太宰府への感謝の旅  VOL1

ご心配頂いていましたが、何とか2日太宰府でのコンサートへ行くことが出来ました。

稲刈りのコンバインを操作したり籾摺りをしたりしていたのですが、実は体調は回復せず、次第に悪くなっていました。
それでも今回はなんとしても行かねばならないと自分に言い聞かせ、朝晩少しだけウォーキングもして身体を動かせていました。
寝ていると益々動けなくなるので、無理でも動いていました。

でも食事が摂れず、お粥を少しか、果物とか、サプリメントに頼ったりしていました。
当然力は出ず、だるくて苦しい日々でした。

皆さんが応援してくれている、期待してくれているという事は解りすぎるほど解っていました。
だからそれに応えようと思えば思うほど、苦しくなる日々でした。

1日には病院へ行きました。
検査の移動も車椅子でした。
検査を色々しました。特に悪いところはなく、何が原因という事は分からず・・・・・
心理的なものだろうと・・・・・・・
自分でも思い当たるところがあるので、そうだと思います。

何でも良いから少しづつ食べるようにと言うことでした。

1日夜、もうこれでは行くことは出来ないと自分で決断しました。
このまま行っても迷惑をかけるばかりです。
身体は動くけれど、しんど~~~~い!!
という表現しかありません。

約束していた季節はずれの薔薇さんに「行けなくなりました」とメールして、ちょっとホッとして早めに薬を飲んで寝ました。
心の中の葛藤は言葉では言い表せません。
「行けなくなりました」とブログで書くことの苦しさ!
さいたまに続いてまたか~!
と皆さんに心配掛ける。
そう思うと益々苦しいです。
さださんも「コンサートには体調を整えてから参加するように」と以前仰っていました。

微かな希望として、朝起きて体調が少しでも良ければ

行こう!!
それくらいの気持ちでした。

5時半に起きました。
体調は悪くありません。
行くことにしました。

今日行かなければ、もう生涯行けなくなるのではないかと思っていました。
31日 ピーチままさんも 「行ったほうが良いよ!」と言ってくださいました。

主人に「行こうと思う」 と言うと 「どうしても行くんだな!!」とあきらめと心配と止めても行くんだな!の念押しをされました。

「博多駅まで友人が来てくれるし、仲間が沢山いるから助けてくれると思う。」という言葉を残して、行くことにしました。

薔薇さんに変更の変更のメールをして、全てを託すことにしました。
きっと薔薇さんもどうなってるのかと呆れていただろうし、私の体調がどれほど悪いかも分からなかったと思います。

出来る限り行けるようにギリギリまで努力はしたという気持ちを支えに、船に乗りました。
生気のないオバサンの出港です。
いつもなら「出港!」とtwieetするところですが、それも出来ません。
”冷静に、落ち着いて、絶対に行けるから”と自分に言い聞かせながら、瀬戸大橋を渡りました。
食べれないので、カロリーメイトやウイダーinゼリーが便りです。

新幹線に乗れた所で、やっともうこれで博多までは行ける!と自信が出ました。

今回もJR西日本株主優待券を下さった方のお陰で半額で行くことが出来ました。
DSC_8529.jpg

この様に私には様々な方法で支えてくださる方が沢山います。
それも、「ブログを楽しみに読ませていただいています」というだけで・・・・・・・
私の方からは何もして差し上げることもないのにです。
ただただ大好きなさださんについて熱い想いを書いているだけなのに、それも文章力も、知識もなく、偏ったコアな気持ちを書いてるだけなのに。
そして、何の力も組織も人脈も持たない田舎のオバサンなのに。

何かを送ったとしても、団扇を作ったとしてもそれは私が好きでやりたくてやってること。
誰かのためにとかいう押し付ける気持ちはありません。
あるのは 喜んでくれるかな?だけなんです。

それなのに、色々土地のものを送ってくださったり、切手を使うだろうからと送ってくださったり、身体を心配してくださったり・・・・・
身に余る事ばかりです。

話がそれましたが、そんな私を太宰府では待っていてくださる方が沢山いました。
大まかに数えても数十人!
博多駅に着くと駅前はミストシャワーで涼しくなっていました。

DSC_8530_20170903192638992.jpg

待ち合わせ場所の『かろのうどん』 へタクシーでむかいました。
かろのうどん

うどん県人でもここは行かなくてはなりません。
ご主人初め皆様が、大歓迎してくださいました。
「今度いらっしゃる時は前もって言って下さい」とまで。
感激です。有り難いです。
食べれないけれど、ここのうどんは美味しいので少し薔薇さんの分を分けてもらって食べました。
力が出そうな気がしました。
団扇と飴を沢山差し上げて(笑)太宰府へ向かいます。

薔薇さんや、友人のJさんなどが私の荷物は持ってくださり、歩くのも気を使ってくださいました。
重たいのに申し訳有りませんでした。
心に沁みます。
でも気持ちはあっても身体がいつものようには動きません。

太宰府駅に着きました。
下りる時に、友人は電車とホームの間に荷持を一つ落としてしまいました。
ドラブルや、失敗は旅には付き物です。
私もいつもやらかしますからね。
駅員さんが長い道具を持ってきて取ってくださいました。

DSC_8532.jpg
DSC_8533.jpg
DSC_8534.jpg

西鉄職員の皆様ありがとうございました。

はい!やっと大宰府駅に着きました。
昨夜は絶対に無理だと思っていたのに、来ることが出来ました。
胸がいっぱいでした。

DSC_8536.jpg

ボチボチですが歩くことも出来ます。

来ることが出来たと思うと、力が出て参道を歩くことも出来ました。
天神様が引っ張っていってくださったのかもしれません。
さださんが待っていると思うと気持ちは前へ前へと進みます。

参道にあるスターバックスは建築家 隈研吾氏の設計によるものだそうです。

隈研吾氏
スタバ太宰府参道店
https://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=1058


境内に入ります。
樹齢千年以上の樟の木が日陰を作ってくれています。
千年の時、人々を見守ってくれていたのですね。
DSC_8540.jpg


♪♪ 心字池に架かる三つの赤い橋は・・・・


DSC_8543.jpg

人が多くて、顔の映らない写真を撮るのは難しかったです。
DSC_8545.jpg
DSC_8547.jpg

♪♪或の日と同じ様に今鳩が舞う

DSC_8546.jpg

コンサート会場が見えました。
パイプ椅子が並んでいますが、これで2000人も入るのかな??と思いました。

DSC_8550.jpg

実は地元の友人は前日にも下見に来たそうです。
駐車場は何処が良いかとか色々と私のために準備を重ねてくださっていました。
前日からスタッフの方々はこうして頑張って準備してくださったのですね。
そしてまた片付けもあります。
コンサートを私達に届けてくださるためには多くの方々の努力によるもの(特に野外コンサートは)だと身に沁みて分かります。
巫女さんも神主さんもパイプ椅子を運んでいましたからね。
IMG_0167.jpg

1504405117153.jpg 1504405128963.jpg

2時からのグッズ販売までにお参りを済ませ、御神籤を引きました。

DSC_8555.jpg
DSC_8564.jpg
DSC_8565.jpg

中吉でした。大吉が出るまでは引きませんでした。
病気・・・・・・・神を敬い信仰心を持てば早く治る

なるほどその通りです。

DSC_8556.jpg
DSC_8557.jpg

お目当ての飛梅!
ここも撮影のポイントなので(本日はさだまさしファンが多いので)中々上手く撮れません。

DSC_8560.jpg
DSC_8563.jpg

グッズを買って、待ち合わせしている お石茶屋 へ向かいます。

途中、こんなところにも梅が!
DSC_8567.jpg
DSC_8575.jpg

DSC_8568.jpg

私は氷の入った冷たいお抹茶と梅が枝餅のセットにしました。
流石に 「梅が枝餅半分下さい」とは言えませんでした。

DSC_8572.jpg



待ち合わせしていたおじ様が現れて、梅が枝餅を食べて、喋っているうちに元気が出てきました。
このペースにいつも巻き込まれるのです(笑)
熱中症気味だと仰っていたけれどお元気そうでこちらもホッとしました。
それなのに私の体調を随分心配してくださり有難かったです。

ここにもわざわざ挨拶に来てくださる方がいたり、数年ぶりに逢う人がいたり、店内には知り合いがいっぱいでした。

だってねえ・・・・・・
大宰府にやってきたさだまさしファンなら”お石の茶屋”へは必ず行くでしょ!
おかげてお店は大忙し!
店員さん 「今日はさださんが来るのでお客様が多いんですよ」と一般観光客らしき人に説明していました。
やはり店内には『飛梅』は流れていませんでした(笑)(笑)(笑)

こうしている間もみなさんが私の荷物を持ってくださって、支えてくださいました。
なるべく動くことの少ないように気を配ってくださる薔薇さん、他の皆さんに感謝の言葉も「ありがとう」としか言えず、でももう甘えることにしました。
動けなくなるとその方が迷惑かけますから。

代わりにグッズを買って来てくださった方もいます。

開場になると、席に座って動きません。体力温存!
それでも私を見つけては 「体調どうですか?さいたまは残念でしたから今日は来られるのかと心配していました」 と駆け寄ってくださる方が何人も。
北海道から、関東から、関西から、長崎から、本当に多くの人に心配をかけました。
温かい言葉に、胸がいっぱいでした。
アチラコチラに団扇も振られていて、それも嬉しいことでした。

全く知らない人も珍しがって注目してくださる方もいましたので、布教しました(笑)
何よりあいちゃんのデザインが良くて、大好評でした。

開演前にはかなり元気になっている私でした。
でも、二時間半耐えられるかな?という不安もありながら、いつものようにメモ帳と双眼鏡を出します。


VOL2に続く。
レポは別記事でアップします。


追記
団扇はさいたまで配れなかった分まだ沢山あります。
ご入用の方はどうぞ、メールフォームから申し込み下さい。
無料配布です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

よくぞ思い切って来てくださいましたね。
ママさんはもちろんですが、ご家族の皆様もさぞやご心配だったことと思います。
博多駅まで迎えに行くといいながら、かろのうろんに変更したり、
帰りも二日市駅までで、博多駅まで行けばよかったと後悔しました。スパルタな介助でした
でも、すぐにのぞみに乗ったと連絡いただいてホッとしました。
ままさんがだんだん元気になられていくので、
さださんはまさに常備薬だと確信しましたよ。
でも、旅日記とコンサート報告が終わったら、ゆっくり休んでくださいね。分かりましたね。約束ですよ。

。。(〃_ _)σ∥

きっと いままで ままさんが
大切にされてきた さだ友さんとの
愛あるお互いを想う 真実のつながりが
ままさんを太宰府まで つれていってくれたのですね。

このあとも 楽しみに読ませて頂きますが
くれぐれも無理などなさいませぬよう
のんびりで お願いします。

No title

ままさんのお顔を太宰府天満宮で見た時は万感の思いでした。
道真公の温かい思いが飛梅のように集い、コンサートを一緒に仲間たちと過ごせる幸せな時間でした。それもまたままさんが築いて来られた歴史ですね。

ままさん!
ゆっくり休んでくださいね、またコンサート会場でお会いしましょう。
その時のお荷物はいつでもお持ちします。

やはりそうでしたか、。ご挨拶に行った時、以前より痩せて顔色もあまり良くないように感じたので早々に失礼しました。
(意見には個人差があります。表現が適切でなければごめんなさい)
ゆっくり、じっくり体調整えて下さいね!

札幌のコンサートが途中で中止になってしまって、私は今年初めてのさださんだったのでまた泣いてしまいました😂
隣のおじさんがずっと寝ていたのには、唖然としました!!
うちのおじさんは(主人ですが)境内でしっかり聞いて感動してましたが、、。

とても楽しいコンサートでしたね!何時もの歌声にウットリでした💕高音部分はチョットはらはらしましたが、。

梅ヶ枝餅も美味しかったです!

ままさん、無理はしないでまた何処で元気で会いましょうね!


No title

かなり体調がお悪い様子・・・。
でも、さださんに会うために、お仲間のかたとふれ合う毎に、段々回復されていく様子が感じられ、少しホッ。
そして、最後あたりの文章で「え~、レポ書くの?大丈夫なのかしら」と思ってしまった私です。

「惜しむな」と永さんのお孫さんに言われてましたね。
ままさんも惜しんでないですね。力いっぱいです。
ありがたくレポを拝見させて頂きました。

管理人返信

v-339季節はずれの薔薇さん  いらっしゃい
言葉では尽くせないくらい感謝でいっぱいです。

絶対に薔薇さんがいなかったら行っていなかったと思います。
人柄の温かさをこれほど感じたことはありません。

本当にありがとうございました。


v-339みかんとあそぼ♪さん  いらっしゃい
皆さん本当に温かくてきっとさださんの教えの賜物だと思います。
さだまさしファンて素晴らしいなあと、実感しています。


v-339春風のロザリーさん  いらっしゃい
心配かけてしまいましたね。

さださんと道真公のお力だとずっと思っていました。
コンサート中はパワーが出てくるのが分かりました。

またおせわになると思いますが何卒宜しくお願い致します。


v-339うめままさん いらっしゃい

遠くからしかも前日に来て頂き、少しでもお会い出来て嬉しかったです。
皆さんがあなたのことを 「奈良の最前列で大泣きした方でしょ!」と

そうでした、そうでした、最前列ど真ん中でオイオイ泣くものだからさださんが「どうしたの?」
と訊ねてくださり
「泣かなくていいからね」と言ってくださったのでしたね。

今回も泣いてたのですか?
福岡にも自由なファンもいるのですね(笑)
後で知ったのですが、野外ですから会場の外でも音が聞こえるので沢山の人が聴いていたらしいですね。
ご主人にも布教が行き届いている様ですね。
これからは是非お二人で。

管理人返信

v-339しばっちさん  いらっしゃい
「惜しむな」はよく心にありますが、無理はしません。
自分のペースでと考えます。
でも思っていても無理をしていることがあるのかもしれませんが、皆さんの言葉を肝に命じます。

少しゆるりとね。
プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード