したこと5回位あるんですよ。
でも何も言われなかったのに、今回、ニュースになって、東京駅の地下のオバサンまで買い物して支払おうとしたら、
「さださん声大丈夫ですか?」って。
そんな人まで知ってるの。
俺今一番人気者かも知れない。

(その通りです。いまは国民的大歌手と言われて注目されていますからね。私達のさださんへの想いは今も以前も変わりありませんが)

(振り返り、田代さんに)

もう嫌だと思ったら弾いていいからね。
(トークが長くてもうそろそろ次に行っても良いんじゃないかと思ったらということでしょうか)


★ 雨やどり

★ 桃花源


歌いだしたのが6歳の春(嘘!)だからあっという間の44年。

このままだと減るばかりだから、若い人に来てもらわないと。
でも若い人にはチケットが高くて手が届かない。
かと言って下げるとこっちが手がでなくなる。
でも最近若いお客さんも増えてるんですよ。
生さだを見てという人も多いんです。

あの番組業界内ではものすごく視聴率が良いんですよ。
仕事終わった業界人が見てるらしんです。
「NHKはよくさだまさしを野放しにしてるなあ」と言われるんです。
「これは言うな!」と言われると言うし(笑)

今月は岩手の久慈です。
豪雨水害があったところです。
NHKのあまちゃんで有名になった。
海女さんって凄い技術ですよね。
「流石プロですね」、って言ったら「いいえアマです」って(笑)(笑)
「一人前になるには色々と試験とか受けるんでしょ」って言ったら 「潜りです」って(笑)(笑)

(こういう小ネタもはさみつつ、引き込んで行きます。)

今の面白かった!言いふらしていいよ(笑)

(カラスの鳴き声がします。アオ~、アオ~と)

広田呼んでるよ(笑)
(広田さんに失礼ですよ)


春日大社の時は鹿が鳴いてたよね。
鹿せんべいやったらいっぱい寄ってくるから 「さっき食べたろ!お前!」

(生さだネタですね)

今日は奉納コンサートなのだから上品にしないと。

コンサートによってはコアな曲ばかりの時もあります。
そしたら、あれは本当にさだまさしだったのか?と思われたり。
今日はヒット曲を並べています。
宮様がいらっしゃいますし。

さださんって食い倒れ人形に似てるって言われたんです。失礼なんですよ。
見に行ったら似てるんです(笑)
太宰府のARATAちゃんにも似てるでしょ!

(ARATAちゃんを知らないので検索しました。似てるかな?)
詳しくはこちら
http://www.dazaifutenmangu.or.jp/ryangander/newnewday.html

★ 関白宣言

(いつものようにワンフレーズで止める)

ここまでで良くない?
ここまでで関白宣言歌ったと思える曲でしょ。
この曲を作ったのは27歳の時、世間を知らず、思い上がっていました。
だんだんと分かってくると女性はそういう生き物ではないと思う。

ウサギのようだったあなたがコモドオオトカゲに変身する(笑)
一方男性は寅、ライオンが猫になる。
関白宣言の時にはそういう女に女性差別だと言われた。
色々言われましたよ。
ひところは隠れたたでしょ!
隠れさだとか隠れマサシタンとか言われてた時代があり、そんな時を過ごして今まで一緒に歩んで来たんですよね。
37年間隠れていて、両親にもさだまさしファンだと言うことも出来ずにいた人が長崎県西彼杵郡にいたんです。
やっと隠れなくても良いとわかったそうです。

一旦隠れたことで僕のファンは固くなりました。

長年経つと関白宣言は通用しないと分かった頃に作った歌を歌います。

★  関白失脚

この間素朴な葉書が来ましたよ。
「さださんはいつもふざけているんですか?」って。
うたを作る時は真剣ですが、あとはふざけてます。
僕の歌を大切にしている人が一人でもいる限り頑張って行こうと思ってます。

20歳の頃に柴田先生に出会って、それから15年かかってバブルの頃売れるだろうとシングルで出したら全く売れず。
発売から28年経って映画になりました。
医療に従事する人達や海外で頑張っている人達に広まって、さだの代表曲になりました。
海外で頑張っている人を知り、応援したくなったんです。
何千万もだったら、「頑張ってね」 となるけれど 何十万だったら何とかしてあげられるんじゃないと想うんです。

ライオン基金を立ち上げました。
お預かりしたお金を援助に使っています。
災害国なので、突然の災害が起きます。
初めに水害にあった常総市に届けました。
泉谷しげるさんが一緒に行ってくれまして、あの人言葉が悪いんです。
「さだお前100万で何にもできんぞ、1000万くらい持っていけよ」 って言うので 「じゃあ900万お願いします」 って言ったら
「100万持っていこうと言う事になり、100万で皆で美味しいもの食べてもらおうと、被災者が暮らしているんじゃないんだ、人間が暮らしているんだ、ステーキなど避難所で食べれないだろうから、ステーキを食べてもらおう、お肉がダメな人は金目鯛なんか良いんじゃないかって。
泉谷さんなんか市長に「他に回すんじゃやないぞ!」と。

佐賀からの生さだの前には熊本へも行きました。
長崎に気を使って福砂屋のカステラと文明堂のどら焼きを配りました。

南富良野にも行きました。
町長が泣き虫で泣きながら「元気出ました!」って言うんです。
そこで『北の国から』 を皆で歌ったんです。
富良野ですよ。
そこで『北の国から』ですから、大人は皆泣いてるんです。
子供はそういう泣いてる大人を見て笑ってるんです。

応援には行きたくないんだけれどね
(災害が無いことを祈ります)

1時間以上過ぎたね。
そろそろお立ち下さい。
同じ姿勢でいるとエコノミー症候群とかなるからね、からだ動かしましょう。

(少し動きました。そのまま立ったまま)

★  北の国から

(いつものように、『川の流れのように』 をはさみつつ、『北の国から』 で終わります。
もう皆慣れたものです(笑)

そのまま少し体動かしましょう。
(『たくさんのしあわせ』 の振り付けを少し教わります。簡単なので直ぐに出来ます。 さだ工務店の法被を出して着る人もいました)

★ 惠百福

皆さん帰ったら「さだまさしコンサートは総立ちだった」って言うんですよ。
大都会まで来たのだから、田舎に帰ったら秋祭りや春祭りでもいいですからこの盆踊りを勧めてくださいね。

(私の隣の友人は都内の中心部から来てるので、帰った先のほうが大都会でした(笑)

★ 主人公

この曲は皆さんが大切にしてくださって、40年以上いつも1位です。
歌の良し悪し、出来不出来ではなく、人生の中でどんな風に出会ったかが大切な1曲になるんです。

ポール・サイモンが言うように生み出した瞬間に音楽は終わる。
キュンとしたもの、力が湧いてきたもの、そういうものをステージで追体験して再現しているんです。
あの歌を聞いてる頃あの人と出会い
あの歌を聞いてる頃分かれたんだ
あの歌を聞いてる頃再会したんだ
そういう想いで色んな歌を聞くんですよ。

私の人生では私が主人公だから頑張っていこう と言い聞かせていた頃から、概念が変わりました。

幸せだとそれを隣に回そうって考えです。
天満宮のうそかえ神事ですよ。
鷽の餅1

鷽の鳥を隣に回していくんです。
運も幸せも欲張らないで隣に回さないと、歳をとって分かってきました。
幸せはそれを感じること自体が異常事態です。
人は辛かったことばかり覚えていいる。
同じ数だけ幸せもあるのに幸せと思えるはずなのに。
だから、しあわせと思えたら他にも回さないと。

幸せについて沢山歌ってるんだけれど、朝倉、東峰村、日田小野地区等に行くと声もなく呆然と立ち尽くす。

そんな中でも
「さだまさし聞けた。有難い。明日も頑張ろう」

と言ってくれる。
「元気出たよ」

って言ってくれるなら行かなくちゃいけないと思う。
機会があれば東北にも行ってみて下さい。
何も変わってない町もまだあるんですよ。
安全などは脆弱な中にあるものだと言うことを被災地に教わった。
帰れない街を故郷という人もいるんです。

平和って何でしょう?
コンサートは平和なひとシーンです。
平和でなくなると音楽から奪われていくからね。
音楽を守り抜くことが平和を守り続けて行くこと。
幸福な現場を守っていかなくては行けない。

ミサイル撃つの止めましょう!
葉書くださいって言ったけど葉書は来てません。
事を荒らげずにこういう事を止めさせるにはどうしたら良いのでしょう?
それを考えなくては。


グレープ時代に作った曲です。グレープ時代に作ったと言うと驚かれますが、

★ フレディーもしくは三教街

母が商社のタイピストとして暮らしていた頃の話を聞いて、想像して街が育って出来た曲です。
長崎で育ち、一度ダメだと思った事を二度とやってはダメだと言うことを学びました。
(北の動きが脅威になりつつある今、この言葉は重いです)

式年造替の火付け役として呼んでくださった事大変有難い事です。
以前ここでのコンサートの時に昼間書き上げた小説が『解夏』でした。

本殿の葺き替えには檜皮が必要なので奉納して頂くようお願いしたいと思います。
檜皮奉納コンサートを私もやっていければと思います。

初めてここへ来たのはKBCの取材でした。
菅公のご遺徳を慕い守ってきた人の気風を感じました。
『飛梅』という歌ができてご縁を頂いて来ました。
少しでも自分の力で関われた事に感謝します。

みなさんもくれぐれも元気で、平成39年にお目にかかれますよう願って最後の歌を。

★  飛梅


(アンコールの拍手)

太宰府天満宮宮司 西高辻 信良様から花束贈呈

花束まで頂いて、メンバー紹介していなかったことを思い出しました(笑)

パーカッションと口三味線 キムチ木村誠
ギター 田代耕一郎
ピアノ 音楽監督 倉田信雄


7月に風に立つライオン基金は公益財団法人になることが出来ました。
お前たちは頑張ってるからと認めて下さった訳です。

★ 風に立つライオン

   終了

もう少し聴きたかったけれど、近くに民家もありますからあまり遅くまでは・・・・・・
いつものようにひたすらメモを書きました。
多少言葉の違う部分もあると思いますがお許し下さい。
何処かで放送があると良いなあと思います。

いつものようにメモを書くうちに、一言一言が胸に堪えました。
私はなんでこんなに落ち込んでいるのだろうと、叱咤激励しました。
涙が出そうですが、ここで泣いている場合ではないと思いました。
この情けない身体を何とかしないと。
こんなに素晴らしい音楽と言葉を届けてくださるさださんだってきっと満身創痍の状態だと想像します。
それでも「元気が出た!」と言われると行くでしょ!
とおっしゃいました。

無理はなさっていると思います。
さださんと比べるなんておこがましいですが、私も確りしないとと思いました。
こんなに支えてくださる皆さんがいるのだから、その有り難さと、喜びを隣にも回さないと行けません。

メモを書いているうちに元気が出てきました。
団扇も振ってると元気が出てきました。
沢山の仲間たちが振ってくださっているのも見えました。
あいちゃん!!
皆凄い高評価でしたよ。
中には団扇を見て「何処で売ってるのですか?」と声をかけてくださる方もいました。

アンコールに登場したさださんに 「さださん ありがとう」といつものように叫ぶことも出来ました。
それまで喋る声も張れなかったのに。
不思議な力を天神様とさださんから頂きました。

まさに心と身体の常備薬です。


DSC_8315_2017090419523860d.jpg



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ままさんがいつものようにメモを取りはじめコンサート前の西高辻宮司の御挨拶が始まりました、ままさんらしいのですが何もそこまでとも思いましたが、ままさんの手は止まりません。夕方からのコンサートですが、良すぎた天気のおかげで夕暮れが待ち遠しい頃も、ままさんの手はメモしたり、団扇を振ったり停まる時がありません、私は団扇を振るので精一杯なのに・・・・
千年のくすの木の葉陰に爽やかな風が渡り、夜の帳が下りる頃お楽しみの時間が終わりを告げられたとき、
「さださん!ありがとうございました!」としっかりと声が聞こえました、これまた、いつものように・・・・
さださん、ままさんお疲れ様でした。

No title

ままさんのレポを読んで コンサートの感激を思い出しました。

私の席は ままさんの斜め後ろの二列目でした。
前の席で あの団扇がたくさん見られていたのですが
ままさんに気づいたの 途中からでした。

それから 見ていると トークの時には一生懸命に手を動かされていました。
こうやって この詳しいレポが完成するのですね。

私は聞いてるだけで 大きな口を開けて笑っているだけでした。(笑)

No title

隠れ「さだおばさん日記」ファンです(笑)
コンサートレポどうもありがとうございました。行けなかったので嬉しいです。いつもさださん情報をありがとうございます。体調がお悪いとのことで心配です。どうぞどうぞお大事に。
今月の高松のコンサートは私も行きますので、ままさんのお姿も拝見できるといいなあと思っています。

No title

おばちゃんすごい!ありがとうございます。体調がはやくよくなりますように。

管理人返信

v-339春風のロザリーさん  いらっしゃい
私はもう夢中で、そんな風にロザリーさんが見ているなんて思っていませんでした(笑)

何かさださんの世界に入っていたのでしょうね。

さほど暑くなくて良かったです。


v-339keicoさん  いらっしゃい

いやあ・・・・あなたに気が付きませんでした。
そちらは見ていたのですね。
これからは気をつけないとどこから見られているか分かりませんものね(笑)

色々とお気遣いありがとうございました。


v-339この四国の片隅でさん  いらっしゃい

隠れなくて良いですよ(笑)(笑)
ファンというのではなく皆仲間ですよ。

17日コンサート行きますよ。
でもでも・・・・・

ちょっと、まずいものが来ていますね。
心配です。気になりますね。


v-339まごがめくん  いらっしゃい

すっかり身長が伸びてびっくりしましたよ。
もう親亀も爺亀も抜いているでしょ!

これからしっかりとさだワールドに浸かって、学んで下さいね。
私の所有しているもので役立つものがあれば何でも差し上げますよ。
次世代のさだまさしファンを養成しないと行けませんからね。
期待しています。
先ずは生さだに葉書を書きましょう!


プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード