太宰府への感謝の旅 VOL2

レポの記事にも書きましたが、メモを書いてるうちに元気が出てきました。
精神力が増してるのがわかりました。
体力は直ぐには戻らないかもしれませんが、気分は良くなってきました。
また少し陽射しがありましたがそれも時間とともに薄暗くなり、風もあり空気が秋を感じさせ、野外ながら辛いという事はなかったです。
沢山冷えピタシートを持っていきましたが必要なかったです。

コンサート終了後檜皮の寄進に行き、仲間の皆さんの分までしてきました。
造替は日本文化の継承としても大事な大事なことなので60年めの大きな事業を立派に成し遂げられますようにお祈りしながら記入しました。
東大寺も春日大社も伊勢神宮もさださんが関わられたことも素晴らしいことだとファンとしても大変嬉しいです。
出来る限り私も天神様を敬い信仰心厚く行いたいと思います。



夜の天満宮も良い感じでしたよ。
1504405106547.jpg
1504405063203.jpg
1504405058896.jpg

この後夕食を頂き薔薇さんにホテルまで送って頂きました。
夕食は
DSC_8593.jpg

博多に来たら豚骨ラーメンです。
もっと何か豪華なものをと皆さん思うかもしれませんが、あまり食べられないと言うことと、博多と豚骨ラーメンには思い出があるので、食べたいのです。
と言っても半分くらいしか食べられませんが・・・・・・・

1977年6月KBCラジオ「ひきだしのすみっこ」 のバスツアーに参加した時に、連れて行って頂いた長浜の屋台で人生初の”豚骨ラーメン”というものを頂きました。
ラーメンに紅しょうががこんなに沢山入るんだ!とか驚きの連続でした。
とても美味しかったことを覚えています。
この時の旅が今でも私の人生を大きく変えているのです。
人との出会いは本当に分からないものですね。
あの時のあの出会いが今人生を左右しているという事があります。
一つ一つの出会い縁を大切にしなくては行けませんね。

薔薇さんとの出会いも、こうして40年以上過ぎてもつながっているのですから。

ラーメン一つでも物語を語れる私でした(笑)(笑)

家では食べられなかったのに半分とは言え食べられたことも嬉しかったです。

夜は買ったばかりのこの本を呼んでゆっくり寝ました。
石川投手との対談です。
DSC_8595.jpg



翌日も晴天!
薔薇さんが迎えに来てくださいました。

一人で長崎へ行くという友人を二日市駅まで送りました。
一緒に行ければ良かったのですが、今回はちょっと無理でした。

計画では朝倉方面へ行って何か出来ることはないかと思っていましたが、体力がないので何も出来ません。
薔薇さんの運転で朝倉の道の駅まで行きました。
新鮮な野菜や果物を農家の方がおろしています。

DSC_8600.jpg

むかごは知ってますよ。我が家にもありますから(笑)
DSC_8602.jpg

もがらと言うものを知らなくてびっくり。
里芋の茎だそうです。
茎も食べるのですね。

DSC_8601.jpg

東峰村や日田の方からも出荷されていました。
DSC_8603.jpg
DSC_8604.jpg

少しだけ買いました。近くだと色々買えるのだけど。
頑張ってる農家を応援したいですね。

途中豪雨で泥水に浸かってしまった田んぼや畑、ハウスなどが見られました。
所々に倒木、又は流木など積み上げられていました。
車中から見ただけでは良くわからないけれど、床上浸水したお宅も沢山あったのではないかと思いました。

DSC_8606_20170904220754cb7.jpg
DSC_8611_2017090422075769c.jpg
DSC_8609_2017090422075709a.jpg


今見ると穏やかな風景なのに、一時期雨雲が停滞し降り続いたのです。
日本中何処で起きても不思議ではない自然災害が最近は多くなっています。
他人事ではないといつも思うのです。
いつ我が身に襲ってくるかわからない事と思うと、その被害にあった方々を身内の様に思って、何かできないのかと考えるのです。
今回も7月に薔薇さんとロザリーさんに託して少しばかりの届け物をしましたが、私は少し覗いただけで何も出来ませんでしたが、報告だけでもさせて頂きます。



薔薇さんに二日市の駅まで送って頂き帰途につきました。

DSC_8598.jpg
DSC_8599.jpg

見て下さいこの青空!
もう少し元気だったらあちこち楽しめたのですが、今度一人で無事帰れるかという不安で早めに出発しました。

薔薇さんは最後まで優しく、気配り心配り気持ちを察した言葉で暖かく支えてくださいました。
「何かあったら日本語は通じるから近くの人にお願いしたら良いですから」と。
そして「食べれなくてもフルーツくらい口に入れたら良いよ」と持たせてくれました。

乗り換えも待ち時間少なくのぞみに乗車しました。
落ち着いた所で持たせてくださった物を開けてみると

DSC_8615.jpg
梨とブドウ。ブドウは色んな種類が。

底には保冷剤まで
DSC_8616.jpg

嬉しくて泣きながら完食しました。

帰りも半額です(笑)
頂いた方ありがとうございました。

薔薇さんのパワーで自宅まで元気に帰ることが出来ました。

帰ってきて少しづつ調子が戻りつつあります。
食べることが大事と、頑張って少しずつでも回数を増やして食べています。

言葉では言い尽くさないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。
薔薇さんがいるからもし何かあっても助けてくれるだろうという甘えで出かけましたが、薔薇さん以外にも沢山の方に助けていただいたり励まして頂いたり、幸せな感謝の旅でした。
幸せと感じることが出来ることは異常事態です。
この奇跡を隣にも回さなくては行けません。
それで頑張ってブログを書きました。
事実を正直に書きました。

調子が悪い時は悪いと書かないと、自分を追い込むことになるのが分かりました。
苦しいことや辛いことを書いてもブログって楽しくない。
読む人はそんなの求めていないとずっと思っていました。
だから、元気で明るい前向きな自分を表現したいと思ってきました。
それは今も変わりませんが、体調が悪い時に精神状態が良い様に書くのは嘘が混じります。

8年目になったこのブログの細やかな数ですが読者の皆さんは、そういう事を受け止めてくださる人ばかりだと身に沁みて分かりました。

そして改めて 

特効薬は さだまさし!!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

パソコンが壊れてしまっているので、自宅からは携帯では長文がなかなか読めず
(いえ、読めるんですが、大人目がしんどい年齢なんで。汗)
コメントもなかなか書き込めずすみません。

1か月しても身体がスッキリしないのはしんどいですね。
旅日記もレポも書き終えましたので、無理しないで下さいね。

さて、記事にありました
いもがら。
西日本ではポピュラーではないのですね。
「白」と書いているので分かるかもしれませんが「赤」もあります。
いもがらは漢字で書くと「芋茎」です←そのまんまやん(笑)
こちら東北地方ではこの芋茎のことを「ズイキ」と呼び、特に赤の方は
お正月の御雑煮に入れる家庭が多いのです。
芋茎は子供の頃から食べているのですが、大変灰汁が強いので、
灰汁抜きがまずいと、えぐみが口の中に広がり、しびれたような感じになりますので、
食べる場合は十分に灰汁抜きをして下さいね。
そう云えば、ここ数年はお正月はカウントダウンに行っていて、元旦に家にいないので
御雑煮食べていないかもしれません(^_^;)

ブログで、ありのままを表現すると決心されたのですね。
私の心もJR二日市駅の上の青空のように晴れました。
でもお互いにそれなりの年齢になりましたので、極端に睡眠時間を削るような事は、なるだけ避けて下さいね。

お大事に

お身体 いかがですか?

大宰府で ままさんにお会いして 団扇のお礼をするtもりでいましたが、時間的な理由でお会いできなくて残念でした。

あまり無理なさらないでくださいね



こんなにおつらい思いをなされているとと、露知らす失礼をいたしました。
ままさんの御人徳で、心のこもった良い旅をされましたね。
どうかくれぐれもお身体大切になさってください。
もちろんこれからも、楽しみにしています。

No title

コンサートレポを先に読んで、さすが!と感心し…感謝の旅①を読み、やはりまだしんどかったんだと、通勤の車内で涙がこぼれ、感謝の旅②を読み、特効薬は必ず効く🎵と信じながら帰宅。わたしも特効薬の恩恵に何度も救われてきました。ブログは楽しみですが、必ず休んでください。神様がきっとそうおっしゃってますよ。太宰府の空と風が生きてるって素敵だよってささやいてくれました。その場に居合わせることが出来たこと、ままさんに感謝して…たくさんなんて贅沢はいわないので、小さなしあわせ見つけたいです♪どうかゆっくり復活してください。

No title

 ままさんこんにちは

 ご無沙汰しており申し訳ございません。
 少しづつお元気になられ、とてもとても嬉しいです。

 ママさんの8年間のブログが、たくさんの人を結び付け、そして素敵 な方がまわりにいらっしゃいますね!
 「特効薬はさだまさし!!」と書いていらっしゃいますが、「さだおば さん日記」も私には何度も特効薬としてお世話になってます。(笑)

 他の方も書いていらっしゃますが、無理せず、睡眠時間を削らず、  美味しい物を食べて、「惠百福」を聴きましょう!(笑)
 

No title

こんにちは。
ご無事な旅路を終えられて、何よりでしたね。
コンサート・ルポをありがとうございました。
今回は行くことが叶わずでしたので、ありがたいです。
少し過ごしやすくなりましたが、どうぞお疲れが出ませんようになさってください。

No title

コンサートレポ、旅の記事を読ませて頂き有難うございます。
いつもの日常に戻りながらも時折、旅での出来事、景色、風や音を思い出しています。
さださんに出会い、「さだおばさん日記」に出会ったご縁で良い旅ができたのだと感謝しております。
ままさん、また次のコンサートに備えてご自愛ください。
プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード