FC2ブログ

うさぎの島

今日はお世話になっている、うさぎさんの○○歳の誕生日なので、うさぎの話題です。

倉敷へは土曜日に行き、日曜日にはミニ雅志君家族と一緒に大久野島へ行きました。

DSC_1793.jpg

大久野島と言ってもご存知の方とそうでない方が二分されると思います。
あいちゃんはきっと詳しいと思います。
ぜひこれを機会にウィキで確認してください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E9%87%8E%E5%B3%B6#毒ガスの島


https://www.qkamura.or.jp/ohkuno/

昭和4年(1929年)から昭和20年(1945年)終戦までここで毒ガスが作られていました。
作られていた毒ガスの種類は血液剤・催涙剤・びらん剤・嘔吐剤の4種で、太平洋戦争末期には風船爆弾の風船部分も作られていました。
ですから国家機密として、地図上には空白で存在しない島となっていました。

戦後米軍の命で、閉鎖する作業に携わった人はその後遺症に苦しんでいるそうです。

戦争の悲惨さを改めて知る場所でもあります。

無人島です。
国民休暇村があり住民は職員だけです。

大三島へ行くフェリーが途中寄港します。
本州側の忠海港からは目の前に見えています。

DSC_1813.jpg
DSC_1816.jpg

今では大久野島と言わずにうさぎの島と言った方がよく分かるようです。
では何故ここがうさぎの島なのでしょうか?
戦前は毒ガス実験用にも飼われていましたが、今いるのはその子孫ではなく、観光用に入れたものが繁殖して増えたそうです。
天敵もいませんからね。
2013年には700羽(うさぎは   と数えるのですよね) それ以後も増え続けているそうです。

SNSやインターネット流行りの現代では、ここにうさぎが沢山いるということが、Youtubeなどで全世界に広まり、外国の方がここを目当てに沢山訪れるようになりました。
マスコミにもとりあげられて あっという間にうさぎの島として有名になりました。

DSC_1738_201806072122219e4.jpg

日曜日なので大変大勢の人で臨時便の高速船も出ていました。
それでも積み残しが出るほどでした。
私達のように子供連れの家族が多かったです。
広島、岡山はもちろん、関西、関東からも来ていました。

船の名前まで”マリンラビット”

DSC_1740.jpg

動物園ではなく、ペットとして飼育している訳でもないので、勝手にさわったり、抱きかかえたり、餌を与えては行けません。
うさぎはデリケートな生き物ですからね。
許可されている餌がフェリー乗り場に売っていましたので、それを持って乗船しました。

DSC_1739.jpg

15分で着きました。
DSC_1746.jpg

住民は居ないので、ゴミもすべて持ち帰りです。
食事処も国民休暇村にあるホテルだけです。

着くと直ぐにあちこちにうさぎちゃんがいました。
非常に暑い日だったので、大抵は木陰で休んでいました。
木の色、土の色と同じなので、分からないでいると、そこここにいるじゃないですか!ビックリ!

DSC_1749.jpg
DSC_1757.jpg
DSC_1750.jpg
DSC_1751.jpg
DSC_1783.jpg
DSC_1781.jpg

真っ白や黒いのは少なかったです。
殆どが茶色、ベージュ系でした。
アナウサギという種類で、名前の通りあちこちに穴を掘って、そこから顔を出しているのもいました。
DSC_1773.jpg
DSC_1782.jpg

そっと餌をやります。
騒いでは行けません。


DSC_1759.jpg

DSC_1824.jpg
DSC_1788.jpg
DSC_1791_20180607215018c6c.jpg
DSC_1822.jpg

こんなかわいいものも。
ちょうど4人で写真を撮ってる人がいました。
4姉妹だそうです。
少しずつ背が小さくなって可愛かったです。
DSC_1765.jpg

そして毒ガスの島を考えるものもあります。
DSC_1763.jpg
DSC_1762.jpg

DSC_1766_20180607215449f33.jpg
DSC_1767_20180607215452955.jpg
DSC_1768.jpg
こういうのでちゃんとした毒ガス兵器が作れたのでしょうか?

DSC_1771.jpg
DSC_1770.jpg

様々な歴史がある島なのに一時期消された島だったのが、今うさぎちゃんによって世界中から注目されているなんて分からないものですね。
うさぎと廃墟の島、孫と一緒だったので、廃墟の方は見に行きませんでしたが、色々考えさせられる事がありました。

世界は狭くなっていることと、ブームというものが来ると短期間に大きな波が押し寄せて来ます。
これは引いてゆく時も一気だと思うのです。
増えすぎたうさぎと、増えすぎた観光客!
この島の行く先が気になりました。
可愛いだけではない問題も沢山あるようです。
もしいらっしゃるなら、事前にこの島の歴史、うさぎ達の現状や注意事項を調べて行くことをお薦めします。

https://matome.naver.jp/odai/2139652329437577701

穏やかにうさぎちゃん達が暮らせると良いなあと思いました。


追記
面白い建物を見つけました。
木の根っこがまどから飛び出している様に見えます。
DSC_1802.jpg
中に確認しに入ってみました。
こりゃあ大きな根っこだ!

DSC_1804_20180607221654e34.jpg
近づきました。
建物を建てる時に、掘り起こして取り去るのではなく、この木の根を生かして、これも含めた設計をしたのでしょうね。

DSC_1805_20180607221656650.jpg

反対側から見ると。

DSC_1806.jpg

裏に回るとこっちも根っこを生かしています。

DSC_1807.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

うさぎの日?!

いつものように朝目覚めて『さだおばさん日記』を開いたとたんの「うさぎ」の文字。
○○歳の1日目はおかげさまバッチリ目が覚めました。それにうさぎ島の御紹介も。
可愛い!だけでは済まされない いろいろな背景も知りました。それにしても うさぎ島にしろ猫島にしろ増えすぎには困りますね。動物たちにとって平和な楽園になるように と思います。いよいよ梅雨本番。皆様も健やかにお過ごしになれますように。ありがとうございました。

No title

うさぎさん、お誕生日おめでとうございます。
私も6月生まれ、うさぎさんや○○○○さんと同じ月に生まれた事嬉しく思います。
長崎でのお心遣い感謝しております。
ままさん、うさぎ島の紹介ありがとうございました。

No title

うさぎさん、お誕生日おめでとうございます。
面識はなくても、いつもままさんのブログ、お話の中でお聞きしているので存じ上げている気分になっています。(勝手に思っていてごめんなさい。)
うさぎの島があることは、初めて知りました。
子供のころ、うさぎ飼っていました。エサ取りが大変でしたが可愛かったです。🐇

管理人返信

v-339うさぎさん  いらっしゃい
お誕生日おめでとう御座います。

お姉さま妹さん、その他ご親族の皆々様に会ってきましたよ。

こんなにタイミングよく記事に出来るとは思っていませんでした。
「うさぎの島へ行こう」と言ってくれた婿殿に感謝します。

色々な歴史的背景を調べると、考えさせられますね。
戦争で良いことなんかないとあらためて思います。
原爆を投下された広島に、日本も毒ガスを作る島があったなんて・・・・・
「武器だけを憎んでも仕方がないと むしろ悪魔を産み出す自分の 心をうらむべきだから」

ですね。

v-339はぴももさん  いらっしゃい
うさぎさんもコメントをご覧になってると思いますよ。

貴女の誕生日にピッタリの記事がありません(笑)
ごめんなさい。


v-339アルプス乙女さん  いらっしゃい
面識がなくてもここに集う仲間はみんな友人ですよ。
個人情報は知らなくても、 想いは通じあえる仲間です。

うさぎさんも喜んでいると思います。

プロフィール
さだまさしファンのオバサン日記

こういちまま

Author:こういちまま
さだまさしファンの田舎のオバサンブログです

カレンダー(月別)
07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
最新記事
最新コメント
kouitimamaのtwitter

kouitimama < > Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード